グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年08月31日

暑いなぁ・・・

オレ 今日は 首に巻いてもらった。

何だかわかるか?

何つうんだな・・・
保冷材 って言うんかな?

コメリに売っていた 首に巻く
暑さ対策の グッズだな。





この間 ジョーママさんが
外でバーベキューするとき

ジュリの首に巻いている・・・
と あったのを思い出してな

母ちゃんが まねをして 巻いてくれたんだ。
母ちゃんと二人 おそろいでな。



最初 ヒヤッとしたときはびっくりしたけど
そのうち 冷たくて気持ちがよくってな

おとなしく してもらった。








母ちゃん 音楽聴きながら 茶碗を洗ってる。

時々 オレに何か言いながら・・・

みんな 出払って 
静かな時間が 流れている。

こういう 何気ない時間が
幸福感を 教えてくれる。

トラトラトラさんに 教わった
マナーホルダーを着けているんだ。

だけど オレ ウエストが極端に細いから
すぐ こんな風にまとまってしまう。

ウエスト 細くて いいような悪いような・・・


車椅子も この間
父ちゃんと兄ちゃんで 

オレを乗せて あーだこーだと
言いながら 考えていた。

何だか タイヤの部分を調整する
のが 一番いいな・・・

と 言っていた。
そのうち 直してくれるだろう。

早く早く・・ と 追い込むと
やる気をなくしてしまうからな

そーっと 見守っているんだ。




この暑い中を 炎天下で仕事をしてきて
帰ってくれば 田んぼと畑の草刈。

オレも母ちゃんも はやる気持ちはあるけれど
待っているんだ。

涼しくなる頃には 直してくれる。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 14:03Comments(4)日常

2010年08月30日

宴会の余興

1泊の研修会 ってな
吉井であるんだと。

そしてな 母ちゃんに 出席して欲しいんだと。










どうしてかって言うとな

1日目の夜に 宴会があってな
余興をしなければならないらしいんだ。

役員の人たちは 皆 有能なんだけど
余興が苦手。

今までも 余興と言うと
母ちゃんが 一手に引き受けてやってきた。


「研修会は どっちでも
ぜひ 宴会に出てもらって 余興を 頼みたい」

って 言うんだな。

そう言われちゃうと 気の毒になって
考えちゃうのが 母ちゃんなんだ。





だけど ここから行くのに 1時間半くらい
かかってしまうだろうな。

そこで 宴会に出席して 
酒も飲まずに 余興をして

泊まらないで また 1時間半かけて 
帰ってくるわけだ。

外泊 なんてことは
とても かんがえられないからな。

「考えて見ます・・」

と 返事をしておいた。


肝心な 研修会は参加しないで
宴会だけ参加して とんぼ返り・・・・

考えてみたら おかしな話だな。

だけど・・・
宴会苦手な 仲間のことを考えると

一肌脱いで 助っ人してやりたい・・・


悩む所だな。


まだ2週間ある。
状況も どんな風になっているかわからない。

結論を出すのは もう少し先だな。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:52Comments(2)日常

2010年08月29日

「言いずらいんだけど・・」

オレが オムツをするようになってから
母ちゃんは 外出がめっきり減った。

長時間 オレを置いていくのは
オムツが心配なんだな。









「9月1日の お母さんの爪の処置」
「ジョーを連れて行こうかと思っているんだけど・・」

「よせよ。 そんなことしたらかえってジョーがかわいそうだよ。」

「家にいるほうが ジョーにとったら楽だと思うよ。」

なんて 訳なんだ。





昼間は 父ちゃんがいないから
そういうときは オレ 外につながれる。

父ちゃんのオムツの仕方も
母ちゃん 信用してないんだ。

1度 こりたからな。







先日 会議の連絡があった。

「1泊で 研修会をするんですけど・・」
「参加してもらえますか?」

「すみません。 私 長時間家を空けられないんです。」

「おばあちゃんでも 具合が悪いんですか?」

「いいえ・・ 言いずらいんだけど 犬がもう老犬で・・」
「老犬介護 なんです。」



普通は そんなこと言ったって 
わかってなんかもらえないことは 百も承知。

でも それが 本当の理由なんだから
仕方がない。

”なんだ 犬のことでか・・・”

そう 思うんだろうな・・・





「飼っていないと なかなかわからないだろうけど
犬でも 家族と同じなんで・・・」

「最後まで 家族として付き合って生きたいと
思っているんです。」








ブログの世界の付き合いでは
うん わかるよ!

