グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年04月25日

種まき

先輩たちが 言ってくれた。

「言ったり来たりが リハビリなんです」

わかってはいても そう言ってもらえると 母ちゃん 安心する。

昨日は またまた オレの散歩グッズが出てきたぞ。



うんこをとる道具を一式入れて 母ちゃんが 腰に巻いて歩いた 散歩用の入れ物。

熊よけ用の 鐘と笛がセットになっているグッズ。

この鐘は チリンチリン と 大きくていい音がするんだぞ。

山を歩くときは 必需品だった。

母ちゃん コートほどグッとは来なかったけど・・・・    でも 切なく なつかしい・・・

これも やっぱり またもとの所へ そっとしまっておいた。



さて 種まきなんだけど 小さいポットで苗を起こすんだ。



まだ 野菜を育てて今年が3年目なんだな。

だけど 種を植えるのは 今年が初めて。

2年間は 姉ちゃんが めいっこと二人で ワイワイ言いながら植えたんだ。

ジャガイモは 去年からだから 2年目のはずだった。

だけど オレの騒ぎで 今年は植えなかったんだ。

まず 一番最初に スイカの種。



母ちゃん はじめて見る。

これがそう・・・・    スイカの絵の左上にある ほくろみたいなやつ。



ポットに 一つづつ種を置いて また 土をかぶせておく。

次は なす



その次は トマト 

  


大根 

   


キュウリ。



人参は あまりにも細かくて ゴミみたいなので 畑にじかに蒔くつもり。

そしたら 近所の先輩に 大根は苗は作らないよ・・・

と 言われてしまった。

母ちゃんも どうもそうかもしれないな・・・   と 思ってはいたんだけど

「あぁ そうなんだ。 でも 私は苗にするんだよ」

なんてな 答えたんだ。

強情 だな。

さてさて ちゃんと命が顔を出すかな?


そんなわけなんだ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:16Comments(4)

2010年10月01日

みょうが

母ちゃんな この家に来るまでは
百姓の経験はないんだ。

なーんにも知らないでな
昔 あぶら菜を摘んでくるように言われて

根っこごと掘ってきたことがあったんだ。

あれって 次から次と
後から出てきたものを

茎をかいて食べるのだったんだな。

ばあちゃんは びっくり仰天したぞ。
母ちゃんも そのとき初めて知ったんだ。

あぶら菜は 
根っこから掘るものじゃないってな。

それから みょうが。
これは 土の中から出てくるものなんだな。

そんなことも なーんにも知らなかった。
母ちゃん みょうが 大好きなのにな。

このごろ ばあちゃんが
さっぱりみょうがをとって来ないので

もう ないのかと思っていたんだ。

近所のおばさんから もらってなみんなで おいしいおいしいって 食べたんだ。

父ちゃんだけは きらいなんだけど・・・

あっという間に終わってしまったので そのおばさんに

「また もらいたいんだけど・・・」
って ずうずうしく言ったんだ。

「もう 終わっちゃったんだよ・・」

そしたら 父ちゃんがな

「そんな騒ぎしなくったって 
畑のもみじの木の根元に いっぱい出てたぞ」

って 教えてくれたんだ。

母ちゃん どこにみょうががあるか なんて
今までまったく知らなかったんだ。

そこで あわてて もみじの木の根元へ行った。

雨の日だった。

あるある・・・ 花が咲いてしまったけど
うーんとあったんだ。













左は お馴染みのジャガイモの畑だ。
右に見えるのが もみじの木だぞ。

暑い日には 日陰を作ってくれるんだ。









これが みょうがの葉っぱだぞ。

兄ちゃんも姉ちゃんも大好きなんでな
母ちゃん 必死になってとったぞ。

みんなに やりたくってな。







何だか知らないけど 袖口にこんな実が・・
そんなこともおかまいなしに ひたすらとった。


みょうがとおかかに めんつゆと味噌を混ぜてな
うまいぞー。










この日は マスの塩焼き 新米のお赤飯
ビンビール そしてみょうがの味噌和え。

ビンのビールなんて 久しぶりに飲んだんだ。
ちょっと黒っぽくってな こくがあってうまかったー・・

材料はみんな自家製と もらいものだ。
何もかもうまかったんだ。


質素だけど 贅沢だと思っている。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:59Comments(4)

2010年09月19日

玄米になったぞ!


