2011年02月24日

オカリナの音と共に

昨日 銀行の人が来た。

たまたま 母ちゃんがクラシックのCDを聴いていた。

「いい音楽が流れていますね」

「あぁ・・ これは 言葉がないから 聴いていると休まるんです」

「そうですね・・」
「私も たまにクラシックを聴きます」

「でも ほとんどは ジャズです」

なんて 話が始まった。

その人は うちに来るようになって
かれこれ 1年がたつと思うんだ。

でも 音楽の話は一度も出なかったんだ。
そのうち 楽器の話が始まってな

「私も 何か一つ 演奏できるようになりたいんです」
「そのうちね・・」

母ちゃんが 言った。
「私 もう何年も前に 宗次郎のオカリナの演奏を 高崎に聴きに行ったことがあります」

「その演奏を聴いて オカリナを習いたくなりました」

なんて話をしたんだ。

それまでは ただの銀行の人だったのに
音楽の話で 急に親しくなったような気がしたんだ。

そして今日 その人が再び来た。
もちろん 銀行の用事があって来たんだけど

帰り際に 封筒に入れた宗次朗のCDを
母ちゃんに 渡した。



「これ 古いけど もう聴かないので差し上げます・・」

「えー? ありがとうございます・・」

思いがけないことに 母ちゃん 
うれしくて 感激したんだ。

さっそく 聴き始めた。

コタツの周りに居た オレを
毛布ごと引きずって 音楽が聞こえる所まで連れてきてくれた。

風に乗って 聞こえてくるような
オカリナの調べ。

突然・・・
本当に 突然・・・

この写真を撮るために カメラをのぞいた瞬間
オカリナの音と共に 抑えきれない感情があふれ出てきた。

涙が 次から次へとあふれ出て
とめることができなかった。

いつもは当たり前だと思っていた オレの姿。
その姿が 突然 涙をさそったんだ。

押し寄せるように襲ってくる 切ない思い。



そのうち やせ細ったあの子の姿・・
emiさんのブログに載っていた ぼーちゃんの姿・・

そんなものが 次から次へと頭によぎり
悲しみが 最高潮に達した。

”えーい 泣いてしまえ!”

宗次朗の演奏は 母ちゃんの感情の
最高の伴奏者だった。



そのうち 思いがけず 風のようにCDを置いていった人。
オレの背中につけてある 病気平癒のお守りをくれた人。

(ぼやけちゃったけど 帝釈天のお守りなんだ)

オレと母ちゃんを 励まし続けてくれている
語りにきてくれている 大勢の人たち。

今度は そんな人たちの 優しさを思って
涙は 止め処もなく 後から後から流れてきた。

久しぶりに たくさん泣いた。
すっきりしたんだ。


宗次朗の 12曲が終わる頃は
母ちゃんと 一緒に鳴き始めたオレに

「ジョーちゃん なに鳴いてるん」
「せっかく お母さんが音楽聞かせてあげようと思ったのに・・」

なんて オレを怒ったりしていた。

人間の感情は 生きているんだな。
たまっていた もろもろの感情が

音楽の力を借りて 外に出てきたんだな。
内に潜んでいた感情は 外に出てきたかったんだ。

母ちゃん 今日は ずいぶんすっきりしたぞ。

今日は 母ちゃんが オレのおしっこを採った話を語ろうと思ったんだけど 思いがけない展開があったのでな その話をしてしまった。

おしっこを採った話は この次な。


またな!!!

同じカテゴリー()の記事画像
心のやりとり
兄ちゃん 仙台へ
コメントのこと
がんばる めいっこ
地震のこと
なごむ
同じカテゴリー()の記事
 心のやりとり (2011-03-28 23:21)
 兄ちゃん 仙台へ (2011-03-19 16:39)
 コメントのこと (2011-03-17 23:46)
 がんばる めいっこ (2011-03-15 15:35)
 地震のこと (2011-03-12 23:24)
 なごむ (2011-03-09 22:14)
Posted by ジョー母 at 20:17│Comments(6)
この記事へのコメント
溜めるのはお金だけでいいってことですね(笑)
泣いてすっきりすると次を頑張る事が出来るので、
私は泣く事が嫌いではありません。
すっきりして、また歩き出そうと思えます。
ガス抜き、私もそろそろかなぁ??(笑)
Posted by ema at 2011年02月25日 07:22
何でも体に溜め込むという事は良くないですからね。
嗚咽を伴った号泣の後ってホーントすっきりしますし

宗次郎のオカリナは私も昔から大好きです。
心が洗われるというか、何と表現したらいいのやら。。
今春に大宮でリサイタルがあるそう。聴きに行きたくなりました。

ジョーちゃん、今日はポカポカの日向ぼっこ日和だよ
Posted by 影丸ハハ at 2011年02月25日 11:04
ビジネスの世界でよく感じるのは、音楽、絵画、文学など芸術の話をすると空気が変わる。フルートを吹くと次元が変わる。そしていい雰囲気を運んでくれて、ビジネスもうまくいくものです。私は多趣味なので、「あの人本当に仕事しているの?」と思われている節もありますが、要は時間を先取りすれば、たくさん趣味の時間に使えます。時間は魔物で人を食います。食われる前に、時間を先食いすることは私の秘訣です。フルートをやっているので、大体笛類ならなんでも吹けますが、オカリナを吹いたことがないので、一度やってみます。そうそう、中部ボクサーの寄合で、フルートを吹いたのですが、ワンちゃんたちがハモリだし、大合唱になったことが思い出されます。皆とてもビックリしてました。
Posted by Lilaパパ at 2011年02月25日 13:55
emaさん こんばんは。

まったく ガス抜き 必要だなぁ と思います。
この日の場合は まったく突然にガス抜きの態勢に入ってしまいました。

今は とってもすっきりしています。
毒ガスが 抜けたのでしょうか・・・
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年02月25日 19:25
影丸ハハさん こんばんは。

やっぱり 経験があるのですね。
今は 本当にすっきりしています。
きっと また 溜まってきてガス抜きが必要になるのでしょうけど そうしたら また抜けばいいんですよね。

10年ぶりくらいに聴いた オカリナの音色は心に染み渡りました。
そうですか 大宮でリサイタル ありますか。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年02月25日 19:29
Lilaパパさん こんばんは。

時間は魔物で 人を食う・・・
面白い表現ですが わかる気がします。
時間の先取り 詳しく聞きたい思いです。
私は どうもそれが下手なのかもしれません。
いつも 時間に追われているような感覚でいるのです。

その中でも 家にいながら芸術に触れられるのが 音楽を聴くということですね。
私にとって 音楽を聴くことは大きな安らぎです。
そのうち 演奏もしてみたいものです。
Lilaパパさんがフルートを吹いて 犬たちを合唱させたように・・・
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年02月25日 19:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
オカリナの音と共に
    コメント(6)