と 言ってくれる人たちが
たくさんいることは 知っている。

だけど 一般的には
まだまだ わかってはもらえないだろうな。








オレと知り合う前の 母ちゃんも
そうだったから わかるんだ。

だから そういう人たちに対しても
理解が出来る。







だけど このことは ゆずれないんだ。

のっぴきならない用件以外は
長時間の外出は しない。

誰が なんと言おうと しない。

っていうか できないんだ。


またな!!!
  
タグ :老犬介護

Posted by ジョー母 at 18:31Comments(9)日常

2010年08月28日

語らなければならないこと

近いうちに語らなければ・・・・

なんて言っていて だいぶ時間が
たってしまったな。

しらばっくれちゃっても 何でもないこと
なんだろうけどな

母ちゃん やっぱり 
オレに 語らせなければならない

って 思うんだな。

何だと思うだろうけど
ジャガイモのことなんだ。

だって あんなに大騒ぎした
ジャガイモ だぜ。

(写真は 芽かきをしたときのものだな)

実は もう とっくに掘ったんだ。



だけど・・・・・

今年のジャガイモは 失敗だった。

初めのうちは 受け入れられなくてな
ジャガイモの ジャの字も嫌だったんだ。

触れたくなかった。





ほれ 奥さんとの約束を破って
いくつか掘った って言ったろう?

あのときのジャガイモは 絶品だったんだ。

兄ちゃんと二人で 塩ゆでを食べてな
”こりゃあ えらいことになったぞ・・・”

と 興奮して ほくそ笑んだんだ。



このときは どきどきしてうれしかったんだ。







































ところが・・・・
その次に 奥さんと掘ったイモは













普通の味になっていた。













あれ?・・・
と 思いながら 少しづつ掘っていった。

だけど だんだんと 味が落ちていく。
わかるんだ。










ばあちゃんのジャガイモより
うまくまくなっていった。

どういうことだ!?










一番最初のときは
兄ちゃんも はっきり

「これは うまい!」
と 言ったんだ。










師匠にも ぜひ 味見をしてもらおう
と 思ったのに・・・

とんでもないこと。

兄ちゃんは
「たった一度でも あれだけうまい

イモができていたんだから 
また挑戦する価値はあるぞ」

と 元気付けてくれた。
”そう言えば そうだよな・・”

そしてな いよいよ 全部掘るときがきた。

掘る準備をする頃になって
気づいたんだ。

草の すごさにな。

(これは3日がかりで 草をとったあと)

一番初めに掘ったときから比べると



草が ジャングルのように
はびこっていた。

ジャガイモの茎が 隠れてしまうほどだった。

土の下にイモができるんだから
少しくらいの草なら 大丈夫・・・

と 甘く見ていた。

ところが まるで化け物のように
大きいものや ビー玉みたいに小さいもの

腐ったイモも たくさん出てきた。

全部で これしか取れなかったんだ。
黄色のコンテナ 3つも買って用意したのに・・

「まだ土が 完全じゃないですから
仕方ないですよ」

師匠は 言ってくれた。

でも ジャガイモに 申し訳ない思いで
いっぱいだ。


忙しい合間に 畑に行っていた・・
という 言い訳は 通用しない。

所詮 畑をするなんて 無理だったんだ・・

なんてことも 思ってみた。

でも 何事も無駄なんて言うことなんかない!
と 思い直してな

そうだ 周り中が
草は大変 草は大変・・・

って言っているのに
頭ではわかっていても

これほどの衝撃で 感じたことはなかった。

それを いやというほど 体験できた
いい機会だったんだ。

そう 思ったら 受け入れられた。

あんなに大騒ぎで ジャガイモ ジャガイモ・・
って 言っていたのに・・・

なかなか みんなに報告できなかったんだ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 11:21Comments(6)

