2010年08月29日

「言いずらいんだけど・・」

オレが オムツをするようになってから
母ちゃんは 外出がめっきり減った。

長時間 オレを置いていくのは
オムツが心配なんだな。









「9月1日の お母さんの爪の処置」
「ジョーを連れて行こうかと思っているんだけど・・」

「よせよ。 そんなことしたらかえってジョーがかわいそうだよ。」

「家にいるほうが ジョーにとったら楽だと思うよ。」

なんて 訳なんだ。





昼間は 父ちゃんがいないから
そういうときは オレ 外につながれる。

父ちゃんのオムツの仕方も
母ちゃん 信用してないんだ。

1度 こりたからな。







先日 会議の連絡があった。

「1泊で 研修会をするんですけど・・」
「参加してもらえますか?」

「すみません。 私 長時間家を空けられないんです。」

「おばあちゃんでも 具合が悪いんですか?」

「いいえ・・ 言いずらいんだけど 犬がもう老犬で・・」
「老犬介護 なんです。」



普通は そんなこと言ったって 
わかってなんかもらえないことは 百も承知。

でも それが 本当の理由なんだから
仕方がない。

”なんだ 犬のことでか・・・”

そう 思うんだろうな・・・





「飼っていないと なかなかわからないだろうけど
犬でも 家族と同じなんで・・・」

「最後まで 家族として付き合って生きたいと
思っているんです。」








ブログの世界の付き合いでは
うん わかるよ!

と 言ってくれる人たちが
たくさんいることは 知っている。

だけど 一般的には
まだまだ わかってはもらえないだろうな。








オレと知り合う前の 母ちゃんも
そうだったから わかるんだ。

だから そういう人たちに対しても
理解が出来る。







だけど このことは ゆずれないんだ。

のっぴきならない用件以外は
長時間の外出は しない。

誰が なんと言おうと しない。

っていうか できないんだ。


またな!!!

タグ :老犬介護

同じカテゴリー(日常)の記事画像
ちょっとしたこと
ポーッとしていたら・・・
ご飯が食べられない
暮らし
準備
「ジョーちゃん すごいよ!」
同じカテゴリー(日常)の記事
 ちょっとしたこと (2011-04-27 16:44)
 ポーッとしていたら・・・ (2011-04-20 19:53)
 ご飯が食べられない (2011-04-04 22:20)
 暮らし (2011-03-26 15:27)
 準備 (2011-03-19 21:12)
 「ジョーちゃん すごいよ!」 (2011-03-11 14:21)
Posted by ジョー母 at 18:31│Comments(9)日常
この記事へのコメント
「人がどう思っていようが関係ないなぁ・・・・」
ってのを、オイラも蘭ちゃんから学びました。
最初は派手な台車で蘭ちゃんを運んでいるのが、少し恥ずかしい感じでした。
「犬ごときに・・・・」とか「人から偽善と思われていないか」
でも蘭ちゃんにとってもそれが現実で、生活全てで、自分にとってもその生活が幸せなんだからしょうがない。
今でも蘭ちゃんとの散歩は心和む大事な時間です。
蘭ちゃんのおかげで、人からどう思われても恥ずかしいってのが無くなりました。
大事な家族の一員として面倒を看た事に使った時間以上の見返りがあるように思います。
Posted by ランチイワ at 2010年08月29日 23:00
うわぁー! (⌒-⌒; )
まさか旦那が先にコメントしてるとは…

家を長時間空けられないの、分かります。
蘭ちゃんもおむつ(普段はお尻の下にトイレシート)ですし、
頻繁に膀胱を押して排尿させてあげないと、すぐに膀胱炎になっちゃうし。
寝返りさせなと褥瘡が心配だし。
ウンPもね、パピーのようにウェットティッシュで肛門を刺激して排便させてますけど、
させようと思った時に出なくて、買い物から帰った時にもらしちゃってたりすると、
凄く申し訳ない気持ちに成ります…私がね。

