2010年11月22日

こころ

父ちゃんと母ちゃんが オレを選ぶとき・・
ボクサー犬 という犬種を選ぶとき

いろいろな資料を参考にしたり
名犬牧場というようなところも 廻った。

いろんな犬種が載っている 雑誌もたくさん 見てみた。

その中から ボクサー犬 という犬種を選んだんだ。
それも 二人とも一致した。

このことは 前にも話したな。
「なんでボクサー犬?」http://jyokaisou.gunmablog.net/e89353.html

何冊かの雑誌には
ボクサー犬の寿命は 8~9歳と書いてあった。

父ちゃんも母ちゃんも 10歳まで生きてくれればなぁ
と 考えていたんだ。

それが 来年1月で12歳になる。
オレ自身も よく生きてきたなぁ・・・

と この頃思う。

母ちゃん この頃思うんだ。
オレと暮らしたからこそ受け取ったものがある・・・

とな。

オレから受け取った多くのことがら。
一口には言えない さまざまなこと。

そのことを思うとき 胸が熱くなる。
心のそこから 暖かいものがこみ上げてくる。

ペットと暮らす人間は みな感じることなんだろうな。
オレの家族も 感じている。

オレが 一生の間に発信し続けていることがら。
たとえ その一生が短かかったとしても 同じことだ。

人間の 心の奥底にじわじわと染み入るエッセンス。
それは オレの命から発するエッセンスだ。

それが 父ちゃん母ちゃんの心に届く。
暖かく 熱く 切なく 心に届く。

そして それが オレの語りを通して
たくさんの人たちの 心に届くんだ。

その心が また オレと母ちゃんに帰ってくる。

蘭が使っていた車椅子として・・・
emaさんが教えてくれた ポリスドッグシューズとして・・・

コメントをくれる人たちの 暖かく心強いメッセージとして・・・
声こそは出さないけど 語りを聞きにきてくれて応援してくれている 見えないメッセージとして・・・

心が・・・・
届いている。

この頃の オレと母ちゃんには
そのことが ひとしお 心に染み入るんだ。

ありがたいんだ。

母ちゃん うれしいことに対して 涙もろくなっている。

心のやりとりは
もとは 命から発信されている!


またな!!!

同じカテゴリー()の記事画像
死んだらどうなる・最終章
続・死んだらどうなる
死んだらどうなる
イノシシ その後
発信(良い種を)
イノシシ
同じカテゴリー()の記事
 死んだらどうなる・最終章 (2011-05-17 15:05)
 続・死んだらどうなる (2011-05-04 01:02)
 死んだらどうなる (2011-05-01 22:36)
 イノシシ その後 (2011-01-27 19:54)
 発信(良い種を) (2011-01-24 20:44)
 イノシシ (2011-01-22 14:47)
Posted by ジョー母 at 20:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
こころ
    コメント(0)