グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年01月22日

うんこ

タイトルからして 臭げだな。
悪いな。

オレ ご飯が食べられるようになる前から
うんこが出ていなかったんだ。

薬の影響かと思ったんだけど
どうも そうではなかったみたいだな。

蘭の父ちゃんが ステロイドのことを
いろいろと 教えてくれた。

さえさんも 教えてくれた。

母ちゃんが 聞いて知っていることもあったけど
知らないこともあった。

その中には うんこが出なくなる とはなかったな。

だけど 蘭の父ちゃんが教えてくれた。
ステロイドは やめ方が難しいそうだ。

いきなりスパッとやめるのは 危険なんだと。

母ちゃん ステロイドは早く終わりにしたいので
薬は 飲ませないようにしようか・・・

なんてことを思っていたんだけど
蘭の父ちゃんの言葉で 続けることにしたんだ。

それから オレのうんこが出ないので
浣腸を使おうかと思っていたら

姉ちゃんが教えてくれた。
浣腸は一時的に血圧を上げることがあるので、脳梗塞の直後など脳に浮腫みがある時はやらない方がいいそうなんだ。

まったく 母ちゃん なーんにも知らないから
みんなに教えてもらって すんでのところで助かっている。

それで 本題のうんこのことなんだけど
今朝 出たんだ。

うんこは もう あまり 自力では出さない。

母ちゃんが お尻の穴に 指を入れて
うんこを 呼び出してくれる。

そうしたら 少し黒っぽい色のがな ちゃんと出た。
よかったぞ。

「ジョーちゃん よかったねぇ・・・ うんちが出たねぇ・・・」
まったく 一喜一憂 の繰り返しだな。

それから オレが ご飯を食べるとき
母ちゃんが 手で オレの口に入れてくれて 食べさせてくれていた。

だけど 今日は はしを使ってオレの口に入れてくれたんだ。
これが うまくいってな オレ はしで上手に食べられたんだ。

おかげで 母ちゃんの手は 汚れないし
オレの周りも ご飯で汚れなくなった。

ずい分 すっきりしたぞ。

朝 父ちゃんが おしっこを採って 
母ちゃんが ご飯と水を食べさせてくれて うんこをさせてくれて

寝返りを打たせてくれて 頭から布団をかけてもらった。
このまま ずっと寝続けるんだ。


今日は 命の話と うんこの話。

命には付き物だ。
食べること 出すこと 寝ること・・・

命も うんこも 大いに関係があるんだ。

またな!!
  