今朝 こんなものが 家の中にいた。
どうも 家の中で 一晩あかしたようだ。

夕べ 鳴声が聞こえていたからな。










今日は 朝から 父ちゃん もみすりだった。


乾燥機から もみすり機の中にもみを入れる。










そうすると もみがすられて 
ほれ こんなふうに 玄米が出来上がって

出てくるんだ。











父ちゃんが言う所によると
今年は いつもより たくさん取れたそうだ。








外には もみ殻が飛び出してくる。

ほこりが舞うので 布をかぶせてあるな。

父ちゃんが サラリーマンの頃は
ばあちゃんと母ちゃんと 二人がかりで

ほぼ1日かかって もみすりをした。

今では このオレンジの入れ物を使って
溜めておけるので





父ちゃんが一人で このバケツを使って

米の缶に入れられる。
見てると 楽だしスピーディなんだ。

さすが 父ちゃんだ。








めいっこも じっとしていられないで
手伝いに 出てきた。

玄米を ひしゃくでかき集めるんだ。

そのうち 撒き散らすようになって
父ちゃんに怒られた。






仕方なく しぶしぶ 家に入ってきた。

半べそをかいてな。











オレにさわることで その思いを解消しているのか?













あまりしつこいときは 
母ちゃんに 助けを求める。

この目つきでな。

そうすると 母ちゃんが
助け舟を出してくれるんだ。

姉ちゃんとめいっこは さっき 帰っていった。
いつものように 静けさと 寂しさが入り混じる。




そして これが 姉ちゃんにも 持たせた
精米した米だ。

明日 炊いてみるぞ。

またな!!!
  
タグ :もみすり

Posted by ジョー母 at 19:44Comments(8)

2010年09月11日

稲刈り

予定通り 今日は稲刈りだった。

このボール オレが元気な頃
盛んにボールころがしをしていたときに

買ったもので 











すぐ駄目にするので
予備に取っておいたものなんだ。













転がすと 「うぃー~・・」 って 泣くんだ。

昔ならば ボールを見たとたんに
転がしながら

外にすっ飛びだしていたけどなぁ・・・







そのうち あきてしまって・・・・

あ~あ みんな行っちゃった。












田んぼでは もう 最後の袋を
父ちゃんが コンバインから下ろしていた。

兄ちゃんが 家の乾燥機まで 運んでいる。










奥さんと甥っ子が 見物していた。

母ちゃんは 仕事があるので
あとから スイカや飲み物を持って行って見た。









水路の水で 手を洗って。












このスイカは 父ちゃんが作ったもの。














「ほら スイカがいっぱいあるぞ・・」















こういうのが ゴロゴロしている。














「ペン ペン・・・」
母ちゃんのと 時間差で作ったんだ。












コンバインで稲を刈ると モミだけが袋に入る。














それを 家まで運んで 乾燥機に入れるんだ。













乾燥できたら このモミをすって 玄米にする。
だから あと 一仕事あるな。

母ちゃんも 何もわからずにいたんだ。
36年の間 米が出来る過程を身近に見てきた。

こういう風に 米になるんだなぁ・・・
見てみなければ わからないことだ。

できるだけ 詳しく伝えているつもりだけど
わかるかなぁ・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:20Comments(2)