ボクサーって表情が豊かじゃないですか。
もらしてしまった時の蘭ちゃんの表情、困惑.申し訳ない.プライドが傷ついたetc入り混じった、
その顔を見るのが辛いです。

動けないんですもの、それだけでも凄いストレスですよね。
「自分が蘭ちゃんの立場だったら」それを常に考えています。

当然ですよね、家族(の中でも一番大事かも)なんですから^^v
Posted by emi at 2010年08月29日 23:36
あっ!そうそう。
私、仕事していた時に、ワンズの具合が悪いと「獣医さんに連れて行くので」と断って遅刻したり、
蘭ちゃんが頚椎捻挫で首から下が麻痺した時も、「うちの犬が」って正直に理由を話して
労働時間を短縮してもらいましたよ。

「たかが犬」って思われてたのか?嘘だと思われてたのか?信じてもらえなくても構わない。
自分は恥じるところが全く無いと思っているから。
正直って大事ですよね。

ジョー母さん、ファイト!!
Posted by emi at 2010年08月29日 23:52
おはようございます。ジョー君のことほっておけない!!!わかります。私も同じです。今はもうなくなってしまったプーちゃんですが、朝晩の散歩。時には夜中の散歩もしました。今でも夫の理解はありません。そこが悲しいことです。今は家の中に老にゃんがいます。今は元気ですが、、、帰りが遅くなると心配です。外猫の2匹の猫は、基本野良ちゃんなので帰りが遅いと自分たちで餌の調達に出かけています(^^;虫や鳥の残骸が、、、、、、
外泊は、ほとんどしたことがありません。(今年2月に怪我で入院しましたが、心配で2泊で退院しました)
ジョー母さん、ジョー君からたくさんの愛をもらっていますね。楽しんで、ジョー君との日常を送ってくださいね♪
Posted by れんこ at 2010年08月30日 09:58
ランチイワさん

コメントありがとうございます。
ご夫婦で共感していただき ありがたさでいっぱいです。
この コメントを読みながら はらはらと涙がこぼれて仕方がありませんでした。
蘭ちゃんは ジョーよりもお世話をする時間が多いことと思います。
ご夫婦で 力を合わせて蘭ちゃんと暮らしている様子。
そして それを幸せなこととおっしゃっている。
心強い共感者の言葉に 胸がすっきりし また 心が洗われる思いです。
本当に ありがとうございました。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年08月30日 10:25
emiさん ありがとう!

なんというか・・・
この子達は 幾つになっても純真無垢な精神は 変わらない。
ひたすら 私たちを慕い 暖かい心で接してくれる。
その子の お世話をする・・・
ということは 義務でもなんでもなく 心の底から湧き出るもの。
そういうことに 気づきました。

このことに 共感していただくことが これほどまでに心が洗われることとは思いませんでした。

自分が 自分に正直であろうとしてきたことが 間違いではなかった・・
と 感じました。
ありがとう!
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年08月30日 10:31
れんこさん ありがとう!

わかります。私も同じです。
このことばに 何ともいえない癒しのニュアンスを感じました。
今まで あたりまえのこととしてやってきたことですが 改めて思ってみると 同じ境遇の人でなければわからないことだったのですよね。
家族の中でさえ 思い方は違うかもしれませんね。

幸い ジョーに対して 夫と私では 役割分担していて 男性と女性の感じ方の違い・・ ってことはあるでしょうが 思いは同じ気がしています。
このことは かなり重要なことなんでしょうね。

れんこさん プーちゃんとの思い出は 宝物のようでしょうね。
その思い 私も よーくわかりますよ。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年08月30日 10:41
ジョー母さんへ
れんこです。昨日一晩ジョー君のことが頭から離れず、、、(ブログが見られない状態だったんです。連絡先はわからないし私のブログは閉じてしまったし、、、、)で、今回メールアドレスを入れました。ぜひご連絡下さい。よろしくお願いします。
Posted by nanapu at 2010年08月31日 09:31
れんこさん こんにちは。

メール 送りました。
お返事待ってますね!
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年08月31日 15:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
「言いずらいんだけど・・」
    コメント(9)