グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年10月10日

自分で鍼治療

母ちゃんの 左手は
だんだん使いずらくなってきていた。

特に 手首と親指の付け根。

オレのお尻を持ち上げるたびに
痛かった。

股を洗うとき 
お尻の下にシートを敷くから。

オムツをあてるとき
横向きで寝ている オレのお尻の下に

オムツを敷くから。

そのときに 左手に
不自然な力が 入っているのかもしれないな。

軽く見ていたら emiさんが
気をつけるように 教えてくれた。

母ちゃんは 腕の付け根のほうまで
違和感を覚えるようになってきていた。

ひどくならないうちに 病院・・・

そうも思うのだけど 
それは とってもおっくう。

昔 行った事がある鍼灸師のところ・・・

そこから 考えついた。

エレキバンみたいなので
先に鍼がついているやつ・・・

早速買ってきて 貼ってみた。

けっこう 針の先が出ているぞ。








何度も 取り直した画像なんだけど
どうしても 針の先がうまく撮れなかったんだ。

改めて 左手に意識を向けてみた。
手首だけではなく ひじのほうまで筋が張っていた。

押してみてピンと張っている痛いところに
いくつか貼った。



これな 足じゃないぞ。
母ちゃんの 腕だぞ。

なんか ふくらはぎが写っているみたいだな。

今日で 貼ってから3日目。
何だか 和らいできた気がする。

というより 痛みがかなり治まってきた。
2~3日で 新しい鍼に取り替えて

ちょっとずらした所に貼るんだそうだ。

あのな うまい具合におさまれば
痛くはないんだ。

少し 試してみようと思っている。

emiさん もう 試してみているのかなぁ・・・
  

Posted by ジョー母 at 16:09Comments(6)医者嫌い

2010年10月09日

久しぶり 痛い・・

痛いとくさい。
しばらくなかったな。












これは 痛いの真っ最中のときの
オレの足だ。

ひどいものだったなぁ・・・

だけど クツをはくおかげで 
足がすれて血が出ることは まったく無くなったんだ。

それだけでも オレも母ちゃんも
かなり ストレスがなくなったんだな。




昨日な 排泄に出たとき
クツが片方脱げてしまってな

母ちゃん 知らないで庭中歩いてしまった。
オレ はいててもはかなくても 関係ないからな。










家に上がる時 気づいたんだ。
こんなふうに こすれちゃったんだ。

久しぶりだなぁ・・・
こんな足を見たのは。

そう考えると このクツ
オレの足を ずっと守ってくれているんだなぁ。






すっかり 古びてしまったけど
まだまだ はけるぞ。













クツの裏も バリバリッと巻くベルトも
まだ 使える。

「ポリスドッグシューズ」
ありがとう!

emaさんの知り合いのブログで
紹介されていたんだ。

この語りをしていなければ 
まったく 知ることはなかったことだ。



臭いのほうは ちょっと先が見えてきた気がするんだ。

姉ちゃんや奥さんのアドバイスを
取り入れて オムツをしてみている。


もれなくなったんだ。
オムツの種類も 決まりそうだ。

今まで ずっと あれやこれや
試してきていた。


近いうちにまた 
新たなのを取り寄せて試してみる予定なんだけど

あとは できる限り値段が安くて
オレにフィットするものを

いくつかの候補の中から選べばいいところまできた。

ずいぶんいろいろ 試してみたんだぞ。
使えないものもだいぶある。

あとで 詳しく載せるときがあるかもしれない。

そんなわけで 痛いと臭いは
だいぶ楽になっているんだ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 15:52Comments(2)介護

2010年10月08日

笑顔

オレ 笑うんだぞ・・・

ほら これ 笑ってるだろ?