2010年09月09日

今度は田んぼに

もう 1週間くらいたつかな・・・

朝 田んぼの見回りに行った父ちゃんが
威勢の悪い顔して 帰ってきた。

「おれ がっかりしちゃった・・・」
「田んぼ イノシシに入られちゃった・・」

近所では あっちこっちで
イノシシに入られた騒ぎをしていた。

でも オレの家は 父ちゃんが厳重に
田んぼの回りを囲っておいたので

大丈夫だな・・・
と 思っていたんだ。

ところが やつらは 入ってしまった。

どこから入ったのか・・・
朝に晩に田んぼに行って 探しているのだけど

はっきりと わからないんだ。

毎日毎日 囲いを見て廻って
厳重に し直した。






母ちゃんは とうとう今日まで行ってみなかった。


”模様替え” がな・・・・・
はまっちゃったからな・・・・

これらは みんな イノシシが歩いた跡だ。

鉄で作ってある メッシュの網を
かなり曲げてしまったそうだ。

こっちは もち米だぞ。


昔 近所の人がかけた オリのワナに
3頭の若いイノシシが かかったことがあった。

母ちゃん 無鉄砲に オレを連れて見に行った。
それは すごい 光景だった。

3頭が そろって オリに突進するんだ。
鼻も口も 血だらけでな。

オリを突破しようとしている。

そばまで行ったものだから
オレ 泡を吹いて興奮したんだ。

母ちゃん 必死で リードを持って
押さえていた。



そんなことは おかまいなしで
オレ 3頭に向かっていこうと必死だった。

でかい声を出しながら
やっとのことで 母ちゃんが オレを引きずって

見えないところへ 連れて来たんだ。
イノシシの あの闘志は 忘れられない。








こっちは うるち米。
雨と風に吹かれて 倒れてしまった。















こんな小さな苗だったのになぁ・・・















天気に恵まれて よく乾いたら 稲刈りだぞ。







またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 17:04Comments(8)

2010年09月02日

ゴボウってな

ゴボウの葉っぱ って
見たことあるか?














これ ゴボウの全容だ。

って言うか
葉っぱは 横に見えるやつだ。

母ちゃんも 今年初めて作ってみた。
こんな葉っぱだったんだなぁ・・・


ゴボウってな 掘るとき大変なんだぞ。

長いから 先のほうまで掘ろうと思っても
途中で切れちゃうんだ。

父ちゃんに スコップで回りを掘っておいて
やってみな・・・

と いわれた。

だから スコップで回りをゆらしておいて
掘っている。





だけど・・・・
切れちゃう。

そう言えば 先輩たちは
ビニールの袋の 上下を切ったものに

土を入れて その中にゴボウを育てている。

それを 見て知ってはいたのだけれど
母ちゃん 何も考えずに 土にそのまま植えたんだ。

後悔しても 後の祭り。

来年は ビニール。

だけどな おいしいゴボウだぞ。

スイカと切れたゴボウを 師匠に届けた。

あと スイカは 花が開いたときを
チェックしておいて 

それから食べる時期を決める。

ちょくちょく行って 様子を見ておかないと 

わからない。
順番も 覚えておかないとな。



ジャガイモも 草取りを念入りに!

来年は 心してかかるんだ。

見てろよ!


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 22:43Comments(4)

2010年08月28日

語らなければならないこと

近いうちに語らなければ・・・・

なんて言っていて だいぶ時間が
たってしまったな。

しらばっくれちゃっても 何でもないこと
なんだろうけどな

母ちゃん やっぱり 
オレに 語らせなければならない

って 思うんだな。

何だと思うだろうけど
ジャガイモのことなんだ。

だって あんなに大騒ぎした
ジャガイモ だぜ。

(写真は 芽かきをしたときのものだな)

実は もう とっくに掘ったんだ。



だけど・・・・・

今年のジャガイモは 失敗だった。

初めのうちは 受け入れられなくてな
ジャガイモの ジャの字も嫌だったんだ。

触れたくなかった。





ほれ 奥さんとの約束を破って
いくつか掘った って言ったろう?

あのときのジャガイモは 絶品だったんだ。

兄ちゃんと二人で 塩ゆでを食べてな
”こりゃあ えらいことになったぞ・・・”

と 興奮して ほくそ笑んだんだ。



このときは どきどきしてうれしかったんだ。







































ところが・・・・
その次に 奥さんと掘ったイモは













普通の味になっていた。













あれ?・・・
と 思いながら 少しづつ掘っていった。

だけど だんだんと 味が落ちていく。
わかるんだ。










ばあちゃんのジャガイモより
うまくまくなっていった。

どういうことだ!?










