2010年10月19日

名もなきもの

世の中の 名もなきものの中には
美しいものが たくさんある。











母ちゃんは 草 と呼ばれる
そこいらに咲いている 花を

庭から摘んできて 飾るのが好きだ。










「自然のものって どうしてこんなにも
バランスがいいんだろうね・・」

「ただ チャチャッとさしただけなのに
様になっちゃうんだものね」









とくに この花。












庭の 隅のほうにひっそり咲いている。

去年までは 見ても通り過ぎていた
名もなき花。

花の名前はあるのだろうけど










この バラ のように
誰もが知っているものではない。

ただの草 と 思われている
ひそやかな 花だ。










だけど 自然体で
実に バランスがとれている。

母ちゃん 今年は そこに目がいっている。

オレの命と 面と向き合っているからかもしれない。
人知れず生きている命を いとおしく思う。






そして
人間も そうだ。

一人ひとりには 名前があるけど
ほとんどが ひっそりと生きている。

誰もが知っている 有名人は
ほんの一握りの人間だけだ。

だけど それぞれが 自分の境遇のなかで
懸命に生きている。



職場の環境と 闘っている者。

子育てで 闘っている者。

生活を立て直すために 闘っている者。

毎日押し寄せる ストレスと 闘っている者。

そして 自分と 闘っている者。

みんな みんな 美しいんだ。

栄光を 体験するために 生きているんだ。

名前も知らない この花を
母ちゃんが 抱えてきて 花瓶にさして めでているように

人間にも そっと見守っている存在がいる。

大きく ゆっくり 深呼吸をしてみろよ
目には見えなくとも 大いなるものに守られていることを

感じられるだろう・・・



またな!!!


同じカテゴリー()の記事画像
死んだらどうなる・最終章
続・死んだらどうなる
死んだらどうなる
イノシシ その後
発信(良い種を)
イノシシ
同じカテゴリー()の記事
 死んだらどうなる・最終章 (2011-05-17 15:05)
 続・死んだらどうなる (2011-05-04 01:02)
 死んだらどうなる (2011-05-01 22:36)
 イノシシ その後 (2011-01-27 19:54)
 発信(良い種を) (2011-01-24 20:44)
 イノシシ (2011-01-22 14:47)
Posted by ジョー母 at 22:17│Comments(8)
この記事へのコメント
こんばんは。

本当にその通りですよね。
ジョーちゃんの語り、いつも改めて考えさせられる事ばかりです。

ピンクの花、実家に行くといっぱい咲いてます。
草と思っていたので、特に気にした事もありませんでしたけれど
まとめて活けると綺麗なんですね。
ジョーちゃんとお花とってもいい感じです。
Posted by ラビィ母 at 2010年10月19日 22:45
ラビィ母さん こんばんは。

私も 今年は特別 こういう何でもないような花に惹かれます。
ジョーが弱ってきていることと 関係しているのかもしれません。

ボクサー犬と花って 意外と合うんですよね。
このピンクの花 まとめてみたらいい感じなんです。
面白いものです・・・
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年10月19日 23:13
こんばんは。少しづつ寒くなってきましたね。

画像のピンクの粒粒のヤツは「たで」ですね。
蓼食う虫も好き好きのあれです。
確かにあまり虫に食われてないですよね。
子供の頃は、これをほぐしておままごとのお赤飯に使ってました。
当時は「赤まんま」って呼んでたけど。(笑)

飾るために育てられたお花も、それは綺麗だけれど、
道端に咲くさもない花は、自然というものを思うきっかけを与えてくれているように感じます。
Posted by ema at 2010年10月20日 17:17
ピンクの花 花瓶に挿すといい感じになりますね。
私も自然に咲いている花が好きです。
花壇に整列して植えてある花より
山や野に咲く花のほうがいいですね。

ジョーちゃんもピンクの花とカッコよく写ってますね。^^;
Posted by レオンレオン at 2010年10月20日 19:01
emaさん こんばんは。

あのピンクの花が 「たで」 って言うんですか。
まったく知りませんでした。

草 と呼ばれる花々は 自然と言うものに目を向けるきっかけを与えてくれているのかもしれませんね。
色も ピンクや黄色や白に青 鮮やかですものね。
こういう何気ないものたちに目を向けるようになれて 幸せに思います。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年10月20日 23:07
レオンさん こんばんは。

レオンさんの写真が 自然が大好き と言っています。
人の手が加わっていない所が 魅力なのかもしれませんね。
時間が取れたら 山に入ってもっと大きな木や草を探して ダイナミックに花瓶に飾ってみたいものです。

ジョーと花 意外とあっていますよね!
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年10月20日 23:12
自然の野草は、特に秋は、「ものの哀れ」が感じられます。それは仰られうおうにな「名もなきもの」を秋の野にみたとき、特に冬に移りゆく季節に感じられます。しかし現代では「ものの哀れ」は死語になってしましました。日本人としてその感性は残しておきたいものです。
Posted by Lilaパパ at 2010年10月21日 09:39
Lilaパパさん こんにちは。

たしかに・・・
秋は 太陽が沈むのも早くなるし 寒さに向かっていく心細さも伴って 植物が枯れていく ものの哀れを感じる季節ですね。
そのことが ジョーと重なってしまうのかもしれません。
だから 今年は特別に秋の草花に心を惹かれるのかもしれません。

まったく    日本人の感性ですね。
その感性を持ち合わせていることが うれしいです。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年10月21日 14:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
名もなきもの
    コメント(8)