グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年02月09日

コンパニオングッズ

このぬいぐるみ オレのなんだ。

もう ずっと前 母ちゃんが買ってくれた。




オレが まだ赤ん坊のころにだぞ。







こうやって お腹の中に心臓を入れてな
体に触れていると

安心する ってやつなんだ。










この心臓が ドックン ドックン って
まるで 誰かの心臓みたいに振動するんだな。

だけど オレ ずーっと興味がなくってな
何度も 母ちゃんが体のぞばに置いてくれたんだけど

すっぽらかしていたんだな。






心臓だけを使ってみたり
ぬいぐるみだけを 使ってみたりしたんだけど

どっちも すっぽらかしていたんだ。

心臓だけは めいっこを寝せるときに使ったりしていたんだけど
そのうち しまったままになっていた。







オレが 動けなくなってから 
母ちゃんが また ぬいぐるみだけ洗って オレの友にしてくれた。

心臓なしでな。

でも やっぱり オレ すっぽらかしてしまってな
まったく興味を示さなかった。

もう このぬいぐるみは 処分してしまおう・・
母ちゃん そう思い始めていた。

今日は 思い切って ごみとして出してしまおうと
思いながら でも 最後にもう一度試してみるか・・・

なんてことで オレのかたわらに持ってきてくれたんだ。

ぬいぐるみと心臓が 合体したものは
ずい分と久しぶりでな

オレ 思わず顔をもぐらせた。


母ちゃん あれ? と思ってな
しばらく注意深く 観察していた。




その後すぐに こうだ。













なんだ?
この 心地よさは・・・












この状態 母ちゃん 一つも世話を焼いていないんだ。












ほーれ  な・・・


今日も 一日 ずっと家の中だった。

ぬいぐるみと 一緒にな。

雪が降って 庭が白くなったもんで・・・・


ぬいぐるみ すんでのところで
また オレの友として復活することになったんだ。

だから・・・
「ぶざま」 また この次になってしまった。

悪いな・・・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:49Comments(8)日常

2011年02月08日

かやの外

オレ 今日は ”かやの外” だった。
自分からな。

明日が 甥っ子の2歳の誕生日なんだ。
何となく 今日 甥っ子とめいっこが集合した。








このあと 壮絶な取りっこが始まってな・・・・
二人とも お互いが大好きなのに

取りっこをするんだなぁ。










でも すぐにまた仲良くなるんだ。













二人とも どんな大人になるのかなぁ・・・














今日のヘアスタイル 
何だか 二人が似ているな。












オレ 今日は 昼間はほとんど眠っていた。
外にも出なかったんだ。

本当は 今日は 母ちゃん
オレに 「ぶざま」 について語らせようと思っていたんだけどな

甥っ子たちの写真が だいぶ撮れたんでな
今日は それを見てもらおうと思ったんだな。

次のときに 「ぶざま」 語るからな。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:39Comments(4)日常

2011年02月07日

ひたすら

今日も 暖かくて 気持ちのいい
一日だったなぁ。

外に出て 布団の上で服を取り替えてもらった。









熱くしぼったタオルで 体を拭いてもらって
いい気持ちだった。

暖かかったので しばらくそのままいた。









実は この前に 少し歩く練習もしたんだ。

昨日までは 前足をつるすひもを
一応手は放さずにして 力を抜いただけで歩かせていた。

今日は 母ちゃん 初めて前足のひもを持たずに
オレを 歩かせたんだ。

母ちゃん ちょっと勇気が必要だったんだけど
思い切って 後ろ足だけをつるして歩いた。

オレ 少しの間いい調子で フラフラ歩いてみた。

「おっ いいぞ いいぞ ジョーちゃん 完全に一人で歩いているよ」

なんて言って 後ろをつるしてくれていた。

(考えてみたら 完全に一人で 
と言う表現は 違っていたな。)

(後ろは つるしてもらっているんだものな・・・)

だけど オレ へたっちゃったんだ。
わりと早くな。

「あぁ・ ごめんごめん ジョーちゃん ごめんねぇ・・」

オレ 母ちゃんが 歩かせようと思う間は
歩く努力をするんだ。

ぶざまでも なんでも ひたすら前に向かって進むんだ。

結果のことは 考えないでな
ひたすら ひたすら・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:07Comments(6)