一番最初のときは
兄ちゃんも はっきり

「これは うまい!」
と 言ったんだ。










師匠にも ぜひ 味見をしてもらおう
と 思ったのに・・・

とんでもないこと。

兄ちゃんは
「たった一度でも あれだけうまい

イモができていたんだから 
また挑戦する価値はあるぞ」

と 元気付けてくれた。
”そう言えば そうだよな・・”

そしてな いよいよ 全部掘るときがきた。

掘る準備をする頃になって
気づいたんだ。

草の すごさにな。

(これは3日がかりで 草をとったあと)

一番初めに掘ったときから比べると



草が ジャングルのように
はびこっていた。

ジャガイモの茎が 隠れてしまうほどだった。

土の下にイモができるんだから
少しくらいの草なら 大丈夫・・・

と 甘く見ていた。

ところが まるで化け物のように
大きいものや ビー玉みたいに小さいもの

腐ったイモも たくさん出てきた。

全部で これしか取れなかったんだ。
黄色のコンテナ 3つも買って用意したのに・・

「まだ土が 完全じゃないですから
仕方ないですよ」

師匠は 言ってくれた。

でも ジャガイモに 申し訳ない思いで
いっぱいだ。


忙しい合間に 畑に行っていた・・
という 言い訳は 通用しない。

所詮 畑をするなんて 無理だったんだ・・

なんてことも 思ってみた。

でも 何事も無駄なんて言うことなんかない!
と 思い直してな

そうだ 周り中が
草は大変 草は大変・・・

って言っているのに
頭ではわかっていても

これほどの衝撃で 感じたことはなかった。

それを いやというほど 体験できた
いい機会だったんだ。

そう 思ったら 受け入れられた。

あんなに大騒ぎで ジャガイモ ジャガイモ・・
って 言っていたのに・・・

なかなか みんなに報告できなかったんだ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 11:21Comments(6)

2010年08月26日

スイカ・サブリーダー

2番目のスイカをとりに行った。

すなわち サブリーダー な。







それが・・・・・





こうなっていた。

自ら 割れていた。

熟しすぎていた・・・

って ことらしい。


だから こいつが 

リーダーだったのかも 知れない。

しかたがないから

3番目を とってきた。

赤くて まあまあだった。

そのあと 4番目をとりに行った。






それは・・・・




こうだった。

なんとまあ

とる時期の 難しいこと・・・・

もったいなくて 冷蔵庫に入れて

少しずつ食べているんだ。

6~7個しか なっていないのにな

2個 駄目にしたわけだ。




オレ しばらく前の涼しい日に

久しぶりに 車椅子に乗った。


リードをつけてな。








後ろ足を つって乗ってみた。

そしたら よけいに 

後ろが下がってしまったんだ。

これは どうも 後ろのパイプを

高くする必要があるな。





emiさん夫婦と 鈴木さんが

アドバイスしてくれたようにな。

父ちゃんに 直してもらうんだ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:21Comments(4)

2010年08月23日

梅 干す

梅にしそを入れてから
20日おいて 干す とあった。

おとといが22日目だった。

朝からいい日だったのでな
干したぞ。






しその汁の中から 丁寧に取り出して
ざるに並べる。

うん?
色が ムラだぞ。

まぁ いいか・・・






もう この時点でやわらかい。
ちょうど 産まれたての赤ん坊の

手足のような感触だ。

そうだ それがぴったりだ。







全部並べ終わるのに
結構 時間がかかる。












メッシュの ふたをかぶせておく。

周りの人が漬けてから
かなり日にちがたってから

母ちゃんは 漬ける。

出来る限り 完熟の状態になるまで
待つんだ。

結構 それが難しい。
回りを気にして あせってしまうからな。

でも じっくり待つんだな。

一日干したら また汁の中に戻す。
こうすると 保存の間にからからにならない

と ある。

これは 一日干したもの。
干した直後とは 様子が違うな。

次の日は また同じように
ひとつひとつ取り出して 

ざるにならべて 干す。
今度は そのままにして 夜露に当てる

と ある。

そうすると 皮がやわらかくなる とな。
それを 2~3日面倒を見て 完成。

ビンかカメに入れて 保存する。

半年以上おくと 味がなじむ
と ある。

うめぼし な
オレも 母ちゃんも 苦手でな

父ちゃんと 姉ちゃんが
専門に食べている。

こういうものが作れるようになるって
うれしいものなんんだ。

なんだか いっぱしのおかみさん
って言う 気がしてな・・・・


それから 兄ちゃんの県大会な
3位までには 入らなかったんだと。

だけど 入賞はしたんだぞ。
よくやった!

