2009年11月30日

舞台の主人公

人生を舞台にたとえるとな 
それぞれの人間が 
それぞれの舞台に立っているわけなんだな。
そして 一人ひとりが その舞台の主人公なんだ。

人の舞台の 脇役で出演しているんじゃぁない。
100人いれば 100人の主人公の舞台があるんだ。

自分にかかわりのある人達は 
自分の舞台の共演者だ。
自分を中心に 進行しているんだ。

ひとつの出来事に 何人も係っていたとしても それぞれを主人公に 回っていくんだな。

自分の考えで 自分の生き方を 生きていく。
当たり前のことなんだけど それが結構 人の考え方や目線で 物事を選んでしまっている場合があるんだな。
無意識にな。

そんな人間には ”目を覚ませ!!”
と 宇宙が掛け声をかけてくる。

その声に気づくことができれば 完璧な主人公になれるんだ。
その声に気づくには 大きな出来事が きっかけになることが多い。

だから 自分に起こる出来事に アンテナを張っていると キャッチできる。

母ちゃんもそうだった。

こんなに苦しいのは どうしてだろう?
と 苦しさの中で 自問自答したあげくに ふっとつかんだんだ。

それからは 新たな自分を構築する わくわくするような時が過ぎたんだ。
自分の人生の 紛れも無い主人公になるためにな。

人から見れば 自分勝手 と 思われるようなことも ずいぶんあったと思う。
実際 そう言われたこともあった。
でも ひるまなかった。

自分を信じて 自分の人生の主人公になるために 今までと違う選択をしたんだ。

常に 人からの評価を気にしてきた人間が そこから脱却して 自分の思うとおりに生きようとするわけだから 真剣でなければ変わることはできないな。

その頃は 母ちゃん 真剣だった。
でも 楽しくも うれしくもあったな。
自分で考えて そのように行動するということが 新鮮で心地いいものだったんだ。

今日はこの辺でな。

今日は 朝からこのことを書こうと思った。
それを今まで 忘れずに思い続けられたんだ。

だから 今日は このことについて書く日なんだな。

またな!!!

タグ :人生の舞台

同じカテゴリー()の記事画像
死んだらどうなる・最終章
続・死んだらどうなる
死んだらどうなる
イノシシ その後
発信(良い種を)
イノシシ
同じカテゴリー()の記事
 死んだらどうなる・最終章 (2011-05-17 15:05)
 続・死んだらどうなる (2011-05-04 01:02)
 死んだらどうなる (2011-05-01 22:36)
 イノシシ その後 (2011-01-27 19:54)
 発信(良い種を) (2011-01-24 20:44)
 イノシシ (2011-01-22 14:47)
Posted by ジョー母 at 14:37│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
舞台の主人公
    コメント(0)