Posted by ジョー母 at 20:15Comments(6)日常

2011年01月20日

今日のオレ

早く 違う話題を語りたいものだ・・・

今日は 少し 状態が動いたかな・・・

基本的には 頭から布団をかぶせてもらうと
落ち着いて眠れるんで ほとんどこうして寝ているんだ。

朝は 父ちゃんが オレのベッドまで来て
おしっこを採ってくれた。

そのあと 母ちゃんが来て
うんこをさせてくれて ご飯と水をくれた。

うんこは ほとんど出なかったんだ。
それは まぁ いいか・・・


今日は 汚れてもいいように シートをすいて準備したんだ。
オレ 相変わらずガツガツ食べて ゴクゴク飲んだぞ。

しばらくしてから ヒーヒー鳴いてな
母ちゃんを呼んだんだ。

母ちゃんが 来てくれて
寝返りを打たせてくれたら オレ また静かに眠れた。

最初は 左下に寝たほうが楽だったような気がするけど
今日は 右下に寝ることも大丈夫になった。

昼すぎには 母ちゃんが 水とおやつを持ってきてくれた。

ひざに頭を乗せてもらって ミルクにつけたビスケットををおいしく食べた。









そのあとは 頭の下に
ひざの変わりにオムツをあててもらった。










これは カメラを横向きにして撮ったんだ。

ご飯を食べたら とたんに眠くなってしまってな
こりゃぁ もう 半分寝ている顔だな。




父ちゃんと兄ちゃんが 帰ってきてから
オレ ヒーヒー って鳴いたんだ。


そうしたら 母ちゃんが ストーブの前まで連れてきてくれた。
本当に 久しぶりに ストーブの前に横たわった。











これは 以前のオレの場所だ。
何だか いつもどおりに戻った気がしたぞ。













このまま おしっこを採ってもらって
ご飯と水をもらったんだ。

本当に少しずつだけど 回復しているんだんなぁ・・・

それじゃぁ
またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:06Comments(12)日常

2011年01月17日

今日のこと ちょっとな・・

またまた 今日のことを語ることになった。

昨日から オレ 痙攣みたいな状態が
続いている。

最初は まぶたと眼球だけだった。

そのうち 首から上がチック症状のように
落ち着かなくなった。

眠っているときは 収まっているようなんだけど
目を開けると はじまる。

夜は 相変わらずよく寝ている。
夕べも よーく寝たんだ。

父ちゃんが おしっこを採るのに
ストーブの前まで連れてこないで ベッドまで来てくれて採ってくれた。

あまりにもよく寝ているので 起こして連れてくるのがかわいそうだって言ってな。

その間 オレ ちょっと目を開けたんだけど おしっこを採っている間もうとうとしていた。

母ちゃんが 温めた生理食塩水を持ってきたときは よーく寝込んでしまっていた。

そして そのまま眠り続けている。

ここのところ ご飯を少しづつ残していたんだ。
夕べは 半分以上残してしまった。

今朝は そんなわけだから 食べていないんだ。
眠り続けている。

母ちゃんが ひっきりなしにオレの様子を見に来ている。
そして 呼吸を確かめて 体にさわっていく。

朝のうちは すぐ目を開けたんだけど
午後になってからは あまり目も開けないで眠っている。

もう・・ すぐそばで掃除機が働いていても
音は 聞こえない。

深く ゆっくりと 静かな呼吸だ。
母ちゃん うっかり薬を飲ませて のどにつっかえたら大変だ と思って 薬も飲ませていない。

腰にカイロをしてもらっているんだけど 4本の足先は冷たい。

昼休みには 父ちゃんも 兄ちゃんも 様子を見に来た。

「静かに 気持ちよさそうに寝ているなぁ・・」
「起こしたら かわいそうなようだなぁ・・」

昨日 足がよろけてから 一気にオレの中が変化してしまった。







オレ 夢を見ている。
若い頃の夢だ。

野山をかけまわって 遊んだ頃のこと・・・

また 報告するぞ。


またな!!! 
  

Posted by ジョー母 at 14:58Comments(2)日常

2011年01月16日

今日のこと

最近は 「今日のこと」を
語ることが多くなったな。

オレの日常に 
変化が多くなったということだろうな。

昨日 めいっこが来たぞ。






今朝は 庭が雪で白くなった。
パジャマのままじゃぁ さむいぞー!











少ない雪だったけど 着替えてから外に出て
うれしそうだった。












これは 花嫁さんだそうだ。
今は プリキュアと花嫁さんがブームなんだ。











オレ 今日は 右足がむくんでしまった。

もう ずって移動はできなくなったんだけど
前足をこすって 少し位置をずらそうとするから

足首とひじがこすれて 血が出てしまうんだ。
それを母ちゃんが 包帯をしてくれるんだけど

すぐ ほどけてしまうので 
母ちゃんが 少しきつくしてくれたんだ。

そのせいかもしれない 右の前足が
結構太くなっていて 母ちゃんも姉ちゃんも みんなも心配した。

(今日の写真の一番目と最後の写真の 右の前足 太いだろう?)

でも 夜になったら だいぶ戻ってきて みんながホッとしたんだ。

だけど今度は 後ろを吊り上げてもらって移動するのに 左の前足がよろよろになってしまって

へたり込んでしまって これも みんなで心配した。

いろいろ あるよな・・・

だけど 今日は 母ちゃんと姉ちゃんとめいっこで
近くの 日帰り温泉に行ってきたんだ。

たまには3人で行ってくるんだ。
母ちゃんは ほんの何時間だけの外出だけど

とっても 気分転換になるんだ。





めいっこは 相変わらず どこに行っても
踊っている。











踊っている。













あぁ・・ 疲れた・・・













でも すぐまた 踊る。

いい気分で帰ってきて 
そのまま高崎へ帰っていった。









夜 ベッドへ行くときは 後ろを吊り上げてもらって 
どうにか自分で 前足で行くことができた。

一時は  父ちゃんと母ちゃんで
オレを異動させるのに どうしたらいいか相談していたんだけど。

後ろ足を吊り上げるとき 少し高めに吊り上げると歩きやすいみたいだ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:22Comments(4)日常

2011年01月15日

今日のこと

毎日 寒い日が続いているな。

朝は 特に寒くてな・・・

オレ この頃 よーく寝るから 
朝いつまでも寝ているんだ。

だけど 父ちゃんが仕事に行く前に
おしっこを採ってくれるからな

あまりゆっくり 寝ていられないんだ。



だから 寝ている所を 起こされるんだな。

今朝は 特別よく寝ていてな
父ちゃんが 声をかけたんだけど 起きなかった。

「ジョーちゃん ほら 起きるんだよ」
父ちゃんの声がしても 目が覚めなかったんだ。

父ちゃんは 今度は オレをゆすって起こそうとした。
それでも オレ 起きなかったんだ。

何度もゆすってみても 起きないんでな 父ちゃん オレが死んじゃったのかと思って

息をしているかどうか 確かめたんだ。
「あぁ よかった 息をしている・・」

そのあと 寝ているオレの後ろを吊り上げて
ストーブの所につれてきた。

オレ 寝ぼけているから とんでもないほうへ行ってしまったりして
やっとのことで ストーブの所までたどりついたんだ。

「呼んでも ゆすっても ジョーが起きないんで 俺 ジョーが死んじゃったんだろうか・・ と思って 息を確かめちゃった」

なって言って 父ちゃんが 母ちゃんに報告していた。

そのあと 午後も ベッドで ずーっと オレ 寝込んでしまった。

母ちゃんが ときどき様子を見に来て
やっぱり オレの息を確かめていた。

「よかった・・ 寝息が聞こえた・・」

なんてな。

今日は オレ よーく寝た日だったぞ。

またな!!!
  
