グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年04月28日

老いる

老いていく・・・
ということは できないことが 増えていくこと。

野山で 鹿やウサギたちを追えなくなった。
2階へ 上がれなくなった。

散歩に 行けなくなった。
人が来ても 気づかなくなった。

玄関を 一人で上がれなくなった。
車に 乗り降りできなくなった。

排泄も 上手に出来なくなった・・・・・

残るのは 寝ること・・・
かろうじて 自力で外へ出て 排泄すること。
そして 食欲だ。

排泄について 父ちゃんと母ちゃんで 話し合う。
母ちゃんは シートにするように今から仕向けたほうが

オレのためなんじゃないか・・・
と言う。

父ちゃんは 外に行く気力がある限りは
外でさせてやるほうが オレの望んでいることだろう。

家の中が 少しくらい汚れても仕方がない。
と言う。

もう 足を拭くことも容易ではない。
立っていられないんだ。

ビニール風呂敷の上に おしっこシートを敷いた上で
ペットボトルに入れたお湯で 足やお尻を洗う。

父ちゃんは いずれ外には出られなくなる。
それまでは させてやりたい・・・

と言うんだ。
あくまで オレに任せたい 考えなんだな。

オレは どっちでもいいんだ。
父ちゃんと母ちゃんが 話し合った結論でな。

食欲については ずっと変わらずガツガツを食べていた。
それが・・・

昨日の朝から 残すようになったんだ。
父ちゃんも母ちゃんも 体がおおごとなんかなぁ?

と 心配している。
でも 今日の昼ごはんのときは 

父ちゃんをつついて おかずを催促したんだぞ。
もらえなかったけどな。

最後まで残ること。
寝ること 食べること 排泄すること。

生命の 大原則なんだろうなぁ・・・・

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:08Comments(4)介護

2010年03月05日

続・アシスタントバンド

おぼつかない縫い目ながらも どうにか縫ってくれた。

肩のところと 胴のところ。
縫った折り目が 内側に来ないようにな。

オレ 生まれてこの方 布を体に着けたことがないからな。
ずっと ストレートで来たからな。

最初に着けたときから 違和感で一杯だった。
だけど オレも 可能性を確かめたかった。

最初よりは ぴったりと合うようになった。
お尻のほうは まだ がばがばだけどな。

母ちゃん 乗り気で 
「ジョーちゃん さぁ お外へ行って見よう!」

なんて言って オレを呼ぶんだけどな。
どうも 緊張しちゃってな・・・・

家の中から 外へ出なかったんだ。
母ちゃん ”あれ?”
って言う 顔をした。

それから リードを持ってきたんだ。
リードをつければ 道のほうへ歩き出す・・・・・

と 思ったんだな。

なかば 強引に外に連れて行かれてな。
「お散歩 行こう!」

って うながされたんだけど・・・・
オレ 一歩も進まなかった。

オレ こういう状態になってしまった・・・・・
異様な事態に・・・・・

はっきりと 認識した瞬間だった。

母ちゃんに しっかりと 目で訴えたんだ。
「オレ もう 散歩はあきらめるよ・・・」

母ちゃん ハッとした顔になった。
でも あきらめきれないと見える。

「ジョーちゃん。 嫌でも何でも 慣れてもらわないと困るんだからね。」
「これを着けることに 慣れるんだよ!」

なんて 言うんだ。

施設のばあちゃんの 車椅子が合わなくて 妹が言った
「お母さんの足が そんなに短いとは思わなかったよ!」
「どうして そんなに足が短いんだい!」

ばあちゃんのせいではない ってことを 百も承知で あたってしまった。
母ちゃん   ”それと 似たようなもんだ・・・”

なんてことを 考えたりした。

そのあと 
”ジョーが どうしてもこれを着けたがらないのなら このまま散歩はあきらめよう・・”
”そういう風に 育ててきたのだから それを受け入れるしか しょうがない。”

時間と共に そんなふうに 考えられたんだ。
しばらくは 毎日 慣れるように これを着けてみて 様子を見るつもりらしい。

解放されたときは ほっとしたぜ。

昨日までは 風呂場の掃除が始まると 散歩の催促に行ったんだけど
今日は 行かなかった。

あきらかに オレの中が 変化した一日だった。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:32Comments(0)介護

2010年03月05日

アシスタントバンド(犬の介護用胴輪)

今朝 届いたんだ。

オレも母ちゃんも うれしくてな。
さっそく 着けてみた。

だけど   サイズがな・・・・
合わないんだ。

ボクサー犬の特長でな 
胸周りは大きいんだけど お尻のほうはやけに細いんだな。

母ちゃん 注文するとき 係りの人とずいぶん相談して だいぶ迷ったんだけどな。
係りの人の勧めで 大き目のを頼んだんだ。

「指1本入れて測って 84cm以上なら一番大きいのがいいと思います。」
ってな。


85cmあったので 一番大きいのを注文した。
そしたら でかいのなんの・・・

バスタオルで補正しているのがわかるだろう?
これでも でかくてな。

一度あけたら 返品はできない。
衛生の関係だそうだ。

「大きい場合は 縫ってあわせるというのはどうでしょうか?」

「体重がかかって 解けたりしたら危険ですから・・・・」

なんて言われたけど 着てみないことには合うかどうかなんてわからないしな。
合わない場合も 返せないんじゃ 縫うしかない・・・


母ちゃん 不器用ながらも 切れたりしないように 返し縫で用心深く縫い始めた。
掃除も何も そっちのけでな。

少しでも早く オレに着けさせて 散歩の可能性を確かめたかったんだな。

話は違うけど 母ちゃん 裁縫が苦手でな。
すぐ下の妹なんか 今 母ちゃんの礼服を縫ってくれているけど プロ並みって言うより プロなんだ。

だんだんの妹も 縫うことや手仕事は上手でな。
母ちゃんだけは どうも だめなんだな。


兄ちゃんや姉ちゃんの 運動着の名札なんか あまりにも曲がってつけてしまうんでな。
おのおのが 自分でつけるようになってしまったくらいなんだ。

兄ちゃんたちも 母ちゃんがつけるより ずっと上手に針を動かしていたんだ。

父ちゃんも 自分の裁縫箱を持っていてな。
ボタン着けやすそ上げなんか 自分でな・・・・・

上が母ちゃんの裁縫箱でな。
りっぱなんだ。
下は父ちゃんのだ。

こりゃぁ長くなりそうなんで 次のページで続きを語るとするぞ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 14:58Comments(4)介護