2010年04月27日

トライアル中 バロン

aruceさんのところからの情報で
取り上げた ”バロン” 覚えているかな?

”新しい世界”  http://jyokaisou.gunmablog.net/e92012.html
右の写真は 保護された頃のバロン。

埼玉県の春日部のごみ捨場でレスキューされた。
今 里親さんのところでトライアル中なんだ。

里親さんが 画像とともに近況を知らせてきたんだ。
今は 里親さんに ”ダン” と名づけられている。

その下の写真が ダン。

ほーら ”バロン” のときと ぜんぜん違うだろう?
筋肉もしっかりついて 毛並みもきれいだ。

見るからに幸せそうだな。
オレも母ちゃんも うれしくて ・・・・

ボクサー犬のレスキューを目的とした
「幸ちゃんの会」。

ダンを保護して 一時預かりをしていた。
その間 獣医師に何度も検査や診察をしてもらって

皮膚炎と軽度のフィラリア陽性はわかっていた。
しかしその後 トライアル中に心臓の雑音が確認された。

「幸ちゃんの会」では そのことは把握していなかったので
里親さんに申し訳なく思い 引き取りたいと申し出たのだけど

里親さんのほうで 
”もう ダンがいない生活は考えられない”
と 言ってくれたそうだ。

”ダンはもう 家族の一員です。”
とも言ってくれた。

その後 心臓についても 重いものではなく
普通に生活するには 問題ないとのことだとわかったそうだ。

近いうちに正式に 譲渡が確定するだろう。
あの ごみ捨場でうろついていたバロンが

一命を取り留めただけでなく
人間との絆を結び これから先も

お互いの愛情を育んでいく道を歩むことになったんだ。
すごいじゃないか!

それにしても・・・・ 
「幸ちゃんの会」にしても 里親さんにしても・・・

誠実さがにじみ出ていて 心が洗われるな。
嫌な話が多い中 ひと時のオアシスを与えてくれる話だ。

しかし・・・・
aruceさんも言っているけど

かつてのバロンのような状況に置かれている
オレの仲間たちは 次から次と現れる。

まだまだ 気を抜けない状況・・・
と aruceさんは言う。

それを考えると 心が痛むけど・・・
今日は ダンの幸福について

心置きなく 喜ぶことにしようぜ!

またな!!!


同じカテゴリー(仲間)の記事画像
あの子の復活
あの子の その後
決めた
署名活動
血族
よその子もかわいいと
同じカテゴリー(仲間)の記事
 あの子の復活 (2011-03-08 15:41)
 あの子の その後 (2011-02-17 15:43)
 決めた (2011-02-11 15:12)
 署名活動 (2010-12-25 22:30)
 血族 (2010-11-03 13:54)
 よその子もかわいいと (2010-10-07 00:30)
Posted by ジョー母 at 15:32│Comments(6)仲間
この記事へのコメント
よかったぁぁ
何だか幸せそうな元気な写真涙が出ます

安心して寝てる写真見ると本当によかったねとナデナデしたいです
Posted by さえ at 2010年04月27日 22:00
さえさん
本当にそうですよね。
私もこの記事を読みながら 泣けてきました。
自分の力では生きていけないこの子達を 人間は自分たちの都合で生産し いらなければ捨ててしまう。
何という理不尽でしょう。
されるがままに生きそして死んでいくこの子達に 何といって謝ればいいのでしょう。
さえさん 今日は素直にこの記事を喜びましょうね!
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年04月27日 23:07
ダンは、ごみ捨て場を彷徨っていた所をwankoさんに保護していただいて、その後一時預かりさんや、wankoさんの仲間達のお陰で命をつなぐ事ができました。
そして、里親さん家でのトライアルも1ヶ月が過ぎました。
来月には、わたし達の会から会員が、お宅を訪問し、色々ご相談の上、正式譲渡になると思います。
小さな会ですが、一度手を差し伸べた子を決して保健所に送らないという思いだけで、必死で踏ん張っています。
この子達に拘わっていく間に会として、もっともっと強くならなくては。
Posted by aruce at 2010年04月28日 14:26
aruceさん
たくさんの人達がかかわって この子達の命を救い行き先を探しているのですね。
wankoさんたちや一時預かりさんたちと”幸ちゃんの会”とは 組織が別なのですか?

このような事実を多くの人達に気づいて欲しいと思います。
また こういう活動をしなければならない・・・
という 世の中の理不尽さにも 気づいて欲しいものです。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年04月28日 23:17
ジョー母さん、おはようございます。

「幸ちゃんの会」はボクサー犬飼育者たちで作っているボクサー犬保護を目的とした会です。
保護センターにボクサー犬が収容されると、お知らせをいただき、センターから引き出すことから活動を始めます。

今回は、wankoさん達がダンを保護して下さいました。
そして、wankoさんから依頼を受けて、「幸ちゃんの会」として動きました。

「幸ちゃんの会」のメンバーの中には、それぞれの地元の犬猫保護団体で活動したり、全国で初めての試み、県との協働事業「ひまわりの家」でボランティアとして活動している人もいます。
Posted by aruce at 2010年04月30日 07:43
aruceさん
そうでしたか。
ありがとうございました。

私も 犬猫が幸せに暮らせるように 何かできることをしていきたいと思っています。
これから いろいろ見えてくると思います。
aruceさんたちの活動は 勇気をくれます。
Posted by ジョー母ジョー母 at 2010年04月30日 20:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
トライアル中 バロン
    コメント(6)