2010年08月27日

甥っ子と散歩

この頃は まだ歩けなかったんだけど

最近 歩けるようになった甥っ子。












昨日は 午後は 母ちゃんとオレとで

子守をすることになったんだ。












オレの 排泄散歩に

思い切って連れ出した。

「ジョーちゃんと ばあちゃんの
そばから 離れちゃだめだよ!」

よーく 言い聞かせて連れ出した。





「ほら! そんなに早く行っちゃだめだよ!!」

と言うと 最初は止まって待っていた。

そのうち 母ちゃんがつなぐ手を振り払って


てくてく どんどん歩いて

進んでしまうようになってな

いくら 車が来ない道だといっても

保障は出来ないんでな





オレも 母ちゃんも 冷や汗をかいたんだ。

オレも そんなに早くは歩けないし・・・









オレの後ろ足のつり手を 引っ張って

甥っ子に近づいて 

その腕を がっしりつかんだ。

ギャアギャア騒いで いやがって

”こりゃあl 大変なことになったぞ・・”
と 二人で思ったとき

(この辺は 写真どころじゃなかったんだ。)

坂道を上って来る 奥さんの車の

音がした。


(これと次の2枚は 奥さんが来て
ほっとしたあとの様子)

(上に見えるのは 奥さんの足元)






あぁ・・ やれやれ・・・



またな!!!




ところで れんこさん どこへ行った?
  

Posted by ジョー母 at 14:15Comments(4)散歩

2010年08月26日

スイカ・サブリーダー

2番目のスイカをとりに行った。

すなわち サブリーダー な。







それが・・・・・





こうなっていた。

自ら 割れていた。

熟しすぎていた・・・

って ことらしい。


だから こいつが 

リーダーだったのかも 知れない。

しかたがないから

3番目を とってきた。

赤くて まあまあだった。

そのあと 4番目をとりに行った。






それは・・・・




こうだった。

なんとまあ

とる時期の 難しいこと・・・・

もったいなくて 冷蔵庫に入れて

少しずつ食べているんだ。

6~7個しか なっていないのにな

2個 駄目にしたわけだ。




オレ しばらく前の涼しい日に

久しぶりに 車椅子に乗った。


リードをつけてな。








後ろ足を つって乗ってみた。

そしたら よけいに 

後ろが下がってしまったんだ。

これは どうも 後ろのパイプを

高くする必要があるな。





emiさん夫婦と 鈴木さんが

アドバイスしてくれたようにな。

父ちゃんに 直してもらうんだ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:21Comments(4)

2010年08月25日

「ジョーちゃん みて~・・」

めいっこは  ダンスが大好き。

父ちゃんと 母ちゃんと 姉ちゃんに

「じょうずだねー・・」

と 言われて いい気分だ。







そのうち オレの所にやってきて


「ジョーちゃん みて~・・」

と 言う。









だまっていると 

「じょうずだねー って 言って~・・」

と せまって来る。









オレ 無関心をよそおう。



だけど そんなこと おかまいなしに

「じょうずでしょう?」

って おどる。




干した梅を ビンに入れるのを













手伝っていた。














今年の 梅干。








夕方になると




オレに いい手間














バイバイして 

















帰っていった。






またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 20:06Comments(2)家族

2010年08月23日

梅 干す

梅にしそを入れてから
20日おいて 干す とあった。

おとといが22日目だった。

朝からいい日だったのでな
干したぞ。






しその汁の中から 丁寧に取り出して
ざるに並べる。

うん?
色が ムラだぞ。

まぁ いいか・・・






もう この時点でやわらかい。
ちょうど 産まれたての赤ん坊の

手足のような感触だ。

そうだ それがぴったりだ。







全部並べ終わるのに
結構 時間がかかる。












メッシュの ふたをかぶせておく。

周りの人が漬けてから
かなり日にちがたってから

母ちゃんは 漬ける。

出来る限り 完熟の状態になるまで
待つんだ。

結構 それが難しい。
回りを気にして あせってしまうからな。

でも じっくり待つんだな。

一日干したら また汁の中に戻す。
こうすると 保存の間にからからにならない

と ある。

これは 一日干したもの。
干した直後とは 様子が違うな。

次の日は また同じように
ひとつひとつ取り出して 

ざるにならべて 干す。
今度は そのままにして 夜露に当てる

と ある。

そうすると 皮がやわらかくなる とな。
それを 2~3日面倒を見て 完成。

ビンかカメに入れて 保存する。

半年以上おくと 味がなじむ
と ある。

うめぼし な
オレも 母ちゃんも 苦手でな

父ちゃんと 姉ちゃんが
専門に食べている。

こういうものが作れるようになるって
うれしいものなんんだ。

なんだか いっぱしのおかみさん
って言う 気がしてな・・・・


それから 兄ちゃんの県大会な
3位までには 入らなかったんだと。

だけど 入賞はしたんだぞ。
よくやった!