タグ :眠い

Posted by ジョー母 at 23:25Comments(6)日常

2011年01月14日

少しずつ

今日は 3週間ぶりのローテーションで
Kさんが 郵便配達にまわって来た。

「あれ? 今日はどこで寝てるんですか?」

「今日は こっちなんだよ」
「サッシのほうにまわって 声をかけてやってくれる?」

Kさんが サッシのほうから声をかける。

「ジョッピー・・ 元気か?」

オレ 一べつしただけでそっぽを向いてしまった。

「あれ? ジョーちゃん どうしたん? Kさんだよ」
「どうしたんだろう?」

2度も3度も 母ちゃんが大きな声で呼んだんだけど
ちょっと見るだけで オレ そっぽを向いてしまったんだ。

「まぁ こういうこともあるでしょう・・」

Kさんは ちょっとがっかりしたようだった。




命あるもの 生まれてから死ぬまでの道のりを 歩んでいくことになっている。
どんな命でも 例外はないんだな。

犬は 人間より歩みが速い。
後から来て 先へ行く。

今日は また一つ オレができなくなることが見えてきた。

Kさんに対する態度も その一つかもしれない。
もう 身近な家族にしか 気持ちが向かないようだ。

よそから来た人には 誰が来ても興味がわかなくなった。
見るだけであれほど興奮した ネコにさえ

ほっておいて 帰ってきてしまうようになった。



実は 今日は がに股散歩に出してもらったのだけど
玄関の前だけで 家に入ってきてしまった。

しかも 2段にしてもらった上がりはなを上がるのが
やっとだったんだ。

確実に 前足が衰えてきている。

車椅子を断念したときよりも 弱くなっている。
家の中を 後ろを吊り上げてもらって歩くときでも

よろっと這いつくばってしまうこともあるんだ。

上がりはなが うまく上がれないことに
母ちゃんは 少なからずショックを感じた。

人間で言えば 90歳を超えるかどうか
というところだろうから 無理もないことなんだけど

その事実を認めるには ちょっと時間が必要だ。
オレも 母ちゃんもな。

だけど オレとともに 母ちゃんも 
そのことを受け入れ始めるんだ。

オレが 枯れていく道のりだ。
仕方のないことだ。

オレは 静かに受け入れる。
母ちゃんは 悲しみの涙とともに受け入れる・・・・

母ちゃんが 泣いている。
すすり泣いている。

今日は 少し つらい話を語ったけど すまなかった。
母ちゃんの気持ちを 共有してやってほしかったんだ。

でも 食欲は相変わらずあるんだ。
まだまだ オレは大丈夫だ。

心配ないぞ。

ちょっとだけ 母ちゃんの寂しさを聞いてほしかっただけだ。
聞いてくれて ありがとう!!
 
またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:25Comments(8)日常

2011年01月13日

母ちゃん えらい目にあった

今日っていうより もう昨日だな。
母ちゃん えらい目にあったんだ。

パソコンが2台とも 使えなくなっちゃってな
あおくなっちゃったんだ。

仕事はできなくなっちゃうし
大事な用事が控えていて 困ってしまってな

朝から メーカーに電話で問い合わせして
あーだこーだとやっていたんだけど

どうも らちがあかない。

途中から 兄ちゃんに来てもらったりしたんだけど
結局だめでな

伊勢崎の 「パソコンランド21」 と言うところに持ち込んだんだ。

すごいぞ さすがプロだぞ。
1台は 画面を見ただけで 原因を予測して

部品を変えたら 使えるようになった。

一日中 騒ぎをして くったくたになって行ったものだから
あまりに あっけない展開に

母ちゃん 思わず涙ぐんでしまった。
ホッとしてな。

もう1台のほうは 予測は立てたんだけど
テストが必要なので 預けてきた。

どっちみち 壊れる可能性が高くなっていると言うので
新しいのを 1台買ってきた。

夜遅く帰ってきて デスクトップ型のをセットした。
母ちゃん 一人でだぞ。

すごいな!