笑うと 頬が上がるんだ。
口が横に広がって 頬の筋肉が上がる。

心が 笑いたくなくてもな
顔だけ その顔を作るだけでも

NK(ナチュラルキラー)細胞が 
増えて活性化して 

がん細胞や 体に悪い作用をする要因を
やっつけるんだ。

ほら これもな。
笑ってる。

母ちゃん あまり笑顔が得意じゃなかったな。
兄ちゃんや姉ちゃんが 小さい頃。

だけど この間
仕事で いやーな役所へ行ったんだ。

「こんにちは・・・」
「○○ ですけど・・・」

そこには 男の人が一人だけいた。

「はい」

そのとき 母ちゃん 自分を感じたんだ。
”あれ? 私 今笑ってるよ・・・”

それは すごい発見だったんだ。

笑顔で 「こんにちは」
と 言っている自分を 発見した。

”笑顔で行こう” 
なんてぇことは まったく思っていなかったんだ。

自然に笑顔になっていた。

もしかしたら もっと前から
笑顔でいられたのかもしれないんだけど

その場面で しっかり感じることができたんだな。

役所の男の人は 柔らかな対応をしてくれた。

母ちゃん ますますうれしくなっちゃったんだ。
待っている間も 終始笑顔で待っていた。

やーだなぁ・・・・
と 思いながら行く 気が重い仕事も

これなら 何だか 楽しいか知れないぞ・・
と 思いながら帰ってきたんだ。

これからは 向うがぶっちょうズラだろうが
なんだろうが これで行くぞ!

なんてな
思ったんだな。

きっと NK細胞が どっさり できたにちがいないな。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 18:56Comments(0)

2010年10月07日

シンプル

オレ 外側も内側も シンプルなんだ。

何度も言うけど 隠すものは何もないぞ。
フルチンだしな。

この頃は 外に出るとき
クツをはかされるけど

本来は はだし。
そう フルチン はだし なんだ。

内側も シンプルだぞ。

父ちゃん母ちゃん 家族を愛して
家族とともに ひたむきに生きるんだ。

それ以上でも 以下でもない。

人間も シンプルだったんだけどな
文明の進化とともに だんだんと複雑になってきた。

頭の構造が オレなんかとは違うから
当然の成り行きだな。

だけど 母ちゃんは
シンプルを目指しているんだ。

もう 20年近く前のことになるけど
いろんな集まりに入っていたんだ。

でも おおかたを 断ってやめたんだ。
無責任 って言われたこともある。

友達も だんだん減らしていった。
1人か2人いればいいと思った。

そのときは ”無理をすることはやめよう・・・"
と 思ってのことだった。

それほど楽しいと思って付き合ったりしていない団体や友達が 
ずいぶん多かったんだ。

残ったのは わずかなつながりだけだった。
でも それだけで充分だったんだ。

その当時は したくないことは
なるべくしないでよそう・・・

って 思ったんだな。

それまでは 嫌だと思っても
無理してしやっていたことが 多かったんだ。

だけど それをしているといつか 
体と精神が反乱を起こす って思ったんだな。

嫌なことは 嫌だ って言おう・・・
ってな。
 
そのスタイルは 今でも同じだ。

もちろん 嫌でもしなければならないこともあるけどな。

でも できる限りシンプルでいたい・・・
って 思っているんだ。

考えてみると
この オレの語り での付き合いは

また 別なんだな。
出来る限り たくさんの人たちと

共感しあい 共有しあいたい
って 思っている。

なんでかな?

よくわからないけど
それとこれとは まったく別のものなんだろうな・・・

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:14Comments(4)

2010年10月07日

よその子もかわいいと

母ちゃんな オレと暮らすまでは
犬とか猫とか 好きじゃぁなかったんだ。

道を歩いていても ぜんぜん興味がなかった。
そばに寄ってくると あまりいい気持ちじゃなかったんだ。

だけど オレと暮らすようになってから
オレはもちろんだけど 他の子たちも






とってもかわいいと思うようになったんだ。

えらい違いなので 自分でもびっくりしているんだ。











そこで今日は emaさんところの
ジャスミンとソレイユの 写真

載せるぞ。

何ともいえない ツーショットだろう?