盛大に慰労会をしたそうだ。
兄ちゃんは あまり語らないけど

周りの人たちが 話してくれる。

さぞかし うまいビールだったろうなぁ・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 10:37Comments(6)

2010年08月22日

まだあった・・

行事がな まだあったんだ。

この間の お祭りで
いやいやながらの 行事は

もう終わり・・・
だと思ったらな








まだあった。
地元の 神社のお祭り。

奉納相撲の お祭りでな
神社の神様に 子どもたちのすもうを

奉納するんだ。

父ちゃんと母ちゃんは 前に言ったけど
隣保班長だからな

行かないわけには 行かないんだな。

オレ この間みたいに
外につながれた。












母ちゃんは 赤飯を炊いて
神様に供える。

午前中準備をして
午後から 相撲大会が始まる。









またまた 焼きそばだ。













カキ氷の店もある。




焼きそばの奥が カキ氷。








準備の合間の 一休み。














地元に子供がいないので
少年野球の子どもたちを頼んで

相撲をとってもらうんだ。

兄ちゃんたちが 子どもの頃は
地元の子どもたちで 相撲を取ったんだけど

今は 一人もいなくなってしまった。





準備体操をして

”礼に始まって 礼に終わる”













礼儀正しく 相撲を取るんだ
って 教わっている。













ひと通り終わると














みんなで 旗ざおをたおす。















片付けた後
打ち上げの バーベキュー。













これは 蜂の子だ。

結局
終わったのが 6時になってしまった。

やれやれ・・・

これで 行事は 終わりだろうなぁ・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:41Comments(2)日常

2010年08月21日

お盆・お祭り編

母ちゃん オレがこの家に来てから
めっきり 出不精になってしまってな

お祭りも 毎年 さんざ
やだなー やだなー・・・

って 言ってから 出かける。

「おそくなりましたぁ・・」

やっぱり 時間通りには行けなかった。

「あぁ ご苦労様です!」

この雰囲気に 入ってしまえば
もう大丈夫。

遅れていったのだから 自分から
きつい仕事に就く。

一番きついのは 焼きそばを焼く人だろうけど
焼けた焼きそばを パックにつめる人も

暑くて きついぞ。

母ちゃんに変わってもらった人が
ほっとしたように しりぞく。


鉄板のすぐそばで
軍手をして 焼きそばをパックにつめる。

手も うっかりしていると やけどをする。

顔から 滝のように汗が出てくる。
キャベツもちゃんと入れて・・・・

なんてやってると 夢中で時間が過ぎる。

もう オレのことなんか すっかり忘れている。

そのうち 姉ちゃんと 奥さんと
めいっこ 甥っ子たちが 焼きそば屋の前に来た。

「ばぁちゃん! がんばってね!」

かわいい 声援をくれる。

なんだかんだ やっているうちに
花火の時間が来た。






この花火は すぐそこで打ち上げる。
だから 見物人は 真上を見上げて

観賞をする。


そのうち 首が疲れてくる。







だけど その 音と共に

迫力は すごいんだ。












なんだか 宇宙の銀河のように

見えるな。












これは ナイヤガラの滝。

イヤイヤやってくる お祭り。

この花火を見る頃は そんなことも吹っ飛んで
いい気分になっている。

これで 魔の二日間が終わったな・・

帰って いっぱい飲もう・・・・

なんてことを考えながら
家路に着く。


またな!!!
 
  

Posted by ジョー母 at 15:31Comments(12)日常

2010年08月21日

スイカとったぞ!

「私 やっぱり スイカとってこよう!」

「いちいち相談しなくてもいいよ」
「結局 自分の思うようにとってくるんだから・・」


それいけ! 




あのな 盆送りの日
母ちゃん 待ちきれずに

リーダーを とってきたんだ。

大きくなっただろう・・・・












大切に 助手席に乗せて・・












どきどきしながら 包丁を入れたぞ。













わー・・・・



赤い!










味は 甘さが少し足りないかな?

だけど 食感が・・・・


何とも言えない。


みずみずしくて やわらかい。



皮のほうの白いところまで

やわらかい・・・・



母ちゃんの作物を めったにほめない
父ちゃんが

うまいなぁ・・・

と ほめた。



今年のスイカも 大成功!


