2010年04月16日

オレの洗礼

オレ 家で自由にさせてもらっている。
今は ほとんど家の中にいるけど

ちょっと前までは 家の中と外を自由に行ったり来たりしていた。
よその人が来ると どこにいてもすっ飛んできた。

初めの頃は 訪ねてきた人 みんなびっくりしたけど
そのうち 慣れてきて 

うちに来るときは心構えをして来るようになった。
父ちゃんも母ちゃんも 申し訳ない・・・

と思いながらも とうとうそれを押し通したんだ。

今日は ガスのメーターの交換の人が来た。
「こんにちは!」

玄関の戸を少しだけあけて その間から顔を出していた。
オレは ストーブの前で寝ていて

飛び出して行かなかった。
母ちゃんが

「どうぞ 入ってください!」
と言うと

「大きい犬が居ましたよね。」
と言う。

「あれ? 以前うちへ来たことがありますか?」

「10年ごとに メーターの交換をしているので 10年前に来ています。」

10年前と言えば オレがまだ悪がきのまっただ中。
オレの洗礼を受けたらしい。

玄関に飛び出していったのを 覚えていたんだろうな。

「もう・・歳をとってあの頃のような威勢がすっかり無くなってしまったんです。」

その人も 犬を飼っていて かわいさを知っている
と 言っていた。

「あれ? ずいぶん足が衰えましたねぇ。」

しばらく 犬親同士の話が出来た。
母ちゃん 10年前のことを 少し清算できたような気がした。

今は施設にいるばあちゃんも オレの洗礼を受けたんだ。
まだ ここの家のじいちゃんが元気だった頃。

幾日か泊まりに来たことがあったんだ。
ばあちゃんも 昔の母ちゃんと同じでな

犬も猫も 嫌いだった。
オレのことは 承知していたんだけど

びくびくしながら来たんだな。
ばあちゃんが コタツにあたるのを待ちきれないで

オレ ペロペロと挨拶の儀式を始めた。
ばあちゃん コッチコチになって 必死に耐えていた。

ひと通りペロペロして気が済むと 解放してやるんだ。
すると ばあちゃん さっと立って洗面所に行く。

ハンカチをぬらして 顔を拭いていた。
無理はないな。

そばに寄られたこともないのに いきなりペロペロされたんだもの
相当な衝撃だったんだろうな。

だけど まもなく オレを受け入れてくれたんだ。
次の日は だいぶ慣れて そばにいっても平気になった。

少しは我慢していたのかもしれないけど
そのうち なでたりしてくれるようになった。

今は かなり認知症が進んでいるんだ。
でも たまに母ちゃんに言うんだ。

「たしか お前のうちに大きい犬がいたんだよね。」
「かわいい犬だったよね。 元気かい?」

オレのこと 忘れてないんだ。
ばあちゃん がんばれな!

またな!!!

タグ :ペロペロ

同じカテゴリー(日常)の記事画像
ちょっとしたこと
ポーッとしていたら・・・
ご飯が食べられない
暮らし
準備
「ジョーちゃん すごいよ!」
同じカテゴリー(日常)の記事
 ちょっとしたこと (2011-04-27 16:44)
 ポーッとしていたら・・・ (2011-04-20 19:53)
 ご飯が食べられない (2011-04-04 22:20)
 暮らし (2011-03-26 15:27)
 準備 (2011-03-19 21:12)
 「ジョーちゃん すごいよ!」 (2011-03-11 14:21)
Posted by ジョー母 at 00:01│Comments(0)日常
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
オレの洗礼
    コメント(0)