盛大に慰労会をしたそうだ。
兄ちゃんは あまり語らないけど

周りの人たちが 話してくれる。

さぞかし うまいビールだったろうなぁ・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 10:37Comments(6)

2010年08月21日

スイカとったぞ!

「私 やっぱり スイカとってこよう!」

「いちいち相談しなくてもいいよ」
「結局 自分の思うようにとってくるんだから・・」


それいけ! 




あのな 盆送りの日
母ちゃん 待ちきれずに

リーダーを とってきたんだ。

大きくなっただろう・・・・












大切に 助手席に乗せて・・












どきどきしながら 包丁を入れたぞ。













わー・・・・



赤い!










味は 甘さが少し足りないかな?

だけど 食感が・・・・


何とも言えない。


みずみずしくて やわらかい。



皮のほうの白いところまで

やわらかい・・・・



母ちゃんの作物を めったにほめない
父ちゃんが

うまいなぁ・・・

と ほめた。



今年のスイカも 大成功!


2番目に収穫するスイカは
甘さもばっちりだろうな。


みんなに この味を
本気で 届けたい・・・

だけど・・・
むりだな・・・




話は変わるけど
今日は 兄ちゃんの県大会の日。

県大会。
なんだかわかるか?


7月はじめに ポンプ操法の地区大会で
準優勝と 個人賞をとった話をしたろう・・

その 県大会の日なんだ。

父ちゃんも母ちゃんも 仕事の都合で
応援に行けない。

それに 前橋じゃぁ オレをおいて 
何時間も出かけることになる。

応援に行きたいけど 無理なんだ。

午前中に競技が終わるそうだけど
みんなも 応援してやってくれな。

兄ちゃん がんばれ!!


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 08:54Comments(6)

2010年08月16日

時期

スイカ・・・ な
とる時期が 難しいらしいんだ。













キャップを取って たたいてみるとな
いい音がするんだ。

ほら 店で買ったやつは
たたくと

「もうできてるぞ!」
って ひびくようないい音がするだろう。




母ちゃんのスイカも
一番リーダーのは そんな音がするんだ。

母ちゃん とりたくってうずうずしてるんだ。

父ちゃんに
「一つ とってみるかな・・」

と 相談した。

「まだ 早いよ」
と 父ちゃん。



「そうかなぁ たたくといい音がするんだけどなぁ・・」

「じゃぁ とってみればいいじゃない・・・」






どうするかなぁ・・・




こんなのが













こんなに大きくなるんだものなぁ・・・

お盆が済んだら とってみようと思っている。

だけど 早すぎると
中身は 真っ白らしいぞ。

とったら 報告するからな


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 00:13Comments(6)

2010年07月31日

スイカにキャップ

昨日は 母ちゃん 盛りだくさんだった。














畑に行って スイカに キャップをかぶせてきた。











梅をつけたものに しそを入れた。












オレと ちょっと 遠出の散歩をした。

おいおい 紹介しようと思う。




今日は スイカのこと。

この間の 直径15センチが
直径20センチ以上になっていた。

あれよあれよ・・・
と言うまだな。










ほっておくと 鳥がつつくのでな
キャップを買ってきた。










一つ一つ かぶせてやる。
つつかれたら 元も子もないからな。

めぼしいものが 5つ。

あのな この中のリーダー
直径20センチ以上のやつはな

いちばん左端。

はやく おいしく 元気に育て!