ボクサー犬が ジャスミン
パグ犬が ソレイユ。

いいコンビだ。

カメラをのぞく目が 愛情いっぱいだな。


今日は またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 00:30Comments(2)仲間

2010年10月05日

最期

これ 今日のオレ。

午前中は こうやってずっと寝ていた。

その間に母ちゃん 友達の家に
行ってきた。










舞茸としいたけが出たから
とりにおいでよ・・・

と 声をかけてくれたんだ。

ずっと前に 母ちゃんが泣き言を言って
いい話を聞いて いい気分で帰ってきた

友達の家。

今日も シーズーが死んだときの話をしていた。

とりすがって ずっと泣いていた話だ。

「泣き言」
http://jyokaisou.gunmablog.net/t110672

もう何年も経っているのに
目をうっすら赤くして 話してくれた。

人間でも 犬でも猫でも
その最期は 一世一代の大仕事になるわけだ。

その者の 一世一代の別れの仕方を
あとのものに 残していくことになる。

母ちゃんの歳になると
ずいぶんとたくさんの 最期を見てきた。

どの最期も みな その者の締めくくりを
表してくれていた。

みな 崇高で 尊い最期だった。

前にも話したけれど ここの家のじいちゃんは
あっという間に 逝ってしまったんだ。

「じいちゃんが逝くとき」
http://jyokaisou.gunmablog.net/t106301

それまでは なんだかんだと
手を煩わされたような気がするけど

逝くときは 「いざさらば!」
っていう感じだな。

後から考えると 
そうか あれがじいちゃんの逝き方なんか・・・

なんてな 思えるんだな。

母ちゃんのほうのじいちゃんは
8ヶ月の入退院の繰り返しで

家族で交代で 付き添いをした。
今思えば うん あれがじいちゃんの逝き方だな・・・

って 思える。

さっきの シーズーは
いつまでも心に残る逝き方をしたんだな。

それが そいつのスタイルだったんだろうな。

聞けば オレの語りに来てくれている人たちも
老犬や老猫と暮らしている人がけっこういるんだな。

よく 小さい子供には
死んで行くものの最期のときは見せない

という 人間がいるけど
母ちゃんは めいっこやおいっこにも

オレとの別れを ちゃんとさせたい
って 思っているんだ。

命あるもの 必ず終わる・・・
という 万物の摂理を

理屈だけではなく 体で味わうことを
させたい と 思うからなんだ。

悲しみや寂しさも伴うだろうけど
ちゃんとした別れをするとしないとでは

その後の人生に 大きな違いが出てくるだろう。

その日がいつくるかはわからないけど オレも みんなにちゃんとお別れをして

あっちへ行きたいと 思っている。

死は どんな最期でも 崇高で 尊いものだ。

(車椅子の3枚の写真はな
今日のものだ。 
いつものパターンだったけどな。)



またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:25Comments(4)

2010年10月04日

あれまぁ○子かい よく来たねぇ・・

母ちゃんな 昨日午後になって
施設のばあちゃんの所へ行くことにしたんだ。

施設に着いたのは 5時近くなってしまった。
その前に だんだんに寄ったからな。

ばあちゃんは 部屋の電気を消したまま
ベッドの上で 静かに眠っていた。

電気をつけて しばらく その顔を見つめていた。

全体に 枯れた雰囲気がただよっていた。

”あぁ・・ずいぶん衰えたなぁ・・”

そう思ってみていた。

まもなく 目を開けて
「あれまぁ○子かい・・よく来たねぇ・・」

とたんに 母親の顔になった。
顔の感じも 生気が通ったように見えてきた。

「ジョーは 元気かい?」
いきなり ジョー と言った。

前回は
「お前の家に 大きい犬がいたっけねぇ・・」

「もう 歩けなくなっちゃって
オムツもしているんさ・・」

「あれ そうかい
そんなんなっちゃったかい・・」

毎度おなじみの会話が始まる。

たわいのない話が続いて
ばあちゃん 穏やかだ。

認知のレベルが低くなっているとはいえ
母ちゃんに対して 母親の姿勢で相槌を打っている。

途中から 母ちゃん 
”あれ? 今 お母さんに癒されているよ・・”