2番目に収穫するスイカは
甘さもばっちりだろうな。


みんなに この味を
本気で 届けたい・・・

だけど・・・
むりだな・・・




話は変わるけど
今日は 兄ちゃんの県大会の日。

県大会。
なんだかわかるか?


7月はじめに ポンプ操法の地区大会で
準優勝と 個人賞をとった話をしたろう・・

その 県大会の日なんだ。

父ちゃんも母ちゃんも 仕事の都合で
応援に行けない。

それに 前橋じゃぁ オレをおいて 
何時間も出かけることになる。

応援に行きたいけど 無理なんだ。

午前中に競技が終わるそうだけど
みんなも 応援してやってくれな。

兄ちゃん がんばれ!!


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 08:54Comments(6)

2010年08月20日

お盆・バーベキュー編

昨日 東京のめいっこたちが
帰っていった。

また 元の通り 父ちゃん 母ちゃん
ばあちゃん そしてオレ の4人家族になった。









今日は 墓参りのあとの
バーベキューのことを 語るぞ。












毎年 恒例なんだ。














大人数の お昼ごはんを作るのは
大変だからな。

みんなで 材料を持ち寄って
おにぎりやサンドイッチで ワイワイやるんだ。








このスイカ ”ばくだんスイカ”
って 言うんだそうだ。

ラグビーのボールみたいだな。

父ちゃんの姉ちゃんの家で
作ったものなんだ。





最近は 子どもの数が増えたので
スイカ割りもするようになったんだ。

ただでさえ にぎやかな子どもたちが
いっそうにぎやかになる。








ときどき オレのところへ来て
頭をなでてくれる。














そのうち ベビーマッサージ教室を終えた
姉ちゃんとめいっこが やってきた。

またまた にぎやかになったぞ。









じゃんけんをして 

スイカ割りの順番を決める。














俺が一番!













えい!!


へっぴり腰!

大人たちも 楽しそうに見ているぞ。


そのうち 雨が降ってきてな 
やっと涼しくなってきたんだ。

子どもたちは 雨に打たれて おおはしゃぎだ。





そこで オレも 父ちゃんのそばにすわって













仲間に加わったんだ。











雨がやむと 水道の水かけだ。
これは 去年から恒例になったな。

大人たちは スイカ割りよりも
大きな声援を送って 喜んでいた。

しばらく みんなが一つになって
楽しい時間を過ごすんだ。







ひとしきり 騒ぐと
ファミリーごとに だんだんと帰っていった。

みんな 心地よい疲れと共に
今日のセレモニーに 別れを告げるんだ。

また来年・・・・







母ちゃんは これから
焼きそば売りが 待っている・・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:37Comments(2)日常

2010年08月19日

お盆・墓参り編

オレの家 本家でな
何かのときは ファミリーが終結するんだ。

本家って 一族の大元の家
ってことかな。

特に 8月16日は ”盆送り”
っていってな

みんなでそろって 仏様を
あっちへ 送るんだな。

そりゃぁ にぎやかなんだ。

10時頃から みんなが集まり始めて
11時ごろ 近所の家の人達と

わらを燃してな その火で
お線香に火をつけて お墓にあげる。










オレはと言えば 外の生垣の下に












リードでつながっている。














これは 母ちゃんの作物で作った
動物たち。

母ちゃん じいちゃんに報告していた。

「おじいさん 私もこんな立派な野菜が
作れたよ。」

ぼたもちも 母ちゃんの手作りだぞ。




この頃じゃ ファミリーのメンバーが
だいぶ増えて 小さい子供たちがいっぱいだ。

「どうも しばらくです。」
「暑いですねぇ・・」

なんてな。








これは 1年に1回の顔合わせだな。

去年までは オレもこの中にいたんだけどなぁ。

ぞろぞろ・・・・・
まず 近所の人のお墓にお参りする。








そのあと 家の墓参りをする。






オレの散歩コースの お墓だな。








子どもたちも このときは神妙に。














このあと 恒例のバーベキュー。

そして そのあと 母ちゃんは
商工会女性部の 焼きそば売り。

小さい町だけど 毎年 お盆の二日間は
お祭りをするんだ。









お盆というと 盛りだくさんでな
母ちゃん とうとう 夏風邪をひいちゃったんだな。

オレの語りの 投稿もできないほど
今回は 参ったんだ。

今日は だいぶよくなったぞ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 13:23Comments(14)日常