それから プリンターのインストールをしたり
書類を作ったり ずーっとやっていた。

明日の準備もしたんだぞ。

今 やっと 目どが立ったので 
オレの語りを  始めたんだ。

だって あまりにもいろいろありすぎて
眠れそうにないんだ。

(これは 予備の小さいパソコンで語っているんだ。)

オレは そのおかげで 今日はあまりかまってもらえなかったな。
おとなしくしていた。

ちゃんと 様子は承知しているからな。

そういうわけで 今日は オレにとっても 母ちゃんにとっても

とんだ日に なってしまったんだ。

だけど 「パソコンランド21」 のスタッフの プロフェッショナルぶりは 感動ものだった。

(今日の写真は 懐かしい車椅子での写真にした)


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 02:47Comments(8)日常

2011年01月11日

2度目の誕生祝

きのう めいっこが帰って
今日は 甥っ子が来たんだ。













オレの誕生日の 祝いの

ショートケーキを持参でな。













オレの分は ミニたい焼きで
人間が ショートケーキを食べたんだぞ。












オレの食欲は まだまだ旺盛なんだ。
ミニたい焼きも あっという間に たいらげた。











そのあとは 外に出たんだ。


寒くってなぁ・・・

母ちゃんは 父ちゃんのジャンバーを着こんで
えらい格好だなぁ・・・・









甥っ子は なんたって砂場が好きでな
結局 オレ いつもくつろぐ場所で

甥っ子についていたんだ。










空気のにおいを 感じながら
くつろいでいた。











寒いから 20~30分で 勘弁してもらった。

甥っ子は オレの誕生日にかこつけて
自分がしっかり ショートケーキを食べていたぞ。

ママの分までな。









帰るときは 兄ちゃんも 奥さんも 甥っ子も
オレに あいさつをして行った。

オレ やっぱり 幸せだよなぁ。



またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:13Comments(12)日常

2011年01月09日

誕生日 12歳

とうとう 12歳の誕生日を迎えられた。
夢のようだ。

みんな 祝ってくれて ありがとう!

姉ちゃんとめいっこも 高崎から駆けつけて
オレの誕生日を 祝ってくれた。

ケーキを持参でな。




誰の誕生日だか わからないな・・・








オレの分のケーキをもらって・・・




母ちゃんが ケーキと一緒に写真をとろうと思っている ちょっとの間にたいらげてしまったんだ。



「やーだジョーちゃん もう食べちゃったん・・・」


ケーキなんて ここ久しく食べていなかったから うまかったなぁ・・・



そのあとは 腹ごなしにがに股散歩だ。












今日は 穏やかでいい気分だったぞ。











すーぐ めいっこが出てきて



走ったり








踊ったり・・・・












踊ったり・・・・












もういっちょ・・・・











この 腹を出しているのは 何なんだろうなぁ・・・?











夜は ふやかしたドッグフードの上に やわらかいお赤飯をもらった。













今度は めいっこ オレに注射をするんだと言って

オレのわきの下に 何かを押し当てて遊んでいた。










「ジョーちゃんがかわいそうだから しつこくしちゃ駄目だよ」

毎度おなじみのせりふ。

めいっこは 聞いちゃいない。










いつもと同じように過ぎた 誕生日だった。

いつもどおりの 空気が流れていた。


みんな!
これからもよろしくな!


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:38Comments(18)日常

2011年01月06日

最近のオレ

この辺で オレの近況を話しておくぞ。

オレ 毎日 穏やかに過ごしている。




朝 まず おしっこを採ってもらう。
寒いので 寝ていることも多いんだけど




父ちゃんが 仕事に行く前に採ってもらうんでな
いつまでも 寝てはいられないんだ。

そのあと 薬とご飯とミルク。

この間 病院へ行ったとき
「あのう・・ ジョーが水を一切飲まなくなってしまったんですけど・・」
「そういうことって あるのでしょうか?」

「ミルクなら飲むので ミルクをあげているんですけど・・」

「うーん・・ それは わかりやすく言うと わがまま・・ だと思います・・」

”へっ・・・?”
「じゃぁ もう ミルクで水分を摂らせるしかないんでしょうか?」

「ミルクは 石がたまるってことがありますけど もう 仕方がないですね・・」


「それじゃぁ ミルクをあげないでいれば のどが渇いて水を飲みますかねぇ?」

「犬は 我慢してしまいますから 脱水になることもありますので ミルクで行くしかないでしょう・・
そうにしてしまったんですね・・」


”げげっ・・・”

このときは オレ 語らなかったんだけど 母ちゃん かなりショックだったんだ。
たしかに オレの言うなりでホイホイしてしまったかもしれない とな。

先生の言葉は 静かだけどはっきりと 物事を伝えていた。
母ちゃん 仕方がない このままで行くしかない・・・

と 思った。

ドッグフードに お湯をたっぷり入れてふやかしたものを オレ 好きでな よく食べるんだ。
それで 水分を摂っているみたいだ。

最近は ミルクもあまり飲まなくなった。

それからな うんこも 外ではしなくなった。
基本的には クダが取れているので オムツを再開した。

オムツは ほとんど汚れないんだけどな。
うんこは たまに オムツにするんだ。

でも 基本的に うんこは 母ちゃんにさせてもらっている。
オムツを汚さないでな。

一日に何度か 母ちゃんが がに股散歩をさせてくれる。
(上の写真は がに股散歩で 母ちゃんがオレの後ろから撮ったものだ。 なんか かわいいだろう?)