と 感じた。

日ごろの疲れが 何だか楽になったような気がしたんだ。

家を出るときは 何となく疲れた感じで出かけたんだけど
だんだんに寄ったり ばあちゃんと話したり

次第に 疲れが取れている気がしてきた。

そのあと すぐ下の妹の家によって
旦那さんと3人で 夕食をご馳走になった。

家に着いたのは 9時過ぎていた。
でも すっかり元気が戻っていた。

また 今日から やるぞ・・・

だって。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 19:44Comments(6)

2010年10月03日

なんのこれしき


あのな オレな
昨日 母ちゃんの腰と手がいたい話をしたんだな。

何だか みんなに心配をかけてしまったかもしれないな。

だけどな
母ちゃん たいしたことない

って言っている。

ちょっと 言ってみたかっただけだって。



腰は 気をつけていれば大丈夫なんだ。
手は 左手の手首と親指の付け根。

使わなければ 痛くないんだ。
いざとなれば 右手がある。

ひどければ オレの排泄を
休んだっていいんだ。

気分転換と 前足のために
母ちゃんが 後ろを吊り上げて連れ出してくれている。

休んだって どうということはない。
また そのうち連れ出せるようになる。

だけど emiさんが同じように
中腰で がに股で歩いた んだって。

蘭 のためにな。

母ちゃん うれしくなっちゃったんだ。

同じことをしていた人が 一人でもいるって
うれしいんだ。

それも 
あまり 他の人がしていないこと だからな。

腰と手の話は
母ちゃんの 泣き言だな。

あまり 心配することないぞ。


これは 蘭が 傘をさして
車椅子散歩をしているところだ。

この車椅子を オレが使っているわけだ。

何だか いい写真だろう?
母ちゃん これが気に入ってな

emiさんに断らないで
またまた 勝手に使ってしまった。

emiさん そういうわけだぞ。
よろしくな!

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:51Comments(4)

2010年10月02日

久しぶり 車椅子

これ 今日のオレ。
寝ていることが多い。

だけど 母ちゃんに後ろを吊り上げてもらって
排泄に行くのは 好きなんだ。

この頃は あまり遠くへは行かないんだけど。

毎日 3回くらいは連れて行ってもらう。
うんこは たいていそのときしてくる。



今日は 久しぶりに車椅子に乗った。

いつもながら オレ 
車椅子を向けられると逃げるんだ。

それでも
やっとのことで 車椅子に落ち着いた。

玄関の前から 動かない。





物陰から 母ちゃんがそーっとのぞく・・
オレ 動かない。













今度は 位置を変えてそーっとのぞく・・














そろそろ動く。














また 違うところからそーっとのぞく・・
オレ 動かない。 













今度は母ちゃん 道路のほうへ行って
しゃがみこんで待つ。

オレ ちょっと動く。

そこからは この間と同じで
頑として動かなかった。

そのうち 電話がなって
母ちゃん オレを気にしながら

あわてて家に向かう。

道路のすぐ横は フェンスも何もない土手で 落ちたら大怪我をする。

オレ 母ちゃんのあとを すいすい着いていく。

やっぱり 家に入りたい。

電話を終えて 母ちゃん

「わかったよ おうちへ入るんだね・・」

オレを家に入れてくれた。

そのあと しばらくしてから
オレ また排泄に連れて行ってもらった。

今日は 何だか調子がよくってな
庚申様の向こうまで 行く気になったんだ。

だけど 母ちゃんの手も腰も
限界になっていてな

オレが かなり引っ張ったんだけど

「ジョーちゃん だめだよ
お母さん 手が痛くて もう進めないんだよ・・」

と言って 無理やり家に連れてこられたんだ。

オレを 吊り上げて歩くようになってから
母ちゃんの腰は 弱くなってきている。

オレの脚を踏まないように がに股で
一生懸命歩く。 

手は 腱鞘炎で痛い。
吊り上げて歩くだけでなく

おむつ交換や 股を洗うときには
オレを持ち上げる。

オレ やせたとは言っても 
まだまだ重たいからな。


母ちゃんは いつでもオレの希望を尊重してくれてきた。

長い間一緒に暮らしてきている。
オレの思いは 伝わるんだな。

無理強いは 決してしない。
少しづつ様子を見ながら 無理をせず・・・

車椅子で歩いてほしいと思っている。
でも 無理強いはしない。

母ちゃんは いつでもオレの思いを
尊重してくれている。

これからもな。


またな!!! 
  

