2009年11月22日

続・その後

昨日な 母ちゃんが オレの事について
「私たちのことは わかってるよね。」
と 父ちゃんに言うと
「うーむ・・・・」
と うなってるんだ。

冗談じゃないぜ 父ちゃんと母ちゃんのことがわからなくなるなんてことは 絶対にないからな。

”オレ対策”が いろいろ始まった。
母ちゃんは 姉ちゃんに頼んで 介護用のオムツを 買ってきてもらっていた。

おしっこが 間に合わないことが 頻繁だったからな。

父ちゃんは父ちゃんで オレを どこに寝させるかを あれこれ考えている。

だけど おしっこは 水の管理だけで 大丈夫みたいなんだ。
夕べは 朝まで一度も起きないで 寝られた。

母ちゃんは オレを じっとみては 触ってくるんだ。
今朝は オレを抱きしめて 泣くんだぜ。     (まだ 昨日のショックから 抜け出せないようだな。)

母ちゃんは どんなときも そうやって 感情を溜め込まないようにしてきたんだ。

悲しみ 怒りは なるべく早く 外に出すんだ。
そうすると ワンステップ前に進める。

きっと明日からは 元の通りの母ちゃんに 戻る。

昔の母ちゃんは いつまでも引きずっていた。
今は 感情の処理がうまくなって 切り替えができるようになったんだな。

ほれ、 前に話した すぐ下の妹のことのときみたいにな。
自分の感情に 
「さあ! 出てきていいんだよ。 出ておいで!!」
と 意識して呼びかけるんだ。

そして ぶつぶつと 時には ぎゃぁぎゃぁと 悪態をつく。
あるときには おいおいと泣くんだ。

最初は意識してでも そのうち自然にあふれでてくる。
出して出して 出しまくるんだ。

悪態は 怒りの対象に向かって じゃぁなくていいんだ。
紙に書き出してもいい。
誰か わかってくれるひとでもいい。
天に向かってでもいいんだ。

母ちゃんは 誰にも何にも向かわない。
独り言のように 悪態をつくな・・・・

悲しいときは オレに訴えることが多いかな・・・・

オレの体温は 人の心を癒すのに ちょうどいいみたいなんだな。

そして 感情に決着をつけて 次へ進むんだ。
その繰り返しで 人は たくましくなっていくんだぜ。


またな!!!

同じカテゴリー(日常)の記事画像
ちょっとしたこと
ポーッとしていたら・・・
ご飯が食べられない
暮らし
準備
「ジョーちゃん すごいよ!」
同じカテゴリー(日常)の記事
 ちょっとしたこと (2011-04-27 16:44)
 ポーッとしていたら・・・ (2011-04-20 19:53)
 ご飯が食べられない (2011-04-04 22:20)
 暮らし (2011-03-26 15:27)
 準備 (2011-03-19 21:12)
 「ジョーちゃん すごいよ!」 (2011-03-11 14:21)
Posted by ジョー母 at 23:09│Comments(4)日常
この記事へのコメント
ジョー母姉さんこんばんは。
今日も仕事が終了です。今お風呂から出てきました。
今日のブログ・・ ジョー母姉さんの気持ちを思うとせつなくなります。
でも、きっと明日には元の母ちゃんになってるんだよね。
私たちから見ても、ジョー君は本当に幸せだと思います。
Posted by ayachan at 2009年11月22日 23:55
ボクサー犬の体温って、あったかくて良いですよね。
私も、よくラビィにベタベタしちゃいます。

ジョー母さんの記事、何度読んでも本当に切なくなります。
ジョー君、頑張れ
母さんも頑張れ・・・
Posted by ラビィはは at 2009年11月23日 00:06
ayachanへ
そばやのママさん業 ご苦労様でした。
忙しくて大変だろうけど 反面 商売繁盛を祈っている 私たちは 安心してしまいます。
ただ 体はいたわってくださいね。

ジョーのこと あまりにも急な展開で 整理つるけるのに 少し混乱を伴ったけど、 皆さんからの励ましで 勇気をもらっています。

ブログの力に 新たな驚きを感じています。
いつもありがとう。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2009年11月23日 08:47
ラビィははさんへ

いつもありがとうございます。
妹にも書きましたが まったく知らない人達から これほど励まされるとは 思いもしませんでした。
まだ ブログをはじめてからいくらも経っていないのに 皆さんの存在が 大きな励ましになっている事実を考えると、 やはり偶然ではないつながりを感じます。
このためにブログをはじめたんだな・・・・
と 思っています。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2009年11月23日 08:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
続・その後
    コメント(4)