オレ 一人で 留守番。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 09:29Comments(4)

2010年07月08日

奥さんと

「奥さん」 って 知っているだろうけど
兄ちゃんの奥さんなんだ。

母ちゃんが 直接呼ぶときは
名前を呼ぶ。

「Tちゃん」 とな。

人に言うときは
「次男の奥さんです」

って 言うんだ。

「うちの嫁です」 って 普通呼ぶのかもしれないけど
母ちゃん 自分で そう呼ばれたくなかったからな。

そんなことは どうでもいいか・・・

おととい 奥さんとの約束を守らないで
ジャガイモを掘ってしまったからな。

今日は 一緒に 掘ってみた。

「約束破って 悪かったんね・・・」
「手が 勝手に土をかいちゃったんだよ・・」

なんて ぶつぶつ言い訳をしながらな。



ジャガイモは まだまだ成長するらしい。
小粒のが たくさんある。

人より1ヶ月くらい 遅くまいたんだから
人の真似して 掘ることないんだな。

まだ もう少しがまん がまん。






そのあと 梅林へ行って 梅を取った。














よいしょっと!












やっぱり・・・・


宝石だ・・・









またな!!!
  
タグ :梅林宝石

Posted by ジョー母 at 23:49Comments(0)

2010年07月06日

約束やぶって

母ちゃん 兄ちゃんの奥さんに
「ジャガイモ はじめて掘るとき 一緒にね」

と 言ったんだ。

だけど 草むしりで ジャガイモの所にいるとき
土の上に わずかに顔を出した イモの姿を見て

掘ってみたくて ウズウズしてしまったんだ。

その日は 我慢に我慢を重ねて
帰ってきた。


次に行ったときは もう だめだった。












手が 土をかいてしまったんだ。














見えたぞ!!














出た!!


こんなものがな。



土が健康な証拠だ。






ほーら・・・


二つ見えるぞ・・



ドキドキものだ。




















手 がな・・・





泥だらけだ。








爪の間にも・・・





手袋してたけど

やっちゃぁいられない。








ようこそ!


やっと 行き会えた!








またな!!!
  
タグ :初堀

Posted by ジョー母 at 23:00Comments(4)

2010年06月28日

映画

昨日は 母ちゃん 久しぶりに映画に行った。

映画 と言ったって自主上映会。
百姓のサブ師匠の奥さんが 教えてくれたんだ。

今までの 農薬と化学肥料を使った野菜から
オーガニックの野菜に転換することの

必要性について教えている 映画なんだ。

母ちゃん だいぶ前に 
何かでこの映画のことを知って

みてみたいと思っていたんだ。

「未来の食卓」
フランスの ドキュメンタリー映画でな
一つの村が 村長の試みによって

学校給食と 高齢者の宅配給食を
オーガニックにする過程を

たんたんと伝えているんだ。

農薬と化学肥料を使った野菜や 
化学物質漬けの食品。

殺虫剤や有害物質の 含有量を
具体的に数字で示されて

母ちゃん ぶったまげたんだ。
恐ろしい・・・

今こそ 無農薬 自然の肥料で作った野菜に
意識を切り替えることが 必要だ。

もともと フランスと言う国は


農業に 著しい量の農薬を使っていたそうだ。
ヘリコプターで 農薬をまいていた。

いろいろな病気との関係について
専門化が研究報告をしていた。

自分の家で使う野菜には
農薬は使っていない。

フランスの農家の人が 言っていた言葉だ。
日本でも こんなことは よく耳にする。


生産者は 見た目は少々悪くても
農薬を使っていない野菜を

消費者は 農薬をたっぷり使った野菜を
店で買って それを口にしているわけだ。

”有機栽培” という表示を探して
なるべく それを食べることだな。

体は正直だから 体に害のあるものを
遠ざければ おのずと体調は整ってくるものだ。

母ちゃん あまりにもびっくりした内容だったので
これは オレに語らせようと思ったんだな。


そして フランスと言えば 
SayaとSayaママさんがいるところだったな。

この展開。
不思議だなぁ・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:15Comments(4)

2010年06月15日

花摘み

今日も オレ 留守番。
この頃 畑があるので オレ けっこう留守番してる。

1~2時間だけどな。
奥さんと甥っ子が来て 母ちゃんと畑に行った。









この顔 見てくれよ。
オレ つまらなそうだろう?