2010年08月16日

時期

スイカ・・・ な
とる時期が 難しいらしいんだ。













キャップを取って たたいてみるとな
いい音がするんだ。

ほら 店で買ったやつは
たたくと

「もうできてるぞ!」
って ひびくようないい音がするだろう。




母ちゃんのスイカも
一番リーダーのは そんな音がするんだ。

母ちゃん とりたくってうずうずしてるんだ。

父ちゃんに
「一つ とってみるかな・・」

と 相談した。

「まだ 早いよ」
と 父ちゃん。



「そうかなぁ たたくといい音がするんだけどなぁ・・」

「じゃぁ とってみればいいじゃない・・・」






どうするかなぁ・・・




こんなのが













こんなに大きくなるんだものなぁ・・・

お盆が済んだら とってみようと思っている。

だけど 早すぎると
中身は 真っ白らしいぞ。

とったら 報告するからな


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 00:13Comments(6)

2010年08月14日

プチ散歩by車椅子

この車椅子 蘭 というボクサー犬の女の子が
使っていた って言ったな。

その前は ゼピュロス という
ボーダーコリーの男の子が 使っていたんだ。

だから オレが3代目 ということになる。

そして ゼピュロスの飼い主の鈴木さんが コメントをくれた。

驚いたことに ゼピュロスと鈴木さんの
生まれたところは 母ちゃんが産まれたところと

同じだった。
同じ群馬県 というレベルではなく

小さな町の単位まで 同じだったんだ。
いまは 千葉県にいるそうだけど・・・

ゼピュロスから蘭へ そしてオレへとつながった
縁。

新しいものを使うのとは 違う喜びがある。

2頭の犬たちが 喜び勇んでこの車椅子に
またがったんだ。

その歴史と共に オレは歩くんだ。
うれしいじゃないか。

前置きが長くなったな。






いつものごとく 最初は固まる。
母ちゃんが 腰を落として遠くから見守る。

オレ そろそろと歩き出す。

いつもなら 2~3歩歩くと
止まってしまったんだけど

昨日は 続けて歩いた。
サッサッサッ とな。

結構 スピードが速い。


歩き出したら 調子が出てな
少し高くなっているところも オレ 乗り上げちゃうんだ。

母ちゃん そのたびにヒヤッとする。


右のタイヤ 上がっている。






ほらな・・



これもだ。






途中で 寄り道しながら

庚申様のところまで 難なく来てしまった。
モモの家の前を通り過ぎて

さらに進もうとしていたところ
仕事のみんなが 車で上ってきた。

「ジョーちゃん みんなが来ちゃったね。」
「そろそろ お家に帰ろう・・」

母ちゃんが 車椅子を逆方向に
向けて オレをうながした。

画面の上のほうに 2体の庚申様が見えるかな?
その前を通り過ぎて かなり進んできたぞ。

そのうち モモの母ちゃんも出てきて
「あら ジョー君 歩いてるんだ・・」

「いいねぇ・・」
と 声をかけてくれた。

擁壁の上の ハッピーの母ちゃんも
「ジョー すごいね!」

と 声援を送ってくれた。


庚申様のところまで戻って来ると
父ちゃんのトラックが来て

車から下りて オレが歩く所を
みんなと一緒に 見ていた。

父ちゃん うれしそうだった。

そのうち モモの父ちゃんまで出てきて
普段は 人がいない道路が

街の道路みたいに にぎやかになったぞ。


父ちゃんは 車の中
そばで話しているのが モモの父ちゃん。

モモの母ちゃんは 車の陰で見えないな。









家に着いて 家の中に入ると
兄ちゃんが

「ジョーの顔が 活き活きしてるな。」

と言って 頭をなでてくれた。

うれしさが 自然に 顔に出たんだなぁ・・


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 16:03Comments(10)日常

2010年08月13日

とうとう・・やったぞ!

オレ 今日 とうとう・・
車椅子 自分から歩く気になったんだ。

8月8日に車椅子が来て
そのあと 朝と 夕方 涼しい時間に

毎日乗っていたんだ。

だけど 自分から進んで歩いたことは
まだ なかった。

それが 今日で6日目
自分から ずんずんと歩いたぞ!

