2011年01月17日

報告・危機一髪

結局 オレ 病院へ連れて行ってもらったんだ。

話せば 長い話だな。

常日頃から 父ちゃんと母ちゃんで話している。
オレは なるべく自然に育てよう・・ とな。

だから 虚勢手術もしなかった。
洋服も 着せなかった。

可能な限り リードもしなかった。
病院も 切羽つまらないと頼らなかった。

今は 洋服も着ているし オムツもしている。
おしっこは採ってもらっているし 薬も飲んでいる。

オレを 苦しませないように 痛くないように と 思った結果 今のようなことになっているんだ。

今回のことも 昼に 父ちゃんと母ちゃんで話していた。

「痛くも苦しくもないんだから そっとしておいてあげよう・・・」

そのまま二人とも 休み明けの仕事をこなしていた。
だけど 母ちゃんは オレのことが気になっていた。

父ちゃんは 外に出てしまうから オレのことが見えないけど
母ちゃんは 仕事の合間に ひっきりなしにオレの様子を見に来ていた。

このまま 枯れていくんだろうか・・
そんなことを思いながら 忙しさに心をとらわれていた。

でも 不安でな 落ち着かなくてな・・
合間を見ては オレの語りを作成していたんだ。

投稿が済んで しばらくたって語りを確認すると
emiさんのコメントが入っていた。

「病院の先生に 相談してみたら?」

それを見たとたん 母ちゃん ハッと頭が整理されたんだ。
それまでは 仕事に集中しなければならないし

頭の中が 中途半端だった。
我に返った という感じかな?

病院に電話をした。

オレの 今の状態を看護師さんに告げて
先生の指示を 待った。

オレの眼球は 左右に細かく動いていた。
首も 片方へ傾いている状態だった。

それが チックのように見えたんだ。

「それは 頭の中の問題かもしれません。 連れてきてください 治療できるかもしれません。」
と 言うことだった。

母ちゃん それからはてきぱきと頭が働いてな
オレを病院へ連れて行くことが 具体的になった。

あの時間では 父ちゃんが一緒に行くことは無理だった。
一人で行っても大丈夫か と 病院に確認したら 大丈夫ということになった。  

「老犬によく見られる病気で 脳の一部が出血か梗塞を起こしているのだと思います」

「CTがある病院へ行って検査できればいいんですけど 今は推測でしか言えませんが 私がみた多くのワンコは この状態で来て 注射で全員治っています」

「2~3回続けてうっていただくことになりますが 元のようになるとおもいます」
「このまま固まったら 動けない状態になります」

「今なら まだ大丈夫です」
すぐに 注射をしてもらった。

看護師さん 二人がかりで
オレを抱いて 車の乗り降りを手伝ってくれた。

病院から帰ってきて いつものストーブの前に横たわった。
父ちゃんに おしっこを採ってもらった。

ご飯もミルクも まだオレ 入らない状態だった。
薬だけは パンに入れてもらって かろうじて食べた。

明日になれば また状況も変わっているかもしれない。

とにかく 母ちゃんがホッとして 燗酒を飲める心境になった。
昨日は 飲む気にならなかったんだものな。

今 遅い夕飯を食べながら オレの語りをしているんだ。

思い返せば 母ちゃん とるものもとりあえず 病院へ出かけたからな

どんな髪型か どんな顔か も 確かめもせずに 父ちゃんに オレを車に乗せてもらって 出発したんだ。

もちろん カメラを持っていくことは眼中になかった。

無我夢中で 先生に診てもらって 清算するときになって ハッと気づいたら

上着のボタンを締めないものだから 腹回りが 丸見えでな

結局 バカボンパパのトレードマークのような腹巻が まるで見えていたんだ。

母ちゃんのお気に入りの腹巻で トルマリン入りのものでな 色が薄茶色のものなんだ。

かなり ダサい支度だったぞ。 

今までも 何度も 無我夢中で病院へ行っているから そんな格好を 先生も看護師さんも見慣れているだろう。

まぁ いいやな。

今日は そういう訳で emiさんのおかげで 危機一髪のところ 病院へ行って治療をすることが出来たんだ。

emiさん ありがとう。
この場を借りて 礼を言うぞ。

姉ちゃんも 語りを見て 驚いてメールをくれたんだけど まだ返事をしていない。
姉ちゃん そういうわけだぞ。

今日は 
またな!!!

