2011年03月07日

介護について


これ 今日の オレとばあちゃん。
相変わらず 二人して寝ているところだ。

だんだんの妹が これと同じシチュエーションの
前の写真を見て

「ジョー君が ちゃんと布団をかけて寝ているのに
おばあさんが つぶっこで寝ているところが おかしくって・・・」

と 言っていた。

なるほど。

子ぐまさんの愛犬
去年 死んでしまった シンディが

使っていた ハーネス。

オレが 借りて使っている。

具合がいいんだ。




移動するときは ハーネスの前と 
後ろ足の 持ち手を持って

ゆっくりオレを立たせて 移動する。

後ろ足は もちろん 踏ん張れない。
前足も ほとんど 踏ん張れない。

だけど 後ろを吊り上げてもらって
前足のハーネスで 補助してもらうと

どうにか 移動できるんだ。

オレが 移動したり 寝返りをうったりするのに 無くてはならないものなんだ。

シンディは 左前足を骨肉腫に冒され
痛みを避けるために 断脚したんだ。

1年間 癌と闘って 最後は肺に転移して
天国に旅立った。

3本足で 最後の最後まで
笑顔で散歩を し通して 逝ったんだ。

子ぐまさんは こういう選択もある
ということを 伝えたいと言っている。

それから これは 歩行の補助ベルト。

子ぐまさんの 今の相棒の べんをモデルにして
写真を撮って 送ってくれた。

母ちゃん ひと通り オレに着けさせて
感触を見てみたんだ。

どれも しっかりできていて安定感がある。




小柄な母ちゃんが これと同じに 
オレを抱えることができた。

そのときの用途によって 使い分けていこうと思っている。







オレの語りは 今まさに 介護をしている人たちも
たくさん見てくれている。

母ちゃんは オレの介護の様子を 
できる限り 詳しく載せようと思っている。

それから 介護をしている人たちの
心にも 寄り添っていきたいと思っている。

ともすると 孤独になりがちな 介護。

きれいごとだけでは済まないものが あるからな。

幸い オレの介護は 父ちゃんと二人で 分かち合いながらしている。

姉ちゃんや兄ちゃんや 奥さん それに ばあちゃんもいる。

そして この語りに来てくれている大勢の人たちが 大きな支えになっている。

母ちゃん一人だけでは
とてもとても 辛い思いが大きかったと思う。

もしも 辛い思いの人がいたら
どうか コメントでもメッセージでも 寄せて欲しい。

できれば みんなで分かち合えれば
辛さが 半減する。

本当なんだ。

母ちゃん 以前は そんなこと思いもしなかったんだけど
これは 体験してみてわかることなんだなぁ。

それに 経験者が伝えてくれる
情報と メッセージは どれだけ役に立つか知れないぞ。

おせっかいな母ちゃんの 大きなお世話かもしれないけど・・・

この チワワとオカメインコの おかしなツーショットについては あとで紹介するな。

今日は いったん 振り返りを中断して 控えていた話題を語った。

振り返りも もう あと少しで現在のところまで来たんだけど そこにきて少し中断したくなった。

なんで あんなに 振り返りを続けたかったんだ?
そして なんで ここに来て中断したくなったんだ?


またな!!!

同じカテゴリー(介護)の記事画像
試行錯誤
寝返り
マグネループ
母ちゃん オレのおしっこを採る
柔道の技
マッサージ
同じカテゴリー(介護)の記事
 試行錯誤 (2011-04-03 16:56)
 寝返り (2011-03-30 23:43)
 マグネループ (2011-03-10 19:59)
 母ちゃん オレのおしっこを採る (2011-02-25 19:01)
 柔道の技 (2011-02-06 22:54)
 マッサージ (2011-02-02 16:23)
Posted by ジョー母 at 15:07│Comments(2)介護
この記事へのコメント
楽しんで、慈しんで、感謝して、私もそういう介護をして行きます。
たくさんの愛を全力で注いでくれる犬達への感謝は、強く感じます。私も犬達に負けない位の愛を…。
Posted by ema at 2011年03月08日 10:38
emaさん こんにちは。

元気な頃のジョーとの間柄とは 明らかに違ってきています。
私の生活も まったく違ってきています。
この今の時間を 楽しんで 慈しんで 感謝して過ごせるのも 家族と 応援してくださる皆様のおかげと 思っています。

今 すぐそばで聞こえるジョーの寝息に 安らぎを感じています。
いつもありがとうございます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2011年03月08日 16:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
介護について
    コメント(2)