2010年07月16日

考えてみると

フルチン はだしが 特権のオレなのに















今じゃ オムツに オムツカバー。

おまけに クツまではいている。



なんだかな・・・





これは オレが 寝ている間に 
ずるずると動いて 

オムツと オムツカバーを はずしてしまったあとなんだ。


どうも 気持ちが悪くてな・・

一人で すったもんだして 
夜の間に 取ってしまうことがある。


ナッセリー母さんに コメントで 気づかってもらった。

「ジョー母さん 今は ジョーのことしか 頭にないでしょう・・」

その通り。

母ちゃん 朝から晩まで 
オレのことを中心に 行動している。

排泄がうまく行くように。

オレが 心地いいように。

しじゅう オレに目を向けているんだ。

一日が いいリズムで過ごせるように。

目的は それしかないな。

それと 足からの出血。

排泄に出るとき 
クツを履いている余裕がないときもたくさんある。

途中で 脱げちゃうことも けっこうある。

そんなときは 大げさに言うと
過酷で 壮絶な 散歩になる。

血だらけの オレの足を見ると
母ちゃんも 自分が血だらけになっているような

気分になるんだ。


そこでだ みんなにも その気分を
共有してもらおうと思う。

臭かったり 痛かったりで悪いけど・・

みんなに 聞いてもらったり 見てもらって
母ちゃん 自分が軽くなるんだ。

悪いけど 協力してやってくれな。


これが 壮絶な散歩から

帰ってきたあとの足だ。

自分でも どうにもできないんだ。







そーっと 洗ってもらう。

今日は ドライヤーで乾かしてもらった。










そのあと 大き目のキズバンを
ぺたっと貼ってもらう。











その上から 包帯をまく。

この写真ではそこまでだけど

足首の所は 人間用の張り付くやつで

巻いてもらうんだ。

そうしないと 取れちゃうからな。

出かけるとき この上からクツを履いて

完璧。



付き合ってくれて ありがとう!

この 語りの向こうに

オレと母ちゃんの毎日を 
見ていてくれる人達がいる。


どんなに心強いことか・・・

計り知れない。

ありがとう!


またな!!!

同じカテゴリー(日常)の記事画像
ちょっとしたこと
ポーッとしていたら・・・
ご飯が食べられない
暮らし
準備
「ジョーちゃん すごいよ!」
同じカテゴリー(日常)の記事
 ちょっとしたこと (2011-04-27 16:44)
 ポーッとしていたら・・・ (2011-04-20 19:53)
 ご飯が食べられない (2011-04-04 22:20)
 暮らし (2011-03-26 15:27)
 準備 (2011-03-19 21:12)
 「ジョーちゃん すごいよ!」 (2011-03-11 14:21)
Posted by ジョー母 at 21:07│Comments(6)日常
この記事へのコメント
よくわかります
我が家のジョーも ももにおできができた時、
手術した後 ガーゼやテーピング くっつく包帯・・・etc.
気がつくと取れていたので、1日何回やり直したことか・・・
取ってしまうと怒られるのが分かると
自分の布団の下に隠したりしてました。。。
「取ったら治らないよ・・・」なんて 泣きながらやり直した事が
何十回あったことか・・・
今でも涙が出てきます。。。
みんな同じなんだな~

ジョー母さん 
何十回も何百回もやってあげてください。
Posted by ジョーママ at 2010年07月16日 22:23
痛そうぅぅ

でも本当…
愛犬が痛そうだったりケガしてるとこっちが痛くなって泣けて来ちゃいます

それをペロペロ痛そうになめてるの見てしまうと…もう


きれいに手手を洗って乾かしてあげてる写真のジョー君の手手がかわいい
ママさんに大事に大事にされてるジョー君の手
こちらも愛おしく感じます

ジョー君のパンツの抜け殻ズリズリ脱げちゃうんですね
Posted by さえ at 2010年07月16日 22:24
ジョーママさん 

お宅のジョーも そうだったのですか。
私も ジョーのことをしながら 泣けてしまうこともあります。

お宅のジョーが フトンの下にかくしてしまったように うちのジョーも 全部承知しているように思えるときがあります。
だからこそ いとおしいんですね。
ジョーにさわっている時が 私の幸せな時間かもしれません。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年07月16日 22:37
さえさん こんばんは。

足の手当てをしているときも オムツをあてているときも ジョーは だまってさせてくれます。
何だか 全部承知しているように思えるときがあります。

たまには 悲しかったりせつなかったりで 少し怒ってしまうこともありますが ジョーの目を見ると 気を取り直します。

オムツカバーの バンドがきつそうで バンドをしないときのことです。
そっくり取れて 抜け殻になっています。
笑っちゃいます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年07月16日 22:42
ジョー母さん、おむつを履かせて、足を洗ってバンソコウを貼って、とその一つ一つの動作にジョー母さんのジョーへの思いが溢れていますね。
昨日のブログの中にあったお食事用のクッション椅子、その上に座るジョーくんのお尻があまりにも愛らしいので画面を見ながら微笑みが止まりませんでしたよ。母の愛が作ったクッション、万歳!

血が出ても、外を一周するお散歩が、今のジョーくんにとってはとても大きな楽しみだと思います。男の子だもん、外でする排泄は爽快ですよ。きっと夢中になりすぎて、出血するのも忘れてしまうのでしょうね。
「血だらけの オレの足を見ると母ちゃんも 自分が血だらけになっているような気分になるんだ。」というのを読んで、胸が熱くなりました。

大好きだけど、時々怒って声を上げてしまう、というのは私にもありますよ。Sayaも手術跡の傷を保護している絆創膏を気持ち悪いから貼り終わったと思ったら取ってしまう、とか。「こらー」とどなりながらまた張り直し。その間の申し訳なさそうなお嬢の顔。でもまた張った後、5分もしないうちに取ってしまいます。
身体が柔らかいのか、エリザベスカラーを付けていても、足に履かせた靴下を脱いでしまうことがあります。取るときにカミカミするので唾液が付いて足先が蒸れてしまい、大変なことになるのに。でも怒っているのに、その身体をくねらせて、エリマキトカゲみたいなエリザベスカラーを付けたままで後ろ足を口にくわえる姿が可笑しくて笑ったり、とか、本当にお嬢といると毎日飽きることがありません。

ジョーくんとの生活、泣いたり怒ったり、笑ったり心配したり、色々なことがあるでしょう。そのどれもがジョーくんと一緒に「生きている」という証なんだと思います。一つ一つかみしめて、ジョーくんの人生を豊かにしていってあげてください。
そしてそんなジョー母さんが側にいてくれるジョーくんはとっても幸せな犬だと思います!
Posted by Sayaママ at 2010年07月17日 06:22
Sayaママさん ありがとうございます。

こんな状態のジョーを怒ってしまってから 怒らなければよかった・・
と 思ったり。
でも Sayaママさんも 同じことがあった・・
と聞くと 何だか安心します。

Saya嬢の 術後の様子 大変な状態なのにおかしくて笑ってしまう・・・
よくわかります。
どうしてこうも 愛らしくけなげなんでしょうねぇ・・
一緒にいるおかげで 人間だけで暮らしているだけでは味わえない 本当にいろいろなことを 体と心で体験させてもらっています。

ジョーの生活が 豊かで幸せなこと・・・
それが 私の幸福になっています。
今は今で とても満ち足りています。

臭かったり 痛かったりを いつも見守っていてくださり ありがとうございます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年07月17日 08:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
考えてみると
    コメント(6)