2011年02月06日

柔道の技

あのな 毎日2回 おれのおしっこを
父ちゃんが採ってくれている って話したな。

だいぶ 慣れてきてな 
時間もずい分短縮されてきたんだ。

器具の消毒から始まって 
一時的な麻酔のゼリーを クダに塗ってな

ながーいクダを おちんちんの先から
膀胱まで 通すわけなんだ。



最初は うまく入らなかったり
途中で進まなくなってしまったり と

すったもんだしたことも 多かったけど
今じゃ 慣れたもんでな

何のことはなく すんでしまうんだ。
とは言っても 毎日毎日のことと言うのは 大変なことには違いないけどな。

その作業をするとき オレ 横になってじっとしていなければならないんだ。

父ちゃんが 母ちゃんに 話していた。



「あのな おしっこ採るとき ジョーがバタバタしていてもな
柔道の技をかけると そのまま動かないでじっとしてるんだ・・・」

「見ててみな」

母ちゃんが あわててやって来て オレが柔道の技をかけられるところを見ているんだぜ。

「ほんとだ へー? おもしろいんね・・・」

なんてな。

オレ おしっこを採るときは 観念するんだ。
だって わかっているんだもの。


だから 昼間 オレがヒーヒー鳴いてうるさいとき
父ちゃんが 同じ技をかけたんだけど その手に乗らなかったんだ。

「あれ? やっぱり おしっこ採るのがわかっていて 観念しているんだね・・」

父ちゃん 母ちゃん わかったか!

(この写真は このあとこたつに落ちたときのものみたいだな)



またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:54Comments(2)介護

2011年02月06日

伝えるべきかどうか・・

母ちゃんな どんなことでも
何かしらの意味があると思っているんだ。

自分に起こったことだけではなくて
自分が知りえた事柄にも 

自分にとっての意味があると思っている。

そこでだ 一晩眠れないくらいの
理不尽な出来事を 知ったんだ。

自分に起こったことではないんだけど
強烈なインパクトがある 出来事だった。

そのことを この語りで伝えるかどうか
ずっと 考えている。

伝えることの意味 をな 考えているんだ。
伝えるとしたら どの程度 どんなふうに・・・

そのことが 最終的に良い種になるのかどうか・・・

なんてな。

どっちにしろ もう少し時間をかけて考えるぞ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 14:13Comments(0)

2011年02月05日

今日も いい日だったなぁ

今日も 外に出たんだ。

昨日 めいっこが来てな
にぎやかだったんだ。











小さい体に 大きなパワーでな
オレ めいっこの後をついて かなり歩いたぞ。

だって 道路が見えるほうまで行ったんだもの。
めいっこを目指して 知らないうちに ずい分歩いたんだ。

最後のほうは 疲れてしまってな
家に上がるのが 大変だったんだ。






めいっこは 棒を持って遊んだり















オレが 遠くに写っているな。











花を持って 踊ったり

















この後姿 一人前だ。











Kさんが来たときは 相手をしてくれた。

オレ この頃 Kさんにそっけないから
めいっこが相手をしてくれて 助かったんだ。

Kさんも うれしそうだったしな。









な  母ちゃん!














そのうち 母ちゃんのまねをして
オレの首を マッサージしてくれた。















うまいもんだ。


めいっこは 相変わらず 一日よく働いた。




今日も いい一日だったぞ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:01Comments(4)日常

2011年02月04日

オレ 歩けるようになるのかなぁ

今日も 外に連れ出してもらった。
午前中は 穏やかで暖かかった。

昨日と同じくらいの感じで
オレ 前に進んだ。

相変わらず 母ちゃんの掛け声は でかいなぁ。

「ジョーちゃん すごいよ!」
「立ってる 立ってる 今 立ってるよ!」

「ほーら 前にも進んでる!」
なんてな。

ほんの何歩か 進んだだけなのに
大騒ぎなんだ。

だけど オレにもわからないんだ。
これで 歩けるようになるのかどうか・・・

オレの 回復力と老化の速度とが
競り合っているようなものだからな。

母ちゃんは 何でもすぐに報告したがる。
昨日の希望は すぐにみんなに報告したくなったんだ。


だけど 今日になって 揺れてくるんだ。
はたして このまま回復するんだろうか?

もちろん 外に出て 歩く練習は少しずつするんだけど
このまま 歩けるようにならない可能性だってあるんだもの。

ふっと そんなことを今日は思ったんだな。

どっちにしたって オレはかまわない。
運命を受け入れるからな。

だけど 母ちゃんは思ったんだ。


あまり 騒いでしまうと  歩けなかったときにがっかりするな・・
ってな。

だから みんなも承知しておいてくれ。
母ちゃん すーぐ騒ぐんだ ってな。

騒がせて 悪いな。
だけど やっぱり うれしいことは うれしいんだ。

これからも 騒がすぞ。


夜になって 高崎から 
姉ちゃんとめいっこが来るんだそうだ。

めいっこは ますますパワーアップしているそうだ。
用心 用心・・・・


またな!!! 
  