母ちゃん 「かわいい~!」
って言うんだぜ。

どこが・・・・・?







こうして見ると ジャガイモが一人前だな。

なんだか 母ちゃんまで 
一人前の百姓になったような気分だな。









昨日 近所のおじさんに 

「実の方に養分が行くから 
花は摘んだほうがいいそうだよ・・・・」

と 聞いたもんで 母ちゃんさっそく まねをしたんだ。





これは EM菌を培養している。
米のとぎ汁と EM菌と混ぜたもの。

これを 葉っぱや土にまくんだ。
時々 ペットボトルの空気を抜いてやる。

発酵して パンパンになるからな。

あぁ 楽しみだ・・・・

どんな実がなるかなぁ・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:26Comments(8)

2010年06月10日

どうだ! 花

今日は 兄ちゃんの奥さんと甥っ子が来てな
3人で 畑に行っちゃったんだ。

オレ 一人で留守番だった。

一人になると ベッドで寝てる。

もっとも 最近はまた 昼間でも
ベッドで寝ている時間が 多くなったんだ。











天気が良くて 畑がかわいている。


兄ちゃんの奥さんが持っているのは
噴霧器なんだ。

昨日 父ちゃんが買ってきてくれた。
EMの液を 散布しているんだ。

丈夫で おいしい作物が出来るようにな。



そして とうとう咲いた。

ジャガイモの花。

ほーれ    なぁ。











きれいだなぁ・・・

可憐だなぁ・・・












ミニ寅次郎・・・・













・・・・・・・・・・・・。






またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:26Comments(6)

2010年05月21日

ジャガイモ 芽かき

母ちゃん 夕べは 師匠の家に行って 
いろいろ話を聞いてきたんだ。

あっという間の3時間だった。

師匠のことは 機会があったら
語りたいと思うんだ。

師匠に ジャガイモの写真を見てもらって
もう 芽かきをする頃だと言われた。

さっそく 午後畑に飛んでいって
芽かき・・   というものをやってみた。

知らないってことは のんきなものだな。

「元気そうな茎を 2~3本残して
他のは元から取ってしまうんです。」

「あぁ そうですか。」

わかったつもりで 一応本も見て
さっそうと 畑に直行。

父ちゃんが ちょうど家にいたので
ひととおり講釈をして 留守番を頼んで

出かけたんだ。

午前中 オレを一人で置いて 出かけてしまったので
午後まで一人にするのは ちょっとかわいそう・・

なんて 思っていた。
父ちゃんがいてくれるので

母ちゃん 気が楽そうだった。

まず 4つ切りの柵の 一番端っこ。
葉っぱがたくさん出ていて かたまりが大きい。

これを 茎を3本残す・・・
という意味がわからなくなってしまった。

後からわかったのだけど これはもともと
茎が3本だったんだ。

とにかく 1本目は勘違いをして
茎がさびしくなってしまったんだ。

2本目からは すぐ意味がわかった。
それは 茎が5本出ていたからな。

父ちゃんに言われて 
いくつかのグループに分けてみた。


芽かきをするのと しないのと

2本残しと3本残し。

いろいろ試すわけだな。












どうも この芽をかく作業は 
1度だけとは限らないかもしれないな。

なんだか 床屋が済んだ後みたいに
すっきり見えないか?






今日は その他に 肥料を少し
入れ物に入れて 畑に運んだんだ。










肥料を土の上に空けて空になった
水色の入れ物は 
雨水をためて 利用できないかと考えた。

手前に見えるのが もって行った肥料。

その向こうに耕運してある一角が見えるな。
父ちゃんが 母ちゃんのために耕運してくれた。

いずれ いろいろなものを植えようと思っている。


たいして時間がかからないで
母ちゃん 畑から帰ってきた。

楽しそうにな。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 17:30Comments(0)

