2009年09月14日

じいちゃんの座椅子


これオレ。
なかなかかわいいだろう。

1歳になってない頃だな。
この頃はスリッパを隠したり、靴を片方だけ遠くへ持っていったり、こまごまといたずらをしたものだ


じいちゃんの座椅子が大好きで 落ち着いているときは いつもじいちゃんの座椅子にいたんだ。
小さかったから じいちゃんと一緒に座っても大丈夫だった。



じいちゃんは 早朝散歩に良く連れて行ってくれたんだ。
もっとも目が覚めると 2階からオレが降りてきて、じいちゃんの寝ている部屋のガラス障子をたたいて起こすと、必ず起きてきて散歩に連れて行ってくれた。


冬の5時半と言うと 薄暗くてとても寒い。
じいちゃんは ほっかむりして 襟巻き巻いて 白い息を吐きながら歩いてた。

「ジョーに起こされると起きないわけにはいかないな」と 毎朝言いながら連れて行ってくれた。

オレはうれしくて 毎朝喜びのエキサイティングダンスをしてから出かけた。
だけど83歳くらいから じいちゃんとの散歩はできなくなった。
足腰が 弱くなってしまったんだ。。


続きはまたな!

タグ :早朝散歩

同じカテゴリー(思い出)の記事画像
振り返る・八
振り返る・七
振り返る・六
振り返る・五
振り返る・四
振り返る・三
同じカテゴリー(思い出)の記事
 振り返る・八 (2011-03-10 21:02)
 振り返る・七 (2011-03-06 22:52)
 振り返る・六 (2011-03-05 16:37)
 振り返る・五 (2011-03-04 22:20)
 振り返る・四 (2011-03-03 22:34)
 振り返る・三 (2011-03-02 13:49)
Posted by ジョー母 at 22:03│Comments(0)思い出
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
じいちゃんの座椅子
    コメント(0)