「年が明けてから ジョーは活気が出てきたような気がするな」

「そう言えばそうだね 散歩もよく出たがるようになったし 距離もけっこう歩くものね」

人間と同じで オレの体調も 波があるんだな。

クツは 正月で新調してもらった。

と言うより 暮れにオレの靴を脱がせて ヒョイッとゴミ箱に置いておいたものをすっかり忘れて ごみで出してしまったんだ。

母ちゃんの仕業だ。
おかげで 2足あった残りの1足をはけることになったんだ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:17Comments(6)日常

2011年01月02日

今年もよろしくなっ!

みんな!
あけまして おめでとう!
オレ めでたく新年を迎えられた。

1月9日には 満12歳になるんだぞ。
オレ がんばってるよなぁ。

蘭と共に 長生きするぞ!
今年も よろしくたのむな!

今日は もう 1月2日になってしまったな。

今日は 元日の 父ちゃんと母ちゃんのことを聞いて欲しいんだ。

元日は 父ちゃんと母ちゃん 日帰りで
施設のばあちゃんの所へ行ってきたんだ。

父ちゃんは ばあちゃんが入院したとき以来
2年と5ヶ月ぶりくらいの対面だったんだ。

どうしてかって言うとな
オレのことがあるからなんだ。

父ちゃんな 母ちゃんを泊まらせるために
自分は 家で オレといることを選んだんだ。

この家の じいちゃんとばあちゃんが 元気な頃は
二人で泊まったりもしたんだけど

じいちゃんとばあちゃんが 歳をとってきてからは 
オレを置いて出かけることはしなくなった。

オレ 若い頃は若い頃で 手がかかったからな。
オレが 歳をとって衰えてきてからも

父ちゃんと母ちゃんとで 出かけることは
しなくなったんだ。

おしっこをクダで摂るようになって やっと
日帰りなら 二人で出かける気になった。

朝 父ちゃんが オレのおしっこを採って・・・

母ちゃんがめいっこに 温めておいた生理食塩水を
父ちゃんのところに持って行くように 頼んだのだけど

返事がない。

「あおはだめだぞ ジョーちゃんがかわいそうだって言って」
「ぜんぜん 動こうとしないから・・」



めいっこは オレの首に手を回して
「ジョーちゃん がんばれ がんばれ・・」

って おしっこを採る間中
ずっと励ましてくれていたからな。

こんなに小さくても 精一杯人を励ます心を持っているんだ。
たまげたもんだなぁ・・・




おしっこを採った後 母ちゃんが
がに股散歩をさせてくれて

「ジョーちゃん お父さんとお母さんは 今日 出かけてくるから いい子でお留守番しているんだよ・・」

なんて言って 行ってしまった。

オレ 一日留守番だった。



施設では ばあちゃんが
「あれ N子かい よく来たねぇ・・」

「今日は もう一人来たんだよ」
「誰だか わかる?」

「見たことはあるけど わからないねぇ・・」
「めったに来ない人なんだろう? 」

「それじゃぁ わからないよ」
「年中来る人だって わからないんだから・・」

ばあちゃん とうとう最後まで 父ちゃんのことを わかったんだかわからないんだか・・・

だけど 父ちゃんに 一生懸命自分のことを話していた。
 
そのあと すぐ下の妹の家によって それから だんだんへ寄って 帰ってきた。

母ちゃん 久しぶりに父ちゃんと一緒に自分の家族にあえて うれしかったんだ。

オレ 一日中 鳴いたりしないでいい子で過ごした。
父ちゃんと母ちゃんが 帰ってくるなり

いつもの 甘え泣きをした。

やっぱり オレ 父ちゃんか母ちゃんがいないと
調子が出ないんだ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:32Comments(8)日常

2010年12月23日

思わず涙

あのな 毎日毎日 おしっこの話で
悪いんだけどな

今日は 特に話したくって・・・・
だから おしっこの話  な。

今夜も 父ちゃんと母ちゃんと
二人がかりで おしっこを採ってくれた。

母ちゃんも このごろ 毎回見ているからな
オレのおしっこの様子を 把握している。

今夜のおしっこは 今までで一番きれいだった。
おしっこがきれいだった なんて おかしいな。

だけど 色がうすくって きらきらしていて とってもきれいに 見えたんだ。

少しづつ 赤茶色の色が 抜けてはきていたんだけど
今朝もまだ 少し どす黒さが残っていた。

それが 今夜は 本当にきれいだったんだ。

「あれ? 今夜のおしっこ きれいだよね」

「うん にごってないな」

なんて 二人で確認しあって
母ちゃんがすぐ

「よかった よかった・・」 って 言葉にした。

それからな 父ちゃんにもばあちゃんにも わからないように

泣いたんだ。
うれしくってな。

(オレは ちゃんと見ていたぞ)

二人とも オレのおしっこを見るたびに
辛い思いをしていた。

オレの 膀胱は どうなっちゃってるんだろう?
ってな。

それが みんなに写真で見せたいくらい
きれいだったんだ。

いくらなんでも それはできないからな。
話だけだけど。

でも みんなに 報告したかった。

このごろ すぐ泣く母ちゃんは 顔を出した涙は とって置かないで その場で 外に送り出す。

長い間 にごったおしっこに 心を痛めてきたからな

久しぶりに見た きれいなおしっこが
とっても うれしかったんだな。

今日は おしっこの話で終始したな。

臭い話を 最後まで 
聞いてくれてありがとう!