2010年05月20日

田植えとジャガイモ

昨日のうちに 父ちゃんが機械で苗を植えたんだ。

苗は 育苗センター って言う所でおこしてもらう。
うすい箱に入ってくる。

苗箱 って言うんだ。

箱から出して 機械に入れる。
箱の形に四角く土があって

そこに苗がびっちり植わっている。
作業があるので 苗箱をカメラに収めるのをうっかりしちゃったな。

去年稲作を休んだから 2年ぶりなんだ。
カラスも顔出ししてくれた。

はだしで田んぼに入る。
久しぶりの感触だ。

”あぁ この感触だ・・・”
改めて言葉にする。

田んぼの土の感触は 独特なものがある。

ぬるぬる・・・
っていう感じ・・・・

足の指の間にまで 泥が入り込む。

あのな
機械で植えたといっても 完璧ではないんだ。

だから 植わってないところや
1本くらいしか植わってない所に

苗を持って 補充して歩くんだ。

「供出しているような 大きな田んぼなんかは 
こんなことさして歩かないんだろうな。」

「そうだね 田んぼが多すぎていちいちやってられないだろうね。」

なんて 父ちゃんと母ちゃんで話しながらさして歩く。
上と下の田んぼでな。


こんなふうに 1本しか植わってない所が
けっこうあるんだ。

機械の関係か苗の生育の関係か・・・
植わらない所もあるのでな



そこに 足してやるんだ。
ひととおり見て歩くから 時間がかかるんだ。










父ちゃんの腰つき 見てくれよ。

板についてるよな。



そのうち 母ちゃんの足の下で 
にょろっと何かが動いた。

さっき でかいミミズを見たばかりなので
母ちゃん 不覚にもわめいてしまった。

「うわああ~ なんだこりゃ!」
いま少しで泥の中にころがりそうになった。





オレが家で 一人で留守番をしているので
少し早めに切り上げて 帰る途中で

ジャガイモの所に寄った。
遠くからでも 緑の葉っぱの連なりが確認できた。


「わあぁー すごいなぁ!」
元気元気。

今日は 全部顔を出していたので
数を数えた。





4つ切りの列は 8個の種芋を4つに
合計32個

2つきりの列は 7個の種芋
合計14個

全部健在だった。
うれしいなぁ。








そうだ!

ここらで 芽かきという作業をするんだっけな。

母ちゃん 忙しくなるな。


でも ここ最近ずっと 
事務の仕事があまりないので ちょっと楽かな。








またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 23:45Comments(0)

2010年05月14日

ジャガイモと”草刈正雄”

これは5月13日(昨日)の話だ。
4月20日に植えたジャガイモ。
”ジャガイモ植える” 
http://jyokaisou.gunmablog.net/e96656.html

今日で23日目になるんだな。
ここまで育ってくれたんだ。

どうも 畝が高すぎるようなんだけど
まぁ 仕方がないな。

上は 4つ切りにして植えたほう。

まだ 土の上に顔を出してないのもあったけど
土をちょっとどけてみたら若いのが ちゃんと控えていた。

下のほうが 2つ切りにしたほう。
一日遅れで 植えたんだ。

今年だけの感情なのかなぁ・・
今年だけ 特別に喜びが大きいのかなぁ・・・

うれしいなぁ・・・・
すごいなぁ・・・・。

今日は 父ちゃんが 畑全体の草刈をした

”草刈正雄” っていう 機械で 一気に刈った。
これ 本当に ”草刈正雄” って言うんだ。

サブネーム・・・  だな。
早くて便利なんだ。

トラクターは 母ちゃんが乗ってもいいか?
って聞いたとき 父ちゃんは 

「だめだ」 って言ったんだけど

”草刈正雄” は
乗ってもいい っていうんだな。

トラクターは 危ないんだそうだ。

ほら こんなにきれいに刈れるんだぞ。



父ちゃんが ”草刈正雄” を乗り出して
ちょっとたって 行ってみたら

もうほとんだ 刈り取ってあった。

ほらな。












ジャガイモの畑もな こう見ると一人前に見えないか?











梅林の梅が こんなに大きくなっていた。


なんだか・・・・・

宝石のように見えるなぁ。







今日のオレ。 (5月14日)

朝起きてから ベッドへは行ってない。

姪っ子効果。

窓際族だな。 






爆睡・・・・・

ってやつかな?
。  

Posted by ジョー母 at 12:22Comments(10)