2010年03月02日

泣くな 母ちゃん

前にも話したけどな。
父ちゃんと母ちゃん 仲がいいんだ。

いろんなことを話し合っている。

だけど 長い間の経験で 
”父ちゃんが 仕事のことで頭がいっぱいのときは 話しても 届かないことがある。”

ってことを 知っている。

父ちゃんも兄ちゃんも ここのところずっと そういう状態なんだ。
オレの話も 一通りは話したけれど 深くは話していないんだ。

そこで 母ちゃんはな オレの語りを聞きに来てくれる人に 聞いてもらおうと思っている。
みんなに 甘えようと思っているんだ。

みんな!
そんな訳だから 頼むな!

昨日の散歩はな 最初はいい調子で歩いたんだ。
いつものことだけど 半分くらい歩くと そろそろ よろよろして来るんだ。

マッサージをしたり 休んだりしながら
ゆっくりゆっくり 歩くんだけどな。

昨日は あと4分の1くらいの所へ来たら 何をしても進まなくなってしまったんだ。
いつもの足が 曲がったまま動かない。

オレ 必死で前に進もうと思うんだけどな 3本の足ではグルグル廻るだけで 進まないんだ。
足の裏は 上を向いてしまってな。
足の甲のほうが アスファルトで すれてしまって血が出てくるんだな。

いよいよ駄目だと思った母ちゃんは 今回は本気で オレをおんぶする気になった。

ジョーママさんが 30キロ以上もある 老犬のコロをおぶった話を聞いて 自分もできる!
と思ったんだな。

この間と同じだ。
オレの前にひざまずいて オレをおんぶしようと いろいろやり始めた。

オレ このときも 何をしようとしているのかわからなかった。
だけど 母ちゃん 今度は本気だから 何か気合を入れながら すったもんだやっていた。

オレは 足を引きずりながら 逃げ回ったんだ。
おんぶは やだよ・・・・・

歩くと アスファルトにこすれて 爪の上から血が出てくるし。
しばらくそこで 立ち止まって

”ここへジョーをつないでおいて 家に車を取りに行くか・・・”
なんて考えたりしていた。

だけど 足から血が出ていようが オレは歩き始めちゃったんだ。
母ちゃん あわてて こすらなくても済むように 後ろからオレの足を持ち上げて 歩いたりもしたな。

必死で歩く オレを見て 母ちゃん思った。
”ここまでしても この子は歩きたいのか!”

自然に涙が出てきたんだ。
一心で歩く姿に 心をうたれたんだ。

結局 5mくらい歩くと マッサージ。
その繰り返しで やっと家に着いた。

聞いてくれて ありがとう。
またな!!!


同じカテゴリー(散歩)の記事画像
復活だぁ~!
第1コースへ
今日の散歩と署名活動
今日の散歩・いねむり
散歩・昨日と今日
今日の散歩
同じカテゴリー(散歩)の記事
 復活だぁ~! (2010-12-22 22:34)
 第1コースへ (2010-12-04 16:33)
 今日の散歩と署名活動 (2010-11-26 16:26)
 今日の散歩・いねむり (2010-11-21 22:10)
 散歩・昨日と今日 (2010-11-20 22:01)
 今日の散歩 (2010-11-18 20:50)
Posted by ジョー母 at 20:06│Comments(10)散歩
この記事へのコメント
ジョー君 歩け!
かっこ悪くてもいい 途中でしゃがんでもいい
歩きたいと思ったら 歩け!
それがジョー君の生きるってことなんだよね。

うちのコロもジョーもそうでした。
のろのろだったので 大変だったのでしょう。
でも 散歩に行きたがりました。
ジョー母さん 本当に大変だと思います。

ジョー母さんしっかり!
Posted by ジョーママ at 2010年03月02日 20:39
ジョーママさん
ありがとうございます。
私は ここでのコメントや 目に見えない皆さんの励ましで どんなに支えられているかわかりません。
本当に ありがたく思っています。
勇気が湧いてきます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月02日 20:49
 ジョー母さん、ジョーママさん
気持ちはよくわかります。でも、ジョーは本能で動こうとしているのだと思います。
親としてやめさせるのも親としてのつとめだと思いまです。
気持ちを強く持ってジョーのため頑張って下さい!
ごめんなさい。お二人の気持ちがわかりすぎて!
Posted by ナッセリー母 at 2010年03月02日 21:27
ナッセリー母さん
ありがとうございます。
実の所 私も迷っていました。
本能で歩こうとしている・・
と言われると そのような気もします。
どちらが ジョーにとっていいのか。
ナッセリーさんのアドバイスに 従おうと思います。
やめさせるのも親のつとめですよね。
庭を一回りさせるくらいで 様子を見たいと思います。
本当に ありがとうございます。

ジョーママさんも ありがとうございます。
いつも 心強いコメントに 助けられています。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月02日 22:02
こんばんは。
記事を読んで切なくなりました。

私はラビィが初めての犬なので、詳しい事はわからないのですが
シニア、怪我などで、介護が必要になった犬に
ハニカム胴着とかいうのものがあると聞きました。
洋服のように着せ、背中についた持ち手で
立ったり歩いたりする手助けをするものらしいです。
散歩の時、少しは役に立つのではないかと・・・
実物を見てないので良くわからないのですが。

ジョーちゃん、ジョー母さん頑張って下さいね。
Posted by ラビィはは at 2010年03月02日 23:26
思わず涙ぐんでしまいました。
ジョー母さんと同じ気持ちをわたしも経験したことがあります。

実家で飼っていた柴犬の牡が(まだ2歳だったのに)運動の途中で突然気絶してしまって(検査の結果脳腫瘍でした)車を取って来ようかと思っても、その間とても置き去りにできず、重くて重くて悲しくて何度も歩けなくなりながら、涙を流しながら家まで抱いて帰った経験があります。

ボクサー犬と暮らして思うのは、とても我慢強い、自分の痛みには無頓着な犬種だと、人の気持ちに寄り添うことを何よりも優先させる子達だということです。
こんな子達と暮らせるわたし達は幸せです。
Posted by aruce at 2010年03月03日 09:08
本能なのですね。
ボクサーと暮らしていると つい 犬だという事を忘れて
しまいます。
それにしても、先日幼稚園のお母さん達の前で
「親の気持ちだけで、イケイケ ではいけません!」なんて
言ったばかりなのに・・・
これだから 体育会系はいけません。
反省です。
Posted by ジョーママ at 2010年03月03日 09:56
ラビィ母さん
ありがとうございます。
皆さんが 私と同じことを共有してくださっている・・・
というだけで これほどに心強いとは思いませんでした。
ハニカム胴着 聞いたことがあるような気がします。
夢中でいたので 思いもしませんでした。
早速調べてみます。
これからも よろしくお願いします。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月03日 10:59
aruceさん
ありがとうございます。
同じような体験をされていたのですね。
物言わぬ動物たちのけなげさに 私たちは心を動かされてしまいますよね。
そんな体験が出来ることは 幸せなことなんですね。
ここに来ての aruceさんとのご縁 偶然ではないような気がします。
今後とも どうぞよろしくお願いします。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月03日 11:04
ジョーママさん
私も同じです。
ジョーが犬だということを 普段は忘れています。
だからこそ ナッセリーさんのような 冷静な判断が 必要なんでしょうね。
ありがたいことです。
それにしても 幼稚園で話したこと・・・
笑ってしまいました。
皆さんのコメントに すくわれています。
また よろしくお願いします。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月03日 11:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
泣くな 母ちゃん
    コメント(10)