Posted by ジョー母 at 19:53Comments(5)日常

2010年10月01日

黒ラブ 決まったぞ!

この間話した 3頭のラブラドールのことなんだ。

バニヤンさんのブログにあったのを
勝手に オレが語ってしまった あの3頭だ。

2頭が 明らかにブリーダーに捨てられたと
思われる チョコラブ。

もう1頭が どうも虐待されていたかもしれない
という 黒ラブ。

3頭のうちの1頭なんだけどな
家族が決まったんだって!

よかったなぁ。

早かったなぁ。

あの 頭をグーで殴られたかもしれない
黒のラブラドールだ。

”カール” っていう名前だったんだ。

今度は 新しい家族に迎えられて
”ルーキー” だって。

何度言っても言い足りないな。

よかったなぁ・・・・

あとの2頭も 早く見つかると言いなぁ。

今度もまた 勝手にオレが語ってしまった。
バニヤンさん そういうわけだぞ。

オレ 仲間のこと 特に 恵まれない仲間のこと 黙っていられない。

オレにできることは ここで語ること。
これからも 語っていくぞ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 19:24Comments(4)仲間

2010年10月01日

みょうが

母ちゃんな この家に来るまでは
百姓の経験はないんだ。

なーんにも知らないでな
昔 あぶら菜を摘んでくるように言われて

根っこごと掘ってきたことがあったんだ。

あれって 次から次と
後から出てきたものを

茎をかいて食べるのだったんだな。

ばあちゃんは びっくり仰天したぞ。
母ちゃんも そのとき初めて知ったんだ。

あぶら菜は 
根っこから掘るものじゃないってな。

それから みょうが。
これは 土の中から出てくるものなんだな。

そんなことも なーんにも知らなかった。
母ちゃん みょうが 大好きなのにな。

このごろ ばあちゃんが
さっぱりみょうがをとって来ないので

もう ないのかと思っていたんだ。

近所のおばさんから もらってなみんなで おいしいおいしいって 食べたんだ。

父ちゃんだけは きらいなんだけど・・・

あっという間に終わってしまったので そのおばさんに

「また もらいたいんだけど・・・」
って ずうずうしく言ったんだ。

「もう 終わっちゃったんだよ・・」

そしたら 父ちゃんがな

「そんな騒ぎしなくったって 
畑のもみじの木の根元に いっぱい出てたぞ」

って 教えてくれたんだ。

母ちゃん どこにみょうががあるか なんて
今までまったく知らなかったんだ。

そこで あわてて もみじの木の根元へ行った。

雨の日だった。

あるある・・・ 花が咲いてしまったけど
うーんとあったんだ。













左は お馴染みのジャガイモの畑だ。
右に見えるのが もみじの木だぞ。

暑い日には 日陰を作ってくれるんだ。









これが みょうがの葉っぱだぞ。

兄ちゃんも姉ちゃんも大好きなんでな
母ちゃん 必死になってとったぞ。

みんなに やりたくってな。







何だか知らないけど 袖口にこんな実が・・
そんなこともおかまいなしに ひたすらとった。


みょうがとおかかに めんつゆと味噌を混ぜてな
うまいぞー。










この日は マスの塩焼き 新米のお赤飯
ビンビール そしてみょうがの味噌和え。

ビンのビールなんて 久しぶりに飲んだんだ。
ちょっと黒っぽくってな こくがあってうまかったー・・

材料はみんな自家製と もらいものだ。
何もかもうまかったんだ。


質素だけど 贅沢だと思っている。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:59Comments(4)