同じカテゴリー(医者嫌い)の記事画像
報告・注射3回目
報告・注射2回目
今日の報告
報告
行ってきたぞ 膀胱洗浄
抵抗力が落ちると
同じカテゴリー(医者嫌い)の記事
 報告・注射3回目 (2011-01-19 22:48)
 報告・注射2回目 (2011-01-18 22:41)
 今日の報告 (2010-12-21 23:18)
 報告 (2010-12-14 16:20)
 行ってきたぞ 膀胱洗浄 (2010-12-06 22:07)
 抵抗力が落ちると (2010-11-25 22:16)
この記事へのコメント
病院に連れて行ったんですね。
前の語りを読んで、どうなったか気になってました。
危機一髪だったなんて・・・治療が出来て良かったですね。
夢中になると、格好なんて気にしてられませんよね。
Posted by ラビィはは at 2011年01月17日 23:18
前の語りを見ないでこちらの語りを先に見たから今ビックリしてしまいましたぁ
本当に危機一髪でしたねとりあえずお注射打ってもらって一安心ですね

明日には更に症状がよくなってますように
Posted by さえ at 2011年01月17日 23:24
大変でしたね。
病院の見立てが的中していて、治りますように!

出血か梗塞ですか。
ジョー君長時間寝ているようですけど、ずっと同じ姿勢だったりするのでしょうか?
もしかして、エコノミー症候群のようなものの可能性もあるかも知れませんね。
どんなに深く眠っていても ある程度の時間が経ったら、姿勢を変えさせたり
寝返りをうたせた方が良いかも知れません。
寝ていても自分で姿勢を変えられるのだったら問題無いですけどね。

とにかく治りますように、祈っています。
Posted by emi at 2011年01月18日 01:07
前のブログ読んで、「ジョー大分悪いな」と気にかけてました。Emiさんのコメント読んで、そうされるいいなと思ってましたが、そうされたのですね。大変だったことがよく窺えます。ジョーの獣医さんなかなか名医のようですね。適切な処置で少しでも楽になるように願ってます。

ジョー自然児(犬)だったのですか。これは私のポリシーと一致します。犬は野山で獲物を追って、獲物を捕ってきて、飼主に「よし」と言ってご褒美を貰う時が一番幸せと思ってます。若いころのジョーの写真みると、野原の走りまった幸せな犬の表情です。
Posted by Lilaパパ at 2011年01月18日 10:01
わかりました。
何か神経症状と思えたけど、病院に相談して良かったね!

とりあえずお疲れさまでした。
私もあおばもちょっとホーっとしました。
あおばは心配で何度もジョーちゃんの写真を見せろとパソコンから離れません。
一緒に病院に行くからとばあちゃんに電話しろと騒いでいます。
電話で報告したらパパもなんだか落ち込んでしまったようで、ジョーちゃんのことを優先してねと言っています。
ジョーちゃん、善くなりますように!
Posted by あおちゃんママ at 2011年01月18日 19:08
ラビィははさん こんばんは。

お心配をおかけしました。
まったく 一日遅れていたら もとのようには治らなかったかも知れません。
本当に 良かったです。

人間は 無我夢中になると 自分の状況がつかめなくなるみたいですね。
我に返って 本当に良かったと思います。

いつもありがとうございます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月18日 22:45
さえさん こんばんは。

ご心配を おかけしました。
どうにか 良い方向に向かいそうなので ホッとしています。
この幾日かの間に 急に悪くなったり 上向きになったり・・・
忙しかったです。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月18日 22:47
emiさん こんばんは。
このたびは 大変お世話になり感謝しております。

人間で言えば 脳溢血か 脳梗塞か というところなのでしょう。
まさか 犬が ジョーがそうなるとは 思いもしませんでした。

私も 寝返りをさせるように 意識しております。

emiさんの言う エコノミー症候群 ということで思い当たることがあります。
まだ カテーテルを縫い付けている頃 右側に縫い付けてあったので 左を下にする状態が続いていました。
私は それがとても気になっていたのですが そのときの影響もあるかな と思いました。

今は クダが取れてフリーになったので 意識して下になるほうは変えるようにしています。
これからも よろしくお願いします。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月18日 22:54
Lilaパパさん こんばんは。
大変ご心配をおかけしました。

すんでのところで気が付いて 病院へ連れて行って本当に良かったです。
周りの皆さんが気づいていて 当の本人が気づかない ということはよくあることですよね。
この 語りの場があることは 本当にありがたいことです。

我が家も ナチュラルに が 私たち夫婦のポリシーです。
それを押し通せない場面も ありますが 心の中にはいつも核として置いています。

これからも よろしくお願いします。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月18日 22:59
あおちゃんママ こんばんは。
ご心配をかけましたね。

そういうわけで とりあえず一安心です。

ぱぱもあおばも心配してくれていたのですか・・・
思いもかけず うれしいことです。

幸い 虎ちゃんたちが応援に来てくれて 二人でどうにか車に乗せる事が出来ました。
明日も来てくれるそうで どうにかなりそうです。
父を待っているより 昼間の明るいうちに応援してもらって 病院へ行ってきてしまうほうが楽なので そうします。

パパとあおばによろしく伝えてください。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月18日 23:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
報告・危機一髪
    コメント(10)