Posted by ジョー母 at 17:06Comments(4)

2011年02月03日

ひなたぼっこ

朝ごはんをもらって ミルクをもらうと
オレ 一段落するんだけど

少したつと 母ちゃんを呼ぶんだ。
ヒーヒー って鳴いて マッサージしてくれー ってな。









この頃じゃぁ 母ちゃん自分がご飯を食べると
オレの所へやってきて

首のマッサージを してくれる。

ほれ こんなふうに 
母ちゃんのひざに 頭を乗せて

オレ リラックスするんだなぁ。





今日は 午前中は母ちゃんが忙しそうだったので
午後に 外に連れ出してもらったぞ。

今日こそ 「ひなたぼっこ」 って言えるような
穏やかで 暖かい日だったなぁ。

オレ このときもリラックスしている。






外で オレの頭をなでてくれながら
母ちゃんが でかい声で言った。

「やーだ ジョーちゃん 
こんなところまで白髪になってきているんだ・・」









そしてな 今日は うれしい報告があるんだぞ。
オレの前足だけど 自力で歩いたんだ。

母ちゃん オレを外へ連れ出したとき
何だか前足がしっかりしているような気がしたんでな

前をつるしている手の力を 緩めてみたんだ。
そしたら オレが ちゃんと前足で上半身を支えていたんだ。

「ジョーちゃん すごいね ちゃんと自分で立っているんだよ!」

母ちゃん でかい声でうれしそうに叫んだんだ。

それに 半分くらいは右回りに回転して歩いてしまったんだけど
残りの半分くらいは 斜め前方を目指して歩いたんだ。

それから 意識してみたら 左側にも進めたんだぞ。
オレの脳の中で 意識して歩く ということができたんだな。

昨日とは まったく違う歩きっぷりだったんだ。

「ちょっと! ジョーちゃん 前に進んでる・・・」
「すごいすごい 左にも行けたよ!」

なんてな 母ちゃん オレ以上に喜んでいたぞ。

夕べ 父ちゃんが
「ジョーの前足は このまま回復しないのかもしれないな・・」

「ぜんぜん 力が入りそうもないものな・・・」
なんて言って

母ちゃんも
「どうも そうかもしれないね・・・」

なんて言ったばかりだったからな
オレも なにくそ・・ って 踏ん張ったって訳なんだ。

まだ ほんの少しの時間だけなんだけど うれしいぞ。



あんなちょっとのことなのに
つかれた・・・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 15:52Comments(6)日常

2011年02月02日

マッサージ

母ちゃんな マッサージが得意なんだ。

子どもの頃は 両親の肩を
よく マッサージしたもんだ。

だから 指先の力がどんどん強くなってな
「N子は 肩もみが上手だねぇ」

なんて 言われたもんだ。

死んだ 母ちゃんの父ちゃんが

癌で 闘病していたときも やせ細ったじいちゃんの肩を よくもんでやっていた。

骨と皮ばかりになってしまった じいちゃんの体を
そーっと 揉んだり さすったりしてあげているうちに

いつしか夢中になってしまって
「N子 もういいよ 父ちゃん痛くって・・・」

なんて言われて ハッとなったことが
何度かあるんだ。


今は オレの首を 毎日マッサージしてくれている。

先日の 子ぐまさんのコメントで ハッとなってから マッサージを始めてくれた。

オレ 首を揉んでもらうと とっても楽なんだ。
初めてしてもらったときは いびきをかいて寝てしまった。

右に傾いている首だけど
意外にも 左側の首筋が こっているんだ。

左右の筋肉の張りの違いは 歴然としている。

母ちゃん 相変わらず やりながら夢中になってしまってな
時々 オレ 飛び上がってしまうんだ。

痛くてな・・・・

そのたびに
「あ・・ ごめん お母さんつい夢中になっちゃった」

なんてな。



今日は なつかしい車椅子散歩のときの
写真を 載せてみたんだ。

なつかしいなぁ・・・・



またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:23Comments(4)介護

2011年02月01日

父ちゃん床屋

今日は 奥さんと甥っ子が来たぞ。

すぐ上の兄ちゃんな
自分の子どもに 「父ちゃん」って呼ばせている。

奥さんは 「ママ」って 呼ばせている。

もう それが習慣だから
甥っ子も 当たり前のようにそう呼んでいるんだ。

兄ちゃんは 自分の髪の毛も自分で切るんだけど
甥っ子のも 兄ちゃんが切っている。


今回は これだ!













これが 横向き。














これは 後ろから。



何だか タラちゃんか コボちゃん って感じだな。


だけど これが 甥っ子のキャラクターにピッタリ。
しっくり来ている。




2月9日の誕生日のお祝いに
ばあちゃん(母ちゃん)から 働く車のDVDをもらってな

真剣に見ているところ。









オレは みんなのそばのコタツで
眠っている。













午前中は 外で気分転換をしたぞ。


平和だな。




またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 19:47Comments(4)家族