2010年03月29日

新しい世界

そもそも このブログをはじめたことだって 
オレと母ちゃんにとって まったく新しい世界であったことには 違いない。

そこで知り合えた人々。
その人達から受け取った さまざまな情報。

これは 今までの暮らしから考えると ありえない 新しい世界なんだ。

そこで 今日は aruceさんのところの
ボクサー犬の レスキューの話題を 取り上げようと思うんだ。
http://riesen-stern-boxer.com/menu.htm
(これは ホームページのアドレス。どうしてもブログのアドレスが取り込めない。)

これも このブログがなければ まったく知りえない話だった。

先日 バロンという ボクサー犬が 
埼玉県の春日部市で 保護されたんだ。

ごみ捨場でな。
そのままだったら 殺処分にされたんだろうけど

wankoさん http://ameblo.jp/wankowotasuketekudasai/entry-10482523188.html#cbox
と友人たちに 保護されたので 殺されずに済んだんだ。

獣医さんや フードなどの費用は 
ボクサー犬保護を目的とした会から 出ているそうだ。

aruceさんは その会のメンバーなんだ。

捨てられた犬たちを 救おうと 懸命に闘っている 人達がいる
ってことを 知った。

”緊急 里親募集” の記事により
優しい 夫婦が 里親として 見つかったそうだ。

ほら 仰向けになって お腹をさわらせているだろう・・・
はじめて会って もう 心を許しているんだ。

この人達なら 大丈夫だ・・・・
って バロンが決めたんだ。

この子が ゴミ捨て場のゴミを あさっていたのか・・・・
と思うと 何ともやるせなくなる。

今は 1ヶ月間の ”トライアル”
の 期間なんだそうだ。

きっと うまくいく!

うまく その人達のもとで 暮らすことが出来るように!
みんなも 祈ってくれな!

世の中には 思いもよらないことを
その一念だけで やり通している人達がいるんだ。

助けることが出来る 命の数は 
その意思にそぐわずに 死んでいく動物たちの数から見れば

ほんの 一握りだろうけど・・・・
それでも やらずにはいられない。

その 信念と精神力に 頭が下がる。

オレも 母ちゃんも ”里親募集”
のときは 出来る限り オレの語りで 紹介しようと思っているんだ。

またな!!!


同じカテゴリー()の記事画像
心のやりとり
兄ちゃん 仙台へ
コメントのこと
がんばる めいっこ
地震のこと
なごむ
同じカテゴリー()の記事
 心のやりとり (2011-03-28 23:21)
 兄ちゃん 仙台へ (2011-03-19 16:39)
 コメントのこと (2011-03-17 23:46)
 がんばる めいっこ (2011-03-15 15:35)
 地震のこと (2011-03-12 23:24)
 なごむ (2011-03-09 22:14)
Posted by ジョー母 at 15:57│Comments(8)
この記事へのコメント
白いボクサー犬のバロンに、里親のご夫婦が見つかったこと。本当によかったと心から思います。
“トライアル”がうまくいきますように。

写真の顔付きも、もう穏やかな表情になっているようで・・・
感じ取っているんでしょうね。 あたたかな安心感を。

こうして色々と動いてくれている方々に
確かに頭が下がります。   下がります。
Posted by ナッセリー母 at 2010年03月29日 22:34
ナッセリー母さん
いつもありがとうございます。
聞けば聞くほど 理不尽なことが起きています。
先日の ナッセリーさんの記事にあったような 生体を置かない店が 当たり前のような日本の国にならなければ 小さな動物たちの命はいつまで経っても救われないでしょう。
世の中が 早くよくなりますよう 祈らずにはいられません。
トライアルが うまくいきますように・・・・
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月29日 23:08
おはようございます。
何とコメントしょうかと迷いました。
里親探しに奮闘している方々のご苦労がうかがえます。
「生きる為に生まれてきた命」です。と言う言葉に衝撃を受けました。

あるペットショップの事を思い出しました。
成犬が狭いケージに入れられていました。しかも頭を上に上げられない
くらい小さいケージで下を向いていました。
あの悲しそうな目が今も忘れません。
その後はあそこはどうなっているのでしょうか?
あのワンコが心配です。
Posted by レオン at 2010年03月30日 08:26
ジョー母さん、ブログ掲載ありがとう。

一時預かりさんで掛かった費用は「幸ちゃんの会」でお支払いしますと何度も申し上げたのですが、wankoさん達が、バロンが自分達の手を離れるまでは、自分達でお金を出し合いますと受け取られませんでした。
wankさんとお仲間が、獣医さんにも診察を受けさせて下さいました。

わたし達の会には、また次のSOSが寄せられて、心が休まる時がないのですが、小さな会なりに必死で頑張っています。
Posted by aruce at 2010年03月30日 08:27
レオンさん
コメントありがとうございます。
私たちも 出来ることには限りがありますが 
動物と暮らして そのいとおしさを知っているものとして 
レオンさんのように 心をくだくだけでも それが力となって 必ず影響を与えることと 信じています。
ペットショップのワンコ 心配です。
私も この先 何が出来るか 限られた中で 考えて行きたいと思います。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月30日 14:52
aruceさん
いつも ありがとうございます。
動物たちの境遇を 知れば知るほど やるせない思いでいっぱいになります。
これから先 出来ることは限られていると思いますが 何が出来るか考えて生きたいと思います。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年03月30日 14:56
こんにちは。
白いボクサー、里親さんが見つかってよかったです。
幸せになってほしいです。
ペットショップ、かわいい小さいワンコが沢山いて見るのは楽しいけど、そのように犬を扱うべきではないんでしょうね。 
前にペットショップで結構大きくなっているボクサーを
みつけて心配になりました。 良い飼い主さんの所に行っているといいのですが… 大型犬は大きくなるんだから、なおさらペットショップでは置いてほしくないです。
私が偉そうな事を言える立場ではないんですけどね…
まず自分の事をきちんとして、その後私で出来る事をやっていこうと思います。
すいません、お邪魔しました。
Posted by haruko at 2010年04月03日 14:46
harukoさん
コメントありがとうございます。
すべてのワンコたちが 幸せになれる日は まだまだ先でしょうけど
harukoさんが言うように まず 自分のことをきちんとして そのあと出来ることを 力の限りつくしていければ・・・・
と 思います。
そんな人達が たくさん出てくれば 大きな力になって 何かが出来ることでしょうね。
harukoさんのような人が 1人いたんだな・・・・
と 思うだけで 勇気が湧いてきます。
また コメント待ってます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年04月03日 15:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
新しい世界
    コメント(8)