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:07Comments(10)日常

2010年12月20日

あした

オレが クダを入れてから 
かれこれ 20日近くなるんだ。

とうとう 一日も欠かさず 朝晩2回づつ
父ちゃんが おしっこを取ってくれた。

そのあと 生理食塩水も入れてくれた。

薬を飲ませるのも 父ちゃんが飲ませてくれた。

母ちゃんは もっぱら がに股散歩と
ご飯の支度 オレとのおしゃべり   かな・・・

夜も 隣に寝てくれて 
オレが布団をはいでしまうので かけ直してくれる。

クダは おちんちんの先から出たものを
横っ腹に何箇所か  縫って止めてあるんだけど

オレ 前足でずって移動するので
どうしても クダをこすってしまってな

皮膚ごと 取れてしまっている。
クダも 少しずれてしまったりな。

父ちゃんと母ちゃんとで 相談して
あした オレを病院へ連れて行って

先生に 相談しよう と いうことになった。

何だか クダを 入れっぱなしではなく
そのつど 入れて おしっこを取る方法もある と聞いたのでな

そういうことが できるかどうか
できるなら 教えてもらって その方法でいこう・・

と 言うことになったんだ。

オレの病院の先生が どうに言うか・・・
わからないけど 聞くだけ聞いてみるんだ。

オレが 楽なように・・・
父ちゃんと母ちゃんが 考えるのは ただ それだけだ。


今日は 甥っ子と オレのいとこの子どもが来たんだ。

天気が良かったので そとでお昼ご飯を食べていた。

にぎやかで 楽しそうだった。








甥っ子が ほおばる ほおばる・・・・












そのあと 庭で遊んでな
小さい子供は すぐに仲良くなるな。

今日は オレの出番はなかったぞ。









それなのに 一人帰った後は
ぐったり・・・・












またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:55Comments(0)日常

2010年12月18日

変化のとき

別に 痛かったり苦しかったりはないんだけど
オレ 確実に衰えてきている。

ご飯は 完食が続いているから
どうということはないんだけどな

水を一切 飲まなくなった。

そこで 牛乳をもらっていたのだけど
続けていると 下痢便になってくる。

そこで 今度は 甥っ子たちが飲んでいる
ミルクをもらっている。

水分を摂らなければ大変だ・・・ と 母ちゃんが騒いでいる。

どういう訳かは わからないけど 何か オレに 変化が起きている。

それからな ご飯を食べるときのイスが
もう 合わなくなってきて

少し 高くないと 食べずらくなってきたんだ。

このときは あご乗せに 病院へ持っていった
この イスがな 低すぎて ちゃんと座っていられなくなってきた。






母ちゃんが 父ちゃんに相談して
やっぱり 甥っ子たちが使っていた 乗り物を利用して

イスを作ってくれた。









カバーをしてくれて 何度か使ってみた。

だけど これも 長くは使っていられなくなった。
今は 横たわったまま 食器を持ってきてもらって食べている。


考えてみると これまで 何度も変化のときを 迎えてきた。
人間と比べると そのサイクルが早いんだ。

そのことについて ふと 思いをめぐらせると オレも 父ちゃんも 母ちゃんも

切なくなる・・・・

それでも 明日は やってくる。
どっちみち そういうことなら また 明日を いい日にするぞ。

これは 特には関係ないけど
オレの 愛用のベッドの中身が はがれてきてしまってな

他のを用意してくれたんだけど
オレ だめでな こっちに寝たがったんだ。

だいぶ年季が入ってきているけど 
母ちゃんが 縫い合わせてくれた。

へたな 裁縫でな。

また しばらく使える。


明日も いい日に しような!

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:19Comments(6)日常

2010年12月13日

今日のオレ

オレ 今日は 威勢が悪いんだ。

雨降りのせい だけじゃぁないんだな。
どうも おしっこに また血が混じってきているみたいなんだ。

朝 父ちゃんにおしっこを取ってもらって
ご飯を食べた。








半分くらい 残してしまった。
水は ほとんど飲まなかった。











「ジョーは このまま あまり食べられなくなっちゃうんだろうか・・」

「そんなことはないよ。」
「今までだって 波があったじゃない・・」

「食べないと思ったら すぐまたガツガツ食べてみたり」
「大丈夫だよ また 食べるようになるさ・・」

「・・・・・・」



ご飯を食べたあとは ベッドに連れて行ってもらって 
3時ごろまで眠ってしまった。










昨日まで 残さずしっかり食べていたんだ。

あした 母ちゃんが オレのおしっこを持って
病院へ行くことになっている。

おしっこを取ったあとの 抗生剤入りの液が 終わりそうだから
それも もらいに行く。

「だけど 苦しいとかじゃぁないよね・・」
「こんなに静かに 寝ているものね・・」

「うん・・」

3時過ぎになって 父ちゃん母ちゃんのそばに
連れてきてもらった。










「ジョーちゃんって 顔は白髪だらけだけど
あどけなくて かわいいねぇ・・・」











夜も ご飯を 半分くらい残したんだ。

眠くてな・・・











近所の人が 署名の紙を預かってくれる・・
と 言うので 母ちゃんが届けに行っている間に

オレ 父ちゃんにベッドへ連れて行ってもらって
もう 寝てしまっているぞ。

また あした 報告するからな。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:02Comments(2)日常