夕方 今日は涼しかったな。

めいっこたちはいなかったけど
母ちゃん一人で じっくりオレに付き合うつもりだった。 

最初はな いつものごとく
固まっていたんだな。

母ちゃん オレが元気な頃の
第1コースでの散歩を 思い出していた。

畑が終わるところで リードをつける。

「ジョーちゃーん リードするから おいでー!」

何度呼ばれても オレ 臭いをかいだりしていて
しらばっくれていた。

そのうち
「わかった もう知らないよ!」

「ジョーちゃん 一人でどこへでも行っちゃいな!」

なんて言われてな それでも行かないので

母ちゃん 頭から湯気を出して怒るんだ。

そうなって やっと オレ
母ちゃんのそばまで ほいほいって行くんだ。

ちょうど そのときと同じだと 思っていた。

母ちゃん 怒ったりはしないけど
遠くから しゃがみこんで オレを待っている。

オレ よそ見をしたりして しらばっくれている。

母ちゃん 根気強く待つ。

そのうち 何かの拍子で
オレ 歩きだしたんだ。

ひょいひょい オレ 歩いたぞ。
その写真は 次の記事に載せるな。

今日 2回目の投稿だけど
とにかく 歩いたことを みんなに報告したくてな。

だって・・ 母ちゃん うれしそうだったぞ。
オレも 楽しくってな・・・

こりゃぁ 今日のうちに みんなに報告だぁ!

って 思ったんだな。



今日は これで 

またな!
  

Posted by ジョー母 at 21:25Comments(13)日常

2010年08月13日

高崎へ

姉ちゃんが 昨日来てな
今日は めいっこたちを連れて

姉ちゃんの家に 行くんだと。










オレに バイバイ ってしてな
いまから 高崎の姉ちゃんの家に

行っちゃうんだと。

姉ちゃんって あおちゃんママ な。

”あおちゃんとママと”
http://mikimiki100.gunmablog.net/




オレは 













玄関へ 玄関へ・・・
















車椅子を
はずすわけだな。


母ちゃんの 腕っぷし


すごいな・・






またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 14:27Comments(0)日常

2010年08月12日

ガンバレー!

「ジョーちゃーん!」













「ガンバレー!!」















オレって














しあわせ者












オレ 近いうちに 

語らなければならないことがある・・・



またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 14:37Comments(6)日常

2010年08月11日

2泊3日で

めいっこたちが 兄ちゃんの家に
泊まりにいったんだ。

おととい 奥さんが迎えに来て
今日 帰ってくることになっている。








今朝は 排泄散歩のあと
母ちゃん 一人で 車椅子にオレを乗せた。

まだ 慣れないんだ。
しばらく 固まっちゃうんだな。









母ちゃん 生垣の向こうから
そーっと こっちを伺っている。












そろり そろり・・
わずかに動いただけで 













母ちゃんの誘いには 乗らなかった。

無理は禁物 と 思って
車椅子をはずしてくれた。

たとえ少しづつでも 毎日装着しているうちに
慣れてくるだろう。








母ちゃん 近くでいいから
今一度 オレと並んで 散歩がしたいんだ。

ほんの少しの距離でいいから
リードで 散歩をしてみたいんだ。

昔のように・・・

人間の欲は とどまることがないんだな。
後ろを吊り上げて 一緒に歩くことが出来て

喜んでいたのになぁ・・
今度は 車椅子で 一緒に歩きたいんだなぁ・・・



今朝の オレ。
相変わらず オムツをはずしちゃうんだ。

サスペンダー してるのにな。
オレって くせが悪いのかなぁ?








今日も クツをはいて スタンバイだ!


半ケツ じゃないぞ。

またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 11:00Comments(4)日常

2010年08月10日

半ケツで

暑さも いくらか楽になったかな。


オレ 一度排泄散歩に出たんだけどな

まだ おしっこが出そうなんで








クツをはいて スタンバイしている。

くつろいでな。


だけど・・

こりゃぁ 半ケツ だな・・・





母ちゃんは 音楽を聴きながら 
家のことをしている。

ときどき オレの所に来てな

「ジョーちゃんさぁ どうしてそんなにいい子なのかなぁ・・」

なんて また言うんだ。







今朝 起きて早々

「ジョーちゃん! なんでオムツ取っちゃうん?」
「まったく くせが悪いんだから・・ だめだろう!」

なんてぇことを 言ったくせにだぞ。


またな!!!
  

Posted by ジョー母 at 21:12Comments(0)日常