2011年01月23日

「ジョー君 どうしました~?」

今日 オレが まだ 奥の部屋で寝ているとき
近所の人が 用事があって来た。

ほれ 三左路のところの 石垣の上の家の人。

「ジョー君 どうしましたか?」
「しばらく 見えないけど・・」

「もう 歩けなくなっちゃって・・・」
「今 病院のお世話になっているんだよ・・」



「えー? そうなんだ・・」
「しばらく 車椅子で通らないから どうしたかと思っていたんだけど・・」

「まえ足が弱くなっちゃって そのあと脳の病気になっちゃって・・・」
「もう 車椅子は無理みたい」

「つい この間まで 元気で歩いていたのにねぇ・・」

「そう・・ 寂しいんよ・・・」

そんな会話をするたびに オレの現実に
母ちゃん 改めて 気づかされる。


若い頃は 36キロ前後あった体重も
病院で測ったら 26.6キロだった。

背骨は ゴツゴツと出っ張っているし
お尻の肉は 削げ落ちて 骨と皮ばかり。

父ちゃんも 母ちゃんも 
日に日にやせ細っていく オレの下半身を飲み込んで

オレの世話をしている。

今日は 午前中から ストーブのそばに
連れてきてもらったんだ。


首が まだ 傾いたままだけど
少し元気になった証拠だな。

家族のそばで 一日過ごした。

今日は これで 

またな!!!

同じカテゴリー(日常)の記事画像
ちょっとしたこと
ポーッとしていたら・・・
ご飯が食べられない
暮らし
準備
「ジョーちゃん すごいよ!」
同じカテゴリー(日常)の記事
 ちょっとしたこと (2011-04-27 16:44)
 ポーッとしていたら・・・ (2011-04-20 19:53)
 ご飯が食べられない (2011-04-04 22:20)
 暮らし (2011-03-26 15:27)
 準備 (2011-03-19 21:12)
 「ジョーちゃん すごいよ!」 (2011-03-11 14:21)
Posted by ジョー母 at 19:46│Comments(6)日常
この記事へのコメント
ジョーの語りを聞きながら、私はチッパーを鮮明に思い出しています。
もうすぐ一年になりますが、去年の今頃は、一日一日がとても貴重で、神聖なものでした。
一緒に年を重ねたつもりでも、犬は人間の何倍ものスピードで生きています。
そんなに急がなくていいんだよって。もう少しゆっくり一緒の時間をすごそうよ。って
毎日そんな風に思っていた事が蘇ります。
その時間の中で、犬達が伝えてくれる大切な事。
ジョーも立派に役目をつとめているんですね。
近頃じゃ、ソレイユさんもうんこをするのに一苦労です。
時々指で勢いをつけてあげないと出せない事も侭あります。
老いるってことはどういう事か。
犬達とともに暮らしていて学ぶ事はたくさんありますね。
今日のジョーも平和でありますように。明日もあさってもその先もずっと。
Posted by ema at 2011年01月24日 09:44
コメントありがとうございました。
プースケとコロちゃんの写真、ジョー母さんに見せたくてアップしたんですよ。
あの頃のプースケは、すっかりおとなしくて、コロちゃんがまとわりついても理解できてない様子でした。最後にいいお友達ができて、うれしかったので、コロちゃんにもご飯をあげて一緒に過ごしていました。その後、ミーちゃんが来るようになって、コロスケは、事故でなくなりました、、、、。ミーちゃんにご飯をあげているのもコロスケの妹かな?と思ってのことでした。話が長くなるので、やめますけど、今ミーちゃんとハナちゃん(外猫)を飼っているのもプースケとコロちゃんのことがあったからだということかな(^^)
ジョー君の様子がプースケに似ていたので、ちょっとあの頃を振り返ってみたりしています。
Posted by nanapu at 2011年01月24日 10:46
体重が10キロ近くおちたんですね筋肉が落ちたから仕方ないですよねでも痩せて骨っぽくなった所をみるとやはし泣けて来ますよね
前に飼っていたワンコが最後細くなって来てしまってそれとは裏腹に目はまだまだあどけなくてそのギャップに余計切なくなってしまった事がありました

&確かにたまに来る近所の方とかはいつ来てもここの家は元気なワンコがいる
ってイメージで来るからうちらにとって久々に来るとワンコの世界ではすごい時間がたってるんですよねぇ…
Posted by さえ at 2011年01月24日 14:47
emaさん こんばんは。

私は チッパーについてあまり知りません。
ジョーのように 介護が必要な子だったのでしょうね。

今日の語りで 発信しようと思っているのですが この語りをみて自分と重ねる人がかなりいるのではないかと思います。
emaさんも そのお一人だったのですね。
介護 と一口に言っても目に見えないさまざまなことがありますね。
そんなことを思い出しておられる方もいらっしゃるかもしれません。

ソレイユさんも もう だいぶお歳のようですから そろそろ介護をしたりされたりすることになるのかもしれませんね。
ジョーを介護するようになって 元気な頃とは違った触れ合いになってきています。
emaさんの表現する 神聖という言葉があっているようです。
とても貴重な日々です。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月24日 18:48
nanapuさん こんばんは。

プースケの写真アップ ありがとうございました。
なぜだかわからないけど あのプースケを見ていて 涙があふれてきました。
ジョーと重なったからなのでしょうか?
自分でも よくわかりません。
とにかく プースケを愛おしいと思ったのです。

人間とは 不思議なものですね。
見ず知らずの人と文章でやりとりして 見ず知らずのワンコの写真に感動の涙を流す。
人間とは すばらしい生き物ですね!
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月24日 18:52
さえさん こんばんは。

おっしゃるとおり ジョーも やせてやつれていくのにその目は澄んでいてあどけないんです。
それって 言葉には言い表せない感情ですよね。

そんな思いを この語りで思い返しておられる人がたくさんいるのかもしれません。
今日は そのことについて発信してみようと思っています。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年01月24日 18:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
「ジョー君 どうしました~?」
    コメント(6)