2010年12月12日

続き(昨日のこと)

この頃 オレ またよく寝るようになったんだ。

朝から ベッドだ。










午後は いつものように散歩だな。














ラッシーの様子。














おっ・・・ 歩き出したぞ。














オレが歩く様子・・・・
見るからに うれしそうだろう?

オレも母ちゃんも うれしいんだもの。












昨日の続きだ。

だんだん では 妹夫婦の
いつも変わらぬ味わいを 受け取ってきたぞ。

昼の部が終わった後の店内。
テーブルの上にあるのは 署名の用紙。

パートの人に 書いてもらった。



そのあと 施設へ行って
ばあちゃんと いろんな話をしてきたんだ。

次から次へと ばあちゃんの口から
取り留めのない話が 流れるように出てくるんだ。

途中で 母ちゃんもばあちゃんも眠くなってきてな
ばあちゃんはベッドで 母ちゃんはベッドの手すりにもたれて

ちょっと 眠ったりしてな 過ごしたんだ。
そのうち ばあちゃんが おしっこが出たいと言い出してな

ポータブルトイレに座ったまま 続きを話したりな
自由気ままな時間が流れた。

このスリッパは ばあちゃんの足のつめが巻き爪で
足の先がさわって気になる というので

足先を切り取って バイアステープでくるんだものだ。
すぐ下の妹が 直したんだ。

左が 原型。
ずい分 手間がかかったそうだ。

「お母さんは 幸せだよねぇ・・・」
よく 妹たちと話す言葉だ。

そのあと すぐ下の妹の家によって
積もり積もったいろんな話を たくさん話して

9時になったので さよならしてきた。

父ちゃんは 母ちゃんが泊まって来ると勘違いして
玄関の鍵をかけてしまったんだ。

ばあちゃんが起きていたので
戸をトントンとたたいて 開けてもらった。

いくらオムツの心配がなくなったとしても
オレのことが気になって 泊まる気にはなれないんだ。

でも 今までのようにあせらずに行ってこられたんだな。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 19:12Comments(2)日常

2010年12月10日

留守番

オレのおしっこ 朝と夜 クダを通して 
膀胱から直接 父ちゃんが取ってくれる。

全部取り終わったら 今度はそのあとに液を入れる。
けっこう時間がかかるんだ。

だけど 母ちゃん まだ一度もやったことがないんだ。

オムツのときは 父ちゃんがあてると
必ずもれてしまって 当てにならなかったから

母ちゃんがあてていた。
だから一番長くて 5~6時間くらいしか 留守に出来なかったんだ。

施設のばあちゃんの所へ行くのも
オレのオムツを気にして 帰ってきた。

それが まったく時間を気にしなくても
外出できるようになったんだ。

母ちゃん とっても気が楽になった。

今日は パソコンの修理に 伊勢崎まで行ってきたんだ。
「パソコンランド21」 っていうところ。

キーボードが駄目だった。
USBでつなげて使うキーボードを 教えてもらった。

今回は それを使って間に合わせることにしたんだ。
パソコンについて とっても丁寧に教えてもらってきた。

ちょっと遠かったけど あそこへ持っていってよかった・・
と 母ちゃん 思っている。

とりあえず また使えるようになって
ホッとしている。

母ちゃん そのあと あっちこっちへ 溜まっていた用足しをして 夕方帰ってきた。

そんなわけでな 今日は オレ散歩に連れて行ってもらえなかったんだ。
4時間以上の間 オレ 1箇所から動かないで

留守番していた。

「あれ? ジョーちゃん ずっとここから動かなかったの?」
なんてな。

オムツの心配はなくなっても
オレが待っている と思うと のんびりしていられない。

母ちゃん お昼も食べないで
あっちへこっちへと 用足しをして帰ってきた。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:54Comments(4)日常

2010年12月09日

何が何だか・・

今日は 母ちゃんな
朝から アクシデントが続いてな

一日 何が何だかわからなかった。

朝 これとは違うパソコンが調子が悪くってな
あっちこっちに電話して あーだこーだと話をしてな

あげくの果てに パソコンの故障で
修理に出すことになったんだ。


それが 午前中いっぱいかかった。
その最中に めいっこが来たんだ。

母ちゃん オレが何をしていたか
めいっこが どうしていたか・・

よく 覚えていないんだ。

だけど 一つだけ よーく覚えていることがある。



昔のように めいっこをおんぶして 
オレの散歩に行ったこと。

めいっこは 来月3歳になる。
小柄だけど おんぶはもう似合わない・・・

だけど 母ちゃん おんぶで行きたかった。
かつて おなじみのスタイルで 散歩に行きたかった。



めいっこが 気持ちよく承諾してくれたので
かつてのスタイルが 再現したぞ。

思いがけない なつかしい散歩のスタイルだ。

オレも 何だかうきうきしてな
足取りも いっそう軽く なつかしさを味わった散歩だったぞ。

じいさんばあさんの家に いつものように寄ったんだ。
めいっこもおなじみになっていて

「ネコさんみてくるー」
なんて言って 奥のほうへ行ったりな










「みかんは食べてきたから いらなーい」
なんて言ったり まったく久しぶりなのに

くつろいでいたぞ。

母ちゃん 帰ってからもいろいろすることがあるのでな
そうそうに引き上げて帰ってきたんだ。

もちろん せんべいのお礼を言ってな・・・

母ちゃん そのあとも めまぐるしいほど忙しくしていた。
いまやっと いっぱい飲みながらほっとして オレの語りをしているんだ。

そんな母ちゃんには悪いけど オレにとっちゃぁ今日もいい日だったぞ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:18Comments(4)日常

2010年12月07日

今日のこと

初しぼり・・・・
おしっこのな。

今朝 父ちゃんがしぼってくれた。
クダのふたをとって 注射器をつけて

おしっこを吸いだすんだ。

またまた いきなりこんな話になってしまった。
どうも オレからおしっこの話は はずすわけには行かないな。

わるいな。

いつもの時間 母ちゃんと散歩に出かけた。
じいさんとばあさんの家にも 寄ったんだ。

今日は 二人のコンビネーションがうまい具合だったぞ。

「おじちゃんと おばちゃんに 昨日縫った所を見てもらおうね・・」




「あれやぁ・・ 手術したんか・・ 痛かったろうなぁ・・・」

なんてな。









車椅子 母ちゃんが応急的に オレの足の長さに合わせて作ってくれた 座布団の厚みが

図らずも クダをつけた状態の今のオレには ちょうどいい具合になった。

そのあと 母ちゃん 出かけてきたんだ。

「泣き言」http://jyokaisou.gunmablog.net/e110672.html
で 出てきた友達の家。





そこの家の 愛犬だ。

コウタロウ って言うんだ。

やっぱり 年寄りでな
そこの母ちゃんのあとばかり 追うんだそうだ。

「へー・・ やっぱり歳をとると 甘えん坊になるんかねぇ・・」

「寂しくってしょうがないみたいだよ・・・」
「私が外へ出ると 必死で戸を開けて いつの間にかそばにきているもの」

「だから 2~3時間ですむときは 連れて行くんだよ」

そうか ジョーだけじゃないのか・・・

そういえば 影丸ハハさんも 
歳をとってきた愛犬が 甘えん坊になっている・・

って 言っていたな。
母ちゃん そう思ったんだ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:43Comments(4)日常

2010年12月05日

眠い

昨日の emaさんやemiさんのコメントにあった
膀胱を押しておしっこを促す方法・・・

夕べ さっそく母ちゃん 試してみたんだ。

昨日は うんこの話で 今日はおしっこの話
続けて臭い話で 悪いな。

だけど みんなに伝えたいんだ。
オレに起きていること すべてをな。

それで 今日は おしっこの話だ。

(右側の 畳がほつれているのは オレがひっかいたためだぞ。)
母ちゃん 膀胱の場所が わからなくってな・・・
はずかしい って言っている。

オレ 男だからな・・・・ 
そこで 父ちゃんに聞いてみたんだ。

どうやら わかってな 膀胱を押してもらったらな
出るわ出るわ・・・・

おしっこが・・・・・・
すーっきりしたんだ。

母ちゃんまですっきりしてな
寝るまで言っていた。

「ジョーちゃん よかったんね・・・」
「おしっこが いっぱい出てさぁ・・・」

で オレ 夕べもよく寝たけど
今日も 朝から 寝てばかりいるぞ。

もちろん 散歩は行ってきたんだけど
帰ってきても すぐまた寝ている。


(後ろ足の肉球 茶色くなっている所があるだろう?
使っていないから もう 石みたいに硬くなっている

母ちゃんが ときどき押してくれる。)


いよいよ 明日は 膀胱洗浄してもらうんだ。

明日なら 父ちゃんが一緒に行けるんだ。
どんなことをするのか emiさんが教えてくれたけど

母ちゃん やっぱり 不安だからな。
父ちゃんに 一緒に行ってもらうんだ。

emaさん emiさん いろいろ情報をありがとう。
母ちゃん 何にも知らないからな とってもありがたいぞ。


みんな オレ がんばるからな
応援 頼むぞ!



とにかく 眠い一日だった